チワワちゃん

劇場公開日

チワワちゃん
10%
42%
33%
12%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ヘルタースケルター」「リバーズ・エッジ」など、1980~90年代にかけて数多くの人気作品を送り出した漫画家の岡崎京子が94年に発表した「チワワちゃん」を実写映画化。SNSが普及した現代の東京を舞台に、門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎らが演じる若者たちが繰り広げる青春を描いた群像劇。監督は、自主映画「SLUM-POLIS」などで注目され、「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」で商業デビューした弱冠27歳の新鋭・二宮健。ある若者グループのマスコット的存在で「チワワ」と呼ばれていた女性が、バラバラ遺体となって東京湾で発見される。チワワの元彼や親友など残された仲間たちは、それぞれがチワワとの思い出を語り出すが、そこで明らかになったのは、チワワの本名も境遇を誰も知らないまま、毎日バカ騒ぎをしていたということだった。

2019年製作/104分/R15+/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2019「チワワちゃん」製作委員会

映画レビュー

3.056点

2021年11月26日
PCから投稿

愛がなんだに継ぐ成田凌のクソっぷりが垣間見れる作品。

佐藤浩一の息子さんや虹郎くん、玉城ティナなど若手俳優の面々はそれなりに豪華で、それらが織りなす青春グラフィティー。

最近こーゆー子供と大人の狭間で揺れ動く年代の淡くてほろ苦い頃合いを描いた作品多いですよね。

このレビューを上げた日から上映されるスパゲッティコードラブも何だか似たような感じ。

今作についてですが、俗に言う”エモい”が一番表現として適していて、亡くなったチワワをみんなの声をたどりながら呼び起こしていくストーリーですが、それらのシーンの映像がいちいち綺麗で素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サスペンス西島

3.0うん

2021年10月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

「友達がバラバラ死体になって見つかる」という衝撃的な出来事があったからこそまた集まっただけで、本当は誰も悲しくない。なんとなく一緒につるんでた程度の友達が死んだぐらいで、偲ぶために集まろうってなったり、泣いたりすること自体がもうすでに偽善的で上辺だけ。

お金や暇があって調子いいときは集まって楽しんで仲間ウェーイ↑ってなるのに、仲間内のカップルが別れたりメンバー内の序列が変わったり、ちょっとしたことであっけなく集まらなくなる。

若者の孤独や寂しさ。若いんだから何でもできるし何者にでもなれると思っていたのに現実にぶつかってしまったときのやるせなさ。嫉妬したり嘘ついたり傷ついたりしても何も無いフリして、そこまで仲良くもないのになんとなくつるんでしまうかんじ。

特に女の子同士の上辺っぽさが良かったかなあ。1番泣いていたユミちゃんが実は結構えげつない仕打ちをチワワにしていたりとか。好きな人を盗られたミキがチワワの死に1番影響されていたりとか。

死に方があえてバラバラ死体なのは、自殺ではないよって強調するための意図なのかな。メンヘラだから自殺と思われてもおかしくなさそうやし。おそらく最後の方につるんでたヤのつく職業の人に消されたんだろうなあ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トマトマ子

4.5陰キャラの僕もこいつらの青春は好きだよ

2021年8月14日
Androidアプリから投稿

チワワちゃん役の子が完璧でしたなー。

不在が中心の映画。こいつらの青春には憧れないし、こいつらの青春をやってみたいとは全く思わないけど、こいつらの青春はかわいいし、こいつらの青春は追体験していてエモーショナル。そう思わせるだけの演出が見事でしたね。

衝動と空虚が混じり合ったときのヒリヒリ感が伝わってくる。本屋のシーン良かったな。

強いて言うならモザイクつけるくらいなら、上手くもので隠すなど演出して欲しかったなー。確かにここはフィクションだよって分かりやすくはしてたけども。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
わたろー

5.0スキスキ大スキチョー愛してる!

唐揚げさん
2021年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

幸せ

チワワちゃんが死んだ。
東京湾バラバラ殺人事件の被害者として。
突然現れ、私たちに爪痕を残して消えていった彼女。
遊んだり、お喋りしたり、キスしたり、セックスしたりした。
それなのに私たちは、チワワちゃんの本名すら知らなかった。

チワワちゃんの追悼記事の取材を受けたミキが、チワワちゃんと関わりのあった、かつての友人や恋人に話を聞いていく中で、それぞれの中に違ったチワワ像があることに気付いていく。
チワワちゃんが何者だったのかは分からない。
でも彼女は、社会の中での若者の立ち位置の具現化であり、搾取される女性の象徴であり。
嫉妬、憧れ、憎しみ、恋、友情、友情を超えた愛。
それぞれファインダー越しに違って見えるチワワちゃんも結局は1人の女の子であった。
知人の死という非日常的な事件を通し、高揚感と悲壮感が漂い、彼ら彼女らが抱える行き場のない感情がパリピ状態のあの場で爆発している。
キスするチワワと吉田を取り巻くような構図も印象的だった。
事件に対する世間の意見や憶測と当事者の知る現実については、センセーショナルなニュースを見るたびに考えてしまうこと。
「若い」と言われるのは、若くなくなるから。
10年後どうしていたいか?
夢があったり、なかったり、同世代の自分に痛いほど刺さる若者視点の若者映画。
陰キャでもムカつかない陽キャだったのも好印象。

今回も二宮健ワールド全開。
極彩色の映像と音楽で描き出す若者の青春。
リミスリとセットで観たい。
好きな人は好きだろうし、嫌いな人は数分で耐えられないと思うけれど、個人的には大好き。ずっと観ていられる。
チワワちゃん役の吉田志織をはじめ、充実のキャスティング。
門脇麦の自然な芝居も、成田凌の安定感も、玉城ティナの美しさと涙も、村上虹郎の良いやつ役も、松本穂香の数分の破壊力も全部良かったけれど、結局、浅野忠信が掻っ攫っていった。
「あんまりうるさいと君の首根っこへし折っちゃうぞ」

カ:男とはすぐ価値観が共有できて、女とはすぐに距離感が共有できる。
チ:女の子は気を使うから疲れて、男の子はラクだけど消耗する。
また観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
唐揚げ
すべての映画レビューを見る(全97件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る