斎藤工、白石和彌監督らが第41回PFFの最終審査員に! 9月20日の表彰式に登壇

2019年8月28日 12:30

495作品の応募から18本が入選
495作品の応募から18本が入選

[映画.com ニュース]9月7日に開幕が迫る、若手映画監督の登竜門「第41回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」の最終審査員として、俳優の斎藤工、映画監督の白石和彌山下敦弘、映画プロデューサーの西川朝子氏、写真家の野村佐紀子氏が参加することがわかった。

「映画の新しい才能の発見と育成」をテーマに、自主映画の面白さを広く伝えるため1977年にスタートした本映画祭は、これまで犬童一心黒沢清園子温橋口亮輔塚本晋也矢口史靖李相日荻上直子石井裕也山戸結希ら120名を超える映画監督を輩出。メインプログラムであるコンペティション部門「PFFアワード2019」には495作品の応募から18本が入選しており、グランプリには賞金100万円が贈呈される。

「PFFアワード2019」の審査員に決定したのは、「」「シン・ウルトラマン」など出演作が絶えない一方で、映画の監督やプロデュースにも精力的に取り組んでいる斎藤。そのほか「凪待ち」の白石監督、「ハード・コア」の山下監督、「永い言い訳」を手掛けた西川氏、「火口のふたり」の写真を担当した野村氏が審査にあたり、審査員は9月20日の表彰式に登壇、各賞を発表する。映画祭期間中は各作品2回ずつ披露され、表彰式の翌21日には受賞作品が上映される。

第41回PFFは9月7~21日に東京・京橋の国立映画アーカイブで開催され、入選作品は初日から動画配信サイト「青山シアター」(https://aoyama-theater.jp/feature/pff)で同時配信予定。作品やチケットの詳細は、公式サイト(https://pff.jp/41st/)で確認できる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース