リトル・ミス・サンシャイン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

サンダンス映画祭で絶賛され、第19回東京国際映画祭でも最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など最多3部門を受賞したロードムービー。アリゾナからカリフォルニアまでのバス旅行を通じて、崩壊寸前だった家族の再生を描く。監督はこれまでジャネット・ジャクソンやREMなどのPVを手がけ、本作で劇場映画デビューを飾ったジョナサン・デイトンとバレリー・フェリス夫妻。

2006年製作/100分/PG12/アメリカ
原題:Little Miss Sunshine
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 アカデミー賞(2007年)

受賞

助演男優賞 アラン・アーキン
脚本賞 マイケル・アーント

ノミネート

作品賞  
助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) トニ・コレット
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

Photographs (C) 2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

映画レビュー

4.5このファミリームービーを傑作たらしめたもの

2018年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

誰もが愛してやまない伝説的なファミリームービー。鮮やかに登場人物を紹介する手腕、小笑いを丁寧に積み重ねていく構成力、そしてハリウッドきっての芸達者たちに絶妙な化学変化をもたらす演出力。あらゆる計算が見事なほどハマっていく様には、驚きを超えて感動すら覚える。

そもそも最初の脚本から大変優れた内容だったとか。監督と脚本家はそこから更に長い時間をかけ、妥協することなく内容に磨きをかけていったという。プロジェクト初期にはアビゲイルちゃんやポール・ダノ、それにアラン・アーキンも役柄の割には若すぎて、スタッフは「本当に大丈夫なのか?」と不安を覚えたものの、撮影開始が遅れに遅れたことで見た目の年輪の刻まれ方もまさにベストな状態に。長い旅路を全て“順撮り”にすることも、家族の団結力を最大限に高めていく上で大きな功を奏した。こういったこだわりの組み合わさによって、ひまわりのような美しい花が咲いたのである。

コメントする (0件)
共感した! 8件)
牛津厚信

4.5あったかくて優しい家族愛の物語

2022年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

サイコーの家族でした。
家族全員が乱入したコンテストのダンスシーンは圧巻でした。
秀作ですね。凄く良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tuna

4.5永久保存版🙆‍♂️

2022年8月27日
iPhoneアプリから投稿

なんなんだこの作品は。上手く表現する言葉が見つからない。はちゃめちゃな家族のロードムービー。感動を誘発するシーンはないのだが、何故かめちゃめちゃ感動させられる。凄い作品だ。歴史的名作の1つだと思う。

コメントする 1件)
共感した! 10件)
@Jankichi@

4.5心が温まる

2022年8月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 2件)
ゆい
すべての映画レビューを見る(全135件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る