恋人たち
ホーム > 作品情報 > 映画「恋人たち」
メニュー

恋人たち

劇場公開日

解説

「ぐるりのこと。」で数々の映画賞を受賞した橋口亮輔監督が、同作以来7年ぶりに手がけた長編監督作。橋口監督のオリジナル脚本作品で、不器用だがひたむきに日常を生きる人々の姿を、時折笑いを交えながらも繊細に描き出した。通り魔事件で妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のために奔走するアツシ。そりがあわない姑や自分に関心のない夫との平凡な生活の中で、突如現れた男に心揺れ動く主婦・瞳子。親友への想いを胸に秘めた同性愛者で完璧主義のエリート弁護士・四ノ宮。3人はもがき苦しみながらも、人とのつながりを通し、かけがえのないものに気付いていく。主人公となる3人はオーディションで新人を選出し、橋口監督が彼らにあわせてキャラクターをあて書きした。リリー・フランキー、木野花、光石研ら実力派が脇を固める。

スタッフ

監督
原作
橋口亮輔
脚本
橋口亮輔
製作
井田寛
上野廣幸
企画
深田誠剛
プロデューサー
深田誠剛
小野仁史
平田陽亮
相川智
ラインプロデューサー
橋立聖史
撮影
上野彰吾
照明
赤津淳一
録音
小川武
美術
安宅紀史
音楽
明星/Akeboshi
主題歌
明星/Akeboshi

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ
上映時間 140分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート
新人俳優賞 篠原篤

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

無名俳優たちが圧倒的な存在感を発揮 定石を果敢に逸脱した橋口監督の最新作
恋人たちの映画評論・批評

人生で初めて自分の価値を認めてくれた妻との幸せな日々に、人知れず思いを馳せる青年がいる。だが、薄暗い部屋は目を覆いたくなるほど雑然としていて、過去と現在の間には壮絶な乖離があることを伺わせる。職場の仲間たちと一緒に皇太子妃の追っかけを...恋人たちの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全84件)
  • しばらくは他の邦画を見なくていい程の満足度 ・妻を通り魔に刺殺され、裁判費を稼ぎながらも窮屈な思いを抱える男、生活に疲れた夢見る主婦、親友に秘めた想いを寄せる完璧弁護士 ・劇的ビフォーアフターに出てきそうな手狭な一軒家 ・コンドームの自販... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • もっと広がれ こういう作品がもっと多くの人に観られて、議論されるような風潮にならないかな。 プロモーションにカネかけて、下手な有名タレント配役して、ファンならキュンキュンして泣けて・・・みたいな作品ばっかじゃ... ...続きを読む

    静か 静かさん  2018年1月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 暗すぎる 理不尽な世の中。周りは悪意と無関心ばかり。そして自堕落な自分…。 そんな中でも日々を生きていきます。 というような映画。 たしかにこういう人はいるけれども、 さすがにマイナス描写に特化しすぎでは... ...続きを読む

    もりり もりりさん  2017年10月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

彼女の人生は間違いじゃない ぐるりのこと。 ゼンタイ 渚のシンドバッド
彼女の人生は間違いじゃない ぐるりのこと。 ゼンタイ 渚のシンドバッド
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「恋人たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi