劇場公開日 2019年1月18日

  • 予告編を見る

チワワちゃんのレビュー・感想・評価

3.274
13%
42%
32%
11%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全74件中、1~20件目を表示

4.0心の傷を負った深層は、刹那のバカ騒ぎでは埋められない‥

2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画を見始めると、センスある映像と音楽に気持ち良くなりながら、こんなバカ騒ぎの理由は何だ?彼らはいったい日常で何をやってるんだ?との疑問が次第に湧き上がって来ます。
すると次第に映画が進むに従って、映画としてこのバカ騒ぎを(否定しているわけではないが)肯定しているわけではないことが分かって来ます。

チワワはいわば私たちの心の傷(あるいは寂しさ)の象徴であって、その寂しさをバカ騒ぎで埋められるのか?のこの映画は問い掛けであったとは。

チワワはバラバラ殺人事件で死んだところからこの映画はスタートします。
よって結果的にバカ騒ぎによる私たちの心の傷の象徴であるチワワの救済には失敗し(殺害され)ていて、この映画は映画前半のバカ騒ぎを肯定しているわけではありません。
しかしこの映画が優れているのは、過去を否定して未来に生きるみたいな、人を回心させるのが当然のような人間に対する傲慢さもない所だとは‥

私たちは、自身の心の傷を抱えながら、別の何かにステップアップし残酷さもまといながら生きています。その複層的矛盾をきちんと描けているのがこの映画の優れた核心だと思われました。そしてこの映画も後半にそのように描かれています。
例外のチワワを残して‥

心の傷を負った深層は、刹那のバカ騒ぎでは埋められない‥
明確に貫かれたこの映画の一貫性は、心の傷を抱えながら残酷さも持って生きてる私たちの深層に届いていると思われました。

チワワはバラバラにされて死ななければならなかった‥
そしてそれを残酷に、しかし否定出来ずに私たちが見つめられるのは、チワワが私たち自身の心の傷の象徴だからでもあると‥

作品評価には賛否あるようですが、私はこの映画の到達点に深く共感しました。よって★4つの評価とします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
komagire23

2.0青春の力強さ

yagifutoさん
2019年10月25日
スマートフォンから投稿

青春の力強さ
観手にほぼ全てを委ねる(ゆだねる)タイプの放置プレイ作品。私の若き頃とは大きな差異があり感情移入も出来ず、かと言ってお話が面白い訳でもなく終始退屈だった。設定に近い今20歳前後の方が観るとまた違う印象かもしれない。唯一若い演者達はなかなか素晴らしく自然でリアリティーの有る演技でそこだけは褒めたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yagifuto

4.0あれ?どうやって「自分」を証明する?

2019年10月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

チワワちゃん
鑑賞日 2019 1/29

映画.comでの評価があまり高く無かったので期待はしないで見に行ったが、想像していたよりは面白かった。まず、千脇良子(チワワ)という人物が突然誰かに殺され、いなくなるのだがそのとたんから「チワワちゃん」という人間がどのような人間なのか、本名ですら彼女のまわりのみんなは知っているようで何も知らず、チワワちゃんを殺した犯人を捜すにつれだんだんわかっていく。というストーリーが現代の人々の交友関係について表されているようだった。ただ無心に遊び、恋愛し、セックスするという繰り返しが突然のあまり素性を知らない友だちの死によって終わり、改めて「自分とは何なのか」という疑問を湧き上がらせてくれた作品だった。
「この楽しい時間が続くって思った時が、もうみんなで集まらないってことの予兆なんだよ」という言葉が、心にグサッと刺さり、友人関係というものの本質を捉えていると感じた。時間も金も、凄まじいスピードで過ぎ、減っていく。そんなめちゃくちゃな、何も考えない時間を本当に上手く表現できていると思う。もし自分が突然死した時、自分の周りの人間は自分について知っていてくれていたのだろうか?とも思った。また、主題歌の「僕らの時代」は本作のテーマに沿ったいい曲だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画の子

2.0旅行したい、バカ騒ぎしたい、だけど金がない

kossyさん
2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 卑屈に生きるよりは明るく前向きに(形だけでも)生きているほうが周りからはよく見えるのだろう。毎日のようにクラブで遊び、何をやりたいのかわからない空虚な若者たちにしか見えなかったけど、映画を撮りたいナガイだけは意思を貫いていたかなぁ~て感じ。おっさん的に見れば「こいつら働いてんのか?」くらいにしか感じなかったけど、彼らの大半は大学生。ヤバい人たちとは距離を置いてたことくらいがマトモだった。

 ストーリーもチワワちゃん殺人事件という一本筋があるにも関わらず、かなりダラダラと進んでいる。みんな本名も知らず、彼女の過去も知らず・・・友達の部屋を泊りあるくところだけは面白かったけど、殺人事件の被害者という点では緊張感が無さすぎるのが空しく思える。

 何にもなかった。遊びまくりの若者たち。彼らが大人になったとき、面白かったね~などと語り合えるのだろうか?多分、みんな黒歴史としか記憶に残らないと思いますよ。可哀そうなのはチワワちゃんじゃなく、彼らの親だろうな・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

2.5知らん世界

keita Nさん
2019年10月12日
iPhoneアプリから投稿

知らん世界

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keita N

4.0すばらしい

2019年9月22日
PCから投稿

MVだけっぽい感じはするが、
現れた→奪った→走った→逃げた→昇った→消えた、
というシンプルな背骨を軸にして、
楽しいカットを並べてるだけのようにみせて、みきちゃん、ゆみちゃん、ききちゃん、よしだくん、ながいくん、かつおくん、インタビューする人、それぞれの役割と配置とその効果など、
何度も何度もああでもないこうでもないシミュレートしてるはず。

CMとかでよくある、
俳優さん自由に楽しく会話しててください。
カメラはずっと回してます。
編集でいいところを頂きます、とは違う。

これ、撮影、照明の色彩や背景の切り取り方はインスタレーションの域。

好き嫌いだけでなく、ちゃんと測ったり計ったり検証しないといけない。
みきちゃんが、聞いて回ってたように、チワワちゃんって映画は何だったのかを。

チワワはジェシカ・テートみたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太

3.5青春は無鉄砲なもの

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

遊び仲間だったチワワちゃん(吉田志織)が殺される。
主人公(門脇麦)は雑誌記者からの依頼もあり、チワワちゃんのことを調べ始める。
無軌道な遊びを楽しんでいた仲間たちは、意外と仲間のことは知らず、楽しければいい、という感覚で付き合っていた。
吉田志織の存在感は強烈。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5やっぱ、そんなカッコつけるのか

2019年9月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
xmasrose3105

3.5キラキラの若者達が眩しい

2019年9月15日
PCから投稿

作品の内容は殺されてしまった人がどういう人だったのかを探っていくという重たい内容なんだけど、まあカラフルでポップではしゃぎまくる若者達が眩しいのなんの。
チワワちゃんを演じた吉田志織さん、無敵の可愛いさです!!
ショートカットをあそこまで可愛らしく魅せる人って中々いないかと…
チワワちゃんが歌に合わせて皆んなで踊るシーンとカメラマンの浅野忠信さんと初めて出会うシーンが特に印象的でした。
成田凌さん、ナイスなクズ男っぷり!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

2.5テーマがよくわからない

いつこさん
2019年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公をバラバラ殺人の犠牲者、としたことでギリギリ映画になっているが、それ以外は取るに足らない若者たちのどうでもいい話。チワワちゃん役はなんかイメージが違う。だからといって誰だったら良かったのかも分からない。最後まで出さずに周りの人物の話を蓄積して見る側のイメージを膨らませていった方がいい気がした。桐島、的な。麦ちゃんは良かったけど、浅野忠信はこの映画に出て欲しくなかったな‥

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

3.5ワンカットワンカットの切なさ

オレさん
2019年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

仲良しグループの1人、チワワが東京湾でバラバラ遺体となって発見された。
本名も素性も知らなかったチワワの死の真相を求めて、友人たちを訪ねて回る主人公のミキを中心に描いた青春サスペンス映画。

若手俳優を中心に、東京でバカ騒ぎの日々を送る面々と彼らを描いた今作。
チワワちゃんに対する嫉妬や憧憬などの複雑な気持ちを抱えるミキやほぼ台詞のないヤンキー崩れ風のキャラながらも存在感を示した成田凌など評価すべき役者が多い中、キーパーソンとなるチワワちゃんこと吉田志織の魅力が大爆発していた。
健康的なエロスと快活な性格で見るもの全てを虜にする天然美少女を好演。秒で好きになりました笑。

あらすじ的にはサスペンス映画だが、その構えで鑑賞すると完全に今作は駄作扱いされてしまう。
最終的には鑑賞後の受け取り方次第だが、自分は今作がとても好きだ。
大きな理由がワンカットワンカットの切なさにあると思う。
冒頭のチワワちゃんの自己紹介も少なに600万もの大金を手にしてZulieの「Heart Beats」をバックに街中を疾走するシーンやUKインティロックシーン注目のニューカマー、Pale Wavesによる「Television Romance」に乗せて突然キャストが踊り出すチワワダンスのシーンなど音楽的演出がとても良く、サントラは必聴盤だと思う。
チワワダンスシーンで踊る集団の中、冷めた目で彼らを見つめるミキと吉田の描写と何故かワンシーンだけ踊る吉田の件がとても好き笑。

なんだかよくわかんないけどなんか良いという感想がぴったりハマるような作品笑。
スローテンポながらもキャッチーなサウンドでラストを飾るHave a Nice Dayの「僕らの時代」が切ない爽快さを残してくれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ

3.5インスタを切り取ったようなキラキラ感

2019年8月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

興奮

パリピ全開から一転、花火の終わりのように眩しかったものたちが輝きを失っていく。何にもないようでいろいろあって、いろいろあるようでなんにもない。そんな若者たちがリアルだなと思った

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミジンコ

3.0岡崎京子ワールドを具現化できる監督出てこーい

NOBUさん
2019年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ」以来の二宮健作品。

極彩色ポップカルチャームービー。

期待の若手俳優も大集合。
気になる俳優さんがいる方は、観ても良いかもしれない。

<2019年1月19日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

5.0さようなら、チワワちゃん… そして、ありがとう!

2019年7月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野々原 ポコタ

5.0はっちゃけた人生!

ははさん
2019年4月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

チワワちゃんと出会いたい人生だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はは

4.0チワワちゃんの主役の子よかった。 こんな女がフラッと現れた日には女...

すみれさん
2019年4月14日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
すみれ

4.5チワワちゃんが可愛すぎる件。

2019年3月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まつもと

3.0これが青春

隣組さん
2019年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

音楽の過剰演出が気になりましたが自らの青春時代を思い出すような作品。いつの時代も若者は怖いもの知らずであり若者に対するメッセージ性を感じ取れた。
2019-46

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

3.5妙にリアルな青春映画

2019年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

Television Romanceが極めて印象的かつ効果的。個人的にはB'zの“Pleasure'91 〜人生の快楽〜”を彷彿させられた。二宮監督のセンスに共感できるところ、共感できないところとあるが、今後の活躍を期待したいと思える作り手が現れたとは言える。成田凌は一時期の藤原竜也みたいにクズ役のオファーしか来ていないのかな。それが彼の持ち味なのかもしれないけれど、少し心配なところでもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jovian-Cinephile1002

4.0三作品の中でいちばん好き。

_hrm_kun_さん
2019年2月14日
iPhoneアプリから投稿

岡崎京子原作の映画化作品三本の中で、いちばん好きです。
映像も音もよかったし、古い名画のオマージュが(あまりに有名な作品なので)かわいかったし、「チワワちゃん」はちゃんと、おちびだけど胸が大きくて、バカだけど素直でかわいくて男の人とすぐ寝ちゃう、笑顔が素敵なあの「チワワちゃん」だったし。
今回目を引いた俳優陣は、門脇麦ちゃんと村上虹郎くん。
麦ちゃんは、目の力と裸みたいな表情が素敵でした。
監督の二宮さん、26歳とお若い方みたいで次回作が楽しみ。
堤裕介さんという方の音楽もとてもよかったです。
邦画の映画音楽でこんなに惹かれたのは初めて。
音だけで飛べる。

残念だったのは、ヘアメイクに衣装。
謎すぎました。

10代後半から20代頭くらいって、毎日ちびちび無駄に使うからお金がなくて、時間と、欲しいものや行きたい場所だけはたくさんあって、いつだって退屈で、弱くて、中身のない話ばかりしていたなぁと思い出して、自分のあの時代が終わってほんとうによかった!と強く思いました。笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
_hrm_kun_
「チワワちゃん」の作品トップへ