ハード・コア(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

ハード・コア

劇場公開日 2018年11月23日
8件を表示 映画レビューを書く

今の時代になんて映画をぶつけてきたものか! ネタバレ

古い原作を現代に映画化したことで、ずいぶんと新たな意味合いが生まれたように感じる。極右団体に所属するその日暮らしの若者の鬱屈が社会全体に向けられていることで、右とか左とかに相手を分けて騒いでいる人たちすべてに対して「まがいものめ!」と唾棄しているかのような。もちろん山下監督がそういう政治性を押し出しているわけではないのだが、マイノリティの憂鬱みたいなものに怒りのエネルギーを加えることで、脱力しながら進む映画でありつつ、なにか突き刺さるようなメッセージ性が宿ったように思う。『トゥルー・ロマンス』でトニー・スコットが脚本を変更したラストにも似た、原作とは違うラストの展開には賛否があるだろうが、それもこのキャラクターたちへの愛情がほとばしった故ではなかったか。佐藤健のニヒルな演技もとてもいい。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年12月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人に慣れないもがき様が息苦しい ネタバレ

優秀な兄弟を持ったが故の落ちこぼれ二人と量子コンピュータを搭載する割には廃工場に取り残された妙にレトロ感満載のロボットが主人公の奇妙な物語。社会への疎外感、性への衝動、好きなSF漫画や一攫千金夢物語を頭のミキサーにかけて作ってみたのだろう。意外なようでこれがよく合っている。ただ描くもの全てが朽ちていたり病んでいる必要性があるのだろうか、本編は完のあとに出てきた南国の島、理想を求めたゴーギャンに通じる序奏だったのだろうか、深いのか浅いのか・・。

odeonza
odeonzaさん / 2019年3月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よしよし〜(笑) ネタバレ

ハシゴ3本目の
レイトショー

予告見て気になってて
どうしても見たくて...

漫画の映画化なのかな?

ちょっと思ってたのとは
違ったかな

でも
安定の荒川良々
パンチ効いてて良かったです‼︎
山田孝之も‼︎

ラスト
ラピュタみたいになってた(笑)

snowball
snowballさん / 2018年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酒とシケモク ネタバレ

脱力系オフビートSFファンタジーだと思ってたのに、山田孝之が(胸毛のせいもあるけど)熱い男を感じたので脱力は省きます!

山下敦弘監督作品との最初の出会いは『リアリズムの宿』だったであろうか、『リンダリンダリンダ』で人気が爆発しましたが、それ以前の初期作品が好みです。
盟友とも言うべき山本浩司は出演していないし、ちょっと寂しかった。

小さな右翼組織の会頭に拾われ埋蔵金探しの仕事に精出す山田孝之と荒川良々。天才の家系に生まれながらも精神を病んでる荒川に、童貞を卒業させてやろうと頑張る山田の優しさが伝わってくる。

薬品工場の廃墟で生活していた荒川がそこでロボットを見つけた時から彼らの生活が変化する。どちらかというと『オズの魔法使』のブリキみたいな不細工なロボットだが中身は高度なAIが組み込まれ、空を飛ぶことだって出来るシロモノだ。

ハードコアには強硬派とか貧困層という意味まであるようです。康すおんなんてのが殺人も厭わないみたいだし、強硬派。貧困層は山田、荒川に代表されるというダブルミーニングだったのかもしれない…

どことなくハッピーエンドのようにも感じられますが、弟は死んだままだと思ってるんだろうな~

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

まあ頑張ったほうかと。2人が救われたと信じたい ネタバレ

幅広い役柄で活躍する、山田孝之が自らプロデュースし、主演も務めた作品。中規模の全国公開ながら、(主演が当たり前の)佐藤健の共演が話題である。

山田が長く温めてきた漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を映画化すべく、兄弟役として佐藤健に声をかけ、出演が実現した。個性派の荒川良々の演じる牛山役も、あえて山田が狙ったもの。

監督には、テレビ番組「山田孝之のカンヌ映画祭」で一緒にカンヌ出品を目指した、山下敦弘監督と「映画 山田孝之3D」(2017)以来の再タッグ。ホントこの2人は仲がいい。

主人公・権藤右近(山田孝之)は、社会のズル賢さに折り合いをつけられない、不器用でまっすぐな男。肉体労働の日雇いで暮らしている。反対にソツなく生きる、弟の左近(佐藤健)はエリート商社マンで、兄の不器用さを心配して見ていた。

そんな右近が心を許すのは、仕事仲間の牛山(荒川良々)だけ。ある日、右近と牛山が廃工場で見つけた、壊れかけたロボットは、現代科学を超える驚くべき性能を持っていた・・・。

ロボットは"ロボオ"と名付けられ、空を飛んだり、右近たちが探していた埋蔵金をいとも簡単に見つけ出す。

やはり自分が社会と折り合いを付けて生きているからだろうか。面白い設定だけれど、なかなか共感しにくい。右近と牛山のぶっ飛びエピソードも、2人のまっすぐさゆえで、尋常ではない。

ロボオは右近と牛山に影響を受けはじめ、社会という窮屈な枠組みから救い出す行動を取りはじめる。結末は、"ウソ!?"と思うほど、あっけない肩すかし。この解釈は分かりにくいかも。

信じたいのは、2人が(別の世界で)最終的に救われたんだろうということ。

ちなみに原作(ストーリー)の、狩撫麻礼(かりぶ まれい/Caribu Marley)は今年1月に亡くなった。エンドロールでも追悼文が流れる。

"狩撫麻礼"といえば、松田優作の主演・監督で1986年に映画化された「ア・ホーマンス」があるが、これは原作というには、似ても似つかないほど映画と異なる。

またペンネームを"土屋ガロン"へ改名した「ルーズ戦記 オールドボーイ」は、韓国にて朴贊郁(パク・チャヌク)監督によって、「オールド・ボーイ」(2003)として映画化。カンヌ映画祭審査委員大賞を受賞している。さらにスパイク・リー監督がハリウッドリメイクしている(2014)。

改めてご冥福をお祈りします。

(2018/11/24/新宿バルト9/ビスタ)

Naguy
Naguyさん / 2018年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これは… ネタバレ

原作通りに作る必要はないが、原作で伝えたいことは守った方が良いのではないか?
不器用に生きる男達が世間と噛み合わず窮地に陥り、この男達の最善ではない生き方に共同生活で感化されたロボがロボらしからぬ「無理心中」という最適解を男達のために選択して皆でこの世にサヨナラする。こんな内容だったと自分は思っている。
この映画の最後があれじゃ、原作見てから映画を見に来た人はたまったもんじゃないと思う。

あげはま
あげはまさん / 2018年11月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

結局なんだったんだろう… ネタバレ

原作は読まずに映画に向かいました。
予告編からも雰囲気からも期待度が高かったです。

観終わって思いました。
男の夢ってそういうことね…と
エロにロボに金か…
終始スローペースでストーリーは続くし、時々長すぎないか?というシーンもありエロシーンは多分耐性があるからでしょうか、なんでR15指定なんだろうと思いました。

エロシーンも興奮せず電話越しのオナ○ーは何してんだろうなと思ってました。

終盤のロボオが飛び立って爆発するシーンは死ぬんかい!と思ってたら生きてて知らない島で子供が生まれていたりと何かと辻褄が合いませんでした。

監督や演者さんたちにはとても申し訳ないのですが、今年見た映画の中では最も低評価の星をつけた作品です。

massi
massiさん / 2018年11月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

山田孝之ってすげぇよw ネタバレ

ほぼエロが多かったが、山田孝之、荒川良々、二人の不器用な男達がロボオと一緒にまっすぐに進んでいく友情の物語で、感動しました。佐藤健と兄弟役は熱い。ていうか佐藤健にラブシーンは珍しいが、今後もやって欲しい。電王、8年越しやるろ剣等とはえらい違いで今後の活躍に期待。結構笑えるシーンや、ファンタジー展開もあり、ヒューマンコメディ的な感じで面白かったです。山田孝之、愛読漫画を自らプロデュースしてまで実写映画化させるなんてすげぇよ。演技も上手いしほんま好きw

re34983343
re34983343さん / 2018年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報