橋口亮輔

橋口亮輔
ふりがな
はしぐちりょうすけ
誕生日
1962年7月13日
出身
日本/長崎

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

長崎県出身。自主制作映画「夕辺の秘密」(89)でPFF(ぴあフィルムフェスティバルアワード)グランプリを受賞。脚本も手がけた「二十才の微熱」(93)で劇場監督デビューを果たす。続く「渚のシンドバッド」(95)はロッテルダム国際映画祭グランプリをはじめ国際的な評価を得、国内でも毎日映画コンクール脚本賞を受賞。3作目「ハッシュ!」(02)はカンヌ国際映画祭監督週間で上映された。LGBTQや社会的マイノリティの現実を表情豊かに捉えた演出で、寡作ながらも国内外の高い評価を獲得。バブル崩壊以降の日本社会の激変を背景にある夫婦の希望と再生を描いた「ぐるりのこと。」(08)は、主演の木村多江を日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に導いたほか多くの賞を受賞、ベルリン映画祭パノラマ部門の正式招待作品となった。その他の監督作にオムニバスコメディ「ゼンタイ」(13)、「恋人たち」(15)など。

関連作品(映画)

橋口亮輔の関連作品(映画)をもっと見る

写真・画像

橋口亮輔の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

橋口亮輔の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

橋口亮輔の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「橋口亮輔」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る