ぐるりのこと。

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ぐるりのこと。
30%
50%
17%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「二十才の微熱」「渚のシンドバット」の橋口亮輔監督が「ハッシュ!」以来6年ぶりにメガホンを取った人間ドラマ。バブル崩壊から21世紀にかけて社会が激変した時代を背景に、実際に起こった犯罪・事件を織り込みながら、ある夫婦が辿る希望と再生の10年間を描く。主演はともに映画初主演となる木村多江とリリー・フランキー。共演に倍賞美津子、寺島進、柄本明、寺田農ほか。

2008年製作/140分/日本
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2008「ぐるりのこと。」プロデューサーズ

映画レビュー

4.0夫婦の10年間をほどよく、そして無駄なく描いていてよかった。結構リ...

おれさん
2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿

夫婦の10年間をほどよく、そして無駄なく描いていてよかった。結構リアルなやりとりとか、少しドキッとしてハッとさせられた。最終的には夫婦はこういたいということをおしえてくれる良い作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おれ

4.0木村多江さんの熱演が光る

ken1さん
2019年12月18日
iPhoneアプリから投稿

今更ながらこの作品を鑑賞。全く前知識なく観たが、映画初主演の木村多江の演技が殊の外素晴らしい。
立ち直るきっかけとなった泣きじゃくるシーンは、どこで研究したのか、まさに心を病んでしまっている女性そのものだと感じた。
全体を通じてストーリーにもまとまりがあり、良い作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ken1

4.0すごく人生っぽい

PINOさん
2019年9月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

人間とは、人生とは、そういうものをうまく表現している映画だと思う。
木村多江が、本屋で泣いてしまうシーンは無性に共感してしまう。色々な殺人事件を傍聴席目線で観せるシーンもわたしは好きでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
PINO

4.0生きる技術

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

そういや自分も結婚して10年以上経ってた。
結婚した頃に思い描いてたこと、大して何も出来てない。
何か具体的に思い描いていたのか、それすら定かでない。
冒頭、結婚する木村多江が、浮気性な夫(リリーフランキー)を思い、
「私がしっかりすれば、大丈夫」と自分に言い聞かせる。
自分ではしっかりしてると思ってるのに、
実際の自分はそうではなくなってきてる。
でもしっかりしてないと思ってた人(ここではリリー)は、
意外としっかりしていて、自分(木村)より強かった。
そして愛してくれていた。
しっかりしてなくても、理想を追いかけなくても、
何かを達成できなくても、
10年一緒にいたということが、結果的にそうであっても、
未来を生きていく糧になる。
生きる技術になる。
「生きることも技術なんです」という台詞が浸みた。
リリーの台詞も良かった。
「(死んだ人は)また思い出してあげればいいじゃん」

木村の身内(母、兄)も、根性悪い役で登場するが、
結局最後には、みんなお互いを好きだったんだと分かる。
それが分かるだけで、この一家は幸せなんだと気付かされる。

めんどうくさいけど、いとおしい。
いろいろあるけど、一緒にいたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ
すべての映画レビューを見る(全45件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ぐるりのこと。」以外にこんな作品をCheck-inしています。