アカデミー賞外国語映画賞に87カ国が出品 日本代表は「万引き家族」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月10日 > アカデミー賞外国語映画賞に87カ国が出品 日本代表は「万引き家族」
メニュー

アカデミー賞外国語映画賞に87カ国が出品 日本代表は「万引き家族」

2018年10月10日 13:05

日本代表に「万引き家族」

日本代表に
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞外国語映画賞に世界87カ国が出品したと、米ハリウッド・レポーターが報じている。

史上最多だった昨年の92作品から微減しているが、今年はアフリカのマラウイ共和国(「The Road to Sunrise(英題)」)、ニジェール共和国(「The Wedding Ring(英題)」)が初出品している。全出品作のなかで前評判が高いのは、すでに有名映画祭で話題を集めている非英語作品だ。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した日本の「万引き家族」(是枝裕和監督)、審査員賞に輝いたレバノンの「Capernaum(英題)」(ナディーン・ラバキー監督)、監督賞受賞のポーランド「Cold War(英題)」(パベウ・パブリコフスキ監督)。さらに、ベネチア国際映画祭金獅子賞を戴冠したメキシコの「Roma」(アルフォンソ・キュアロン監督)などがトップランナーと言える。

さらに、2006年に「善き人のためのソナタ」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督の新作「Never Look Away(英題)」(ドイツ)、15年に「サウルの息子」で同賞を受賞したネメシュ・ラースロー監督の新作「Sunset(英題)」(ハンガリー)などにも期待が集まる。第91回アカデミー賞ノミネートの発表は19年1月22日、授賞式は2月24日(いずれも現地時間)に行われる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi