全裸監督

全裸監督
48%
42%
5%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

バブル景気に沸く1980年代の日本を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれ、アダルトビデオ業界に旋風を巻き起こした伝説の男・村西とおるの破天荒な生き様を描くNetflixオリジナルシリーズ。2019年8月8日から配信開始(全8話)。

2019年製作/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

2019年8月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信

映画レビュー

4.0何のためのモザイクか議論のきっかけになるといい

2019年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

描きにくいものをズバリと描く思い切りの良さがとにかく目を引く作品だが、脚本も総じて完成度が高いし、美術などの金のかかり方もTVドラマとか明らかに異なる。山田孝之をはじめ、役者陣の芝居も非常に質が高い。80年代バブル末期の勢いとグレーな繁栄がよく描けている。彼らの生き様自体が、現代へのアンチテーゼになっていることは間違いないが、現代社会へのメッセージ性を高く持ち上げずに描いたことが良かった。
後半はやや善悪の構図をわかりやすく対立させすぎかもしれない。ポセイドン企画が巨大な悪者で、村西がそれに徒手空拳で立ち向かうという構図にはめすぎな感はあるが、基本的に娯楽作品なので、それもアリだろう。
AVのモザイクの必要性についての議論が活発になるといいと思う。他国では無修正が当たり前のものが、日本ではヤクザのしのぎになり得るのは、それが違法だからだが、そもそも違法にしておく必要は本当にあるのか。ヘア解禁以降、性描写の規制が変わっていないのは時代に即してないので、本作のヒットを機にその議論が活発になればいいと思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
杉本穂高

4.0バランス感覚がナイスです!ファンタスティックです!

2020年7月25日
PCから投稿

いまさらながら視聴したのですが、8話いっき見してしまいました。
なんといってもシリアスとセクシーとコメディのバランスが絶妙で嫌味なく見ることができました。
こういう攻めた内容や、お金のかけ方をしたドラマを見ていると民放ドラマの限界をどうしても感じてしまいます。
どの役者さんもキャラを立てるのが上手でよかったのですが、個人的にはリリーフランキー、石橋凌、國村隼の3人がむちゃくちゃかっこよくて好きでした。

しいて残念だった点を挙げるとしたら、1シーズンでまとめようとしてせかせかした展開になっているところでしょうか。Netflixもここまで話題になるとは思っていなかったのかも知れませんが最初から複数シーズンで作る予定だったらもっと濃密なストーリーになっていたかも、と思うと少し残念です。ただ、8話でひとまず完結という手軽さもここまでのヒットを助けたのかもと思うと何とも言えませんが。
どちらにしても、とてもインタレスティングな作品で、シーズン2も期待です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茶色い水風船

4.5好きなことしかしない!ふっきれたような生き様

2020年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

英語教材セールスマンの落ちぶれからトップセールスマンになった中年男性。どこかズレてるようだが、一途さにかけては桁外れ何かやりそうなサラリーマン。

会社勤めの危機と妻の不倫と別居から、退職。その後、スナックでエロ稼業の若者に出会い、ビニ本セールスにのめり込んで冨を成す。その後、有名AV監督になり大成する話し。

エロが好き!を公言してそこに邁進する姿は、誰にどうみられようが自分の好きなことを追求していくという一貫したものがあって、ドラマになる。

ふっきれたような生き方にだれもが憧れる展開で、これは映画になるでしょう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯里

4.0早足過ぎる展開

2020年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

地上波では決して流せない内容。Netflixの力を入れた宣伝に興味を持ち視聴。
脚本家4人によるチームライティングという手法を取っているせいか内容に一貫性がなく、全8話に納めるために早足過ぎる展開。
アダルト業界を描きたいのか、鬼才・村西とおるの人生を描きたいのか、黒木香を描きたいのかよく分からない。
村西とおるにフォーカスして、警察の取り締まりとの抗争、ヤクザ社会との繋がり、村西とおるの成り上がりをもっと丁寧に描いていたら題材は面白いから、より良いものが出来たと思う。
山田孝之がパンイチでカメラを担いだ仕草がなんともハマり役。黒木香を演じた森田望智の演技力は凄かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ざっつ777
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る