ハード・コア

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ハード・コア
10%
41%
34%
10%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

山田孝之と佐藤健が兄弟役を演じ、作・狩撫麻礼、画・いましろたかしによる伝説的コミック「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を実写映画化。山田が主演のほかに自らプロデュースも務め、「映画 山田孝之3D」などでも組んだ山下敦弘監督がメガホンをとる。あまりにも純粋で不器用なために世間になじめずに生きてきた男・権藤右近。群馬の山奥で怪しい活動家の埋蔵金堀りを手伝って日銭を稼ぐ彼にとって、心優しい仕事仲間・牛山だけが心を許せる相手だった。右近の弟でエリート商社マンの左近は、そんな2人の無為で自由な日々を歯がゆい気持ちで見守っている。ある日、右近と牛山は、牛山が暮らす廃工場で、古びた1体のロボットを見つける。その分野に詳しい左近が調べると、実は現代科学すらも凌駕する高性能なロボットであることが判明。彼らはロボットと不思議な友情を築いていく一方で、その能力を使って巨額の埋蔵金を密かに発見してしまう。個性派俳優・荒川良々が牛山役を演じる。

2018年製作/124分/R15+/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018「ハード・コア」製作委員会

映画レビュー

4.0今の時代になんて映画をぶつけてきたものか!

2018年12月31日
PCから投稿

笑える

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

3.5なんだかやみつきになるこの妙演。クスクス笑いが止まらない

2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

平成の奇書とはよく言ったものだ。そんな原作が平成の終わりにまさかの映画化を迎えるのも宿命と言うべきか。この特殊すぎる味わいを損なうことなく、社会の底辺でこだわりと生きにくさを持って堂々と這いつくばる男たちの相貌を色濃く浮き彫りにする。その点、さすが山下監督。深刻になりすぎず、かといってカルトな方向に行き過ぎることもなく、我々は淡々と積み重ねられていくシュールな展開に終始ニヤニヤ笑いを浮かべながら、この不可思議で切ない男たちとロボットの友情にじっくり心を寄せることができるのだ。本作の中では誰もが一笑に付してしまう嘘のような現実が思いがけない展開を見せる。しかもその背後に隠された逸話や理由についてはほぼ黙殺された(というより知る由も無い)状態。果たして話が前進しているのか後退しているのかわかったものでは無いが、その宙ぶらりんな状況できりもみする山田と荒川の妙演がクセになる。とことん珍味である。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
ぐうたら

5.0山田孝之と佐藤健が兄弟がこんなにハマるとは

2020年4月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

R15+なのはエロがあるから。
佐藤健がオフィスの窓辺で立ちバック
山田孝之が首締めにテレホンセックスに即尺
石橋けいって女優さん良いな
弟が一目見て評した女像ぴったり
それ以外も出るキャラチョイ役全て存在感あり過ぎて飽きない。
右翼とAIロボと徳川埋蔵金が絡んでくるのにまるで違和感なく見られるとは思わんかった。
完の後に1シーン

高崎市足利市小山市
とん平
万福食堂
スナックモア

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

2.5イマドキの映画のルックにしなくて良い話では。

2020年4月16日
スマートフォンから投稿

山田孝之の芝居は上手いけどいかにも役者さんがやってますって感じに見えてしまう芝居で、それは一長一短あると思うんだが、山下監督は自分の作家性で勝負したいとは思わないんだろうかなと。

右翼をやってる冴えない青年の話、これは初期の作品と同じようなテイストに持っていける話だったと思う。どうしてカメラがこんなにパンするんだろう。いかにも物語ですよという撮影なんだろう。

昨今のインディペンデント映画の豊作によって、作家性は物語と両軸であれば再び観客に受け入れられる空気が整ってきているように思う。イケてない男を撮る事には独特の感性を持った監督だと思うのでこの人ならではの映画が観たい気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル
すべての映画レビューを見る(全74件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る