シング・ストリート 未来へのうた
ホーム > 作品情報 > 映画「シング・ストリート 未来へのうた」
メニュー

シング・ストリート 未来へのうた

劇場公開日

解説

「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の半自伝的作品で、好きな女の子を振り向かせるためにバンドを組んだ少年の恋と友情を、1980年代ブリティッシュサウンドに乗せて描いた青春ドラマ。大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。さらに家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成したコナーは、ロンドンの音楽シーンを驚かせるPVを作るべく猛特訓を開始するが……。

作品データ

原題 Sing Street
製作年 2015年
製作国 アイルランド・イギリス・アメリカ合作
配給 ギャガ
上映時間 106分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

キーワードは「ハッピー・サッド」。それが音楽であり生きることであると、映画は語る
シング・ストリート 未来へのうたの映画評論・批評

80年代、ロンドンはロック好きの誰もが憧れる「聖地」だった。新しい音楽が次々に生まれ、さまざまな国からさまざまな才能が集まり、混じり合い、さらに新しい音楽が生まれる。「聖地」と言うより、音楽の「泉」と言った方がいいかもしれない。そこに...シング・ストリート 未来へのうたの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全231件)
  • 元気になる音楽映画 ネタバレ! ボヘミアンを感じるくらいテンポもよく、楽しい。曲も良い。 最後に向かって、元気になる映画。 当時のフランスはかなり貧乏だったんだな。イギリスが憧れの存在だったのは知らなかった。 校長の恐怖として... ...続きを読む

    まるじゅん まるじゅんさん  2019年2月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • feeling forever 誰もが持っているような懐かしい忘れることないであろう感情や、若かりし頃の事を表現しているいい作品だと思う。何度見ても歳とってみても楽しめるのでは。 ...続きを読む

    Akinshicho Akinshichoさん  2019年2月3日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • タイトルなし 誰もが通る、誰もが通ってきた、そして通って欲しい、この時。この時間。 迷って悩んで怒って笑って泣いて恋して😍青春だわぁ 仲間も!!兄弟も!!素敵すぎる 音楽で…何かで…表現できる人って本当に羨ま... ...続きを読む

    lilyrose lilyroseさん  2018年12月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「シング・ストリート 未来へのうた」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報