パベウ・パブリコフスキ

パベウ・パブリコフスキ
英語表記
Pawel Pawlikowski
誕生日
1957年9月15日
出身
ポーランド/ワルシャワ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

ポーランド・ワルシャワ生まれ。14歳の時に母国を離れ、ヨーロッパ各地を転々としたのち英国に拠点を構え、1980年代末からドキュメンタリー番組を監督する。98年、初の長編劇映画「The Stringer(原題)」を発表し、続く「Last Resort(原題)」(00)で、英国アカデミー(BAFTA)賞で最優秀英国映画新人賞を受賞。その後、「マイ・サマー・オブ・ラブ」(04・日本劇場未公開)や、「イリュージョン」(11・日本劇場未公開)などの監督・脚本を務める。母国ポーランドで撮影した「イーダ」(13)は、ポーランド映画初のアカデミー外国語映画賞を受賞。同じくポーランドで製作した「COLD WAR あの歌、2つの心」(18)で第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞、第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。

関連作品(映画)

パベウ・パブリコフスキの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

パベウ・パブリコフスキの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

パベウ・パブリコフスキの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

パベウ・パブリコフスキの関連記事をもっと見る