イーダ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
イーダ
14%
54%
24%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

共産主義体制のポーランドを出てヨーロッパ各国で映画を撮り続けてきた映画作家パベウ・パブリコフスキ監督が、初めて母国ポーランドで撮影した作品。第87回アカデミー賞では、ポーランド映画初となる外国語映画賞を受賞した。歴史の波に翻弄された戦後ポーランドを背景とした少女の成長物語を、モノクロ&スタンダードによるクラシックな映像美で叙情的に描いた。60年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育った少女アンナは、初めて会ったおばから自分の本当の名前がイーダ・ベルシュタインであること、そしてユダヤ人であることを明かされる。両親はなぜ自分を捨てたのか、自身の出生の秘密を知るため、イーダはおばとともに旅に出る。日本では「ポーランド映画祭2013」で上映されて好評を博し、14年に単独ロードショー。

2013年製作/80分/ポーランド・デンマーク合作
原題:Ida
配給:マーメイド・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)Phoenix Film Investments and Opus Film

映画レビュー

3.5ふーむ

GABIさん
2021年5月20日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
GABI

4.0【ポーランド人が絶対に忘れない第二次世界大戦のドイツの蛮行の傷跡を、静謐なトーンで描いた作品。新旧のポーランド女性の姿の対比が印象的な作品でもある。】

NOBUさん
2021年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

難しい

ー 今作は「夜明けの祈り」を容易に想起させる作品である。
 舞台は、1962年のポーランドであるが、今作品は、忌まわしき行為の傷跡を間接的に描き出している・・。ー

<Caution! 以下、内容に触れています。>

・孤児として修道院で生活している18歳のアンナは、ある日、”修道誓願”を行う前に、唯一の肉親である叔母ヴァンダに会うように言われる。それまで、一度も修道院に来なかったヴァンダ。

・訪れたヴァンダは、娼婦としての生活を送っていた。彼女は、”貴女は聖女、私は”マグダラのマリア”だから、お互いのために会わない方が良かった・・”と、告げる。

・ヴァンダは、アンナは実はユダヤ人で、実の名はイーダである事。そして、イーダの両親、ルージャとハイムは戦時中に殺され、どこかに埋められたことを告げる。

・ヴァンダとイーダは、且つてイーダの両親を匿いながらも、最後は殺害したと思われる男シモンの家を訪れるが、彼は病に臥せっており、入院していた。

・シモンの息子フェリクスが懇願し、ルージャとハイムが埋められた森に案内し、自ら穴を掘り穴の中で深く頭を垂れたまま言った言葉。
 ”自分が殺したんだ・・”
そこには、ヴァンダの幼き息子も埋められていた・・。
 そして、こう呟く・・。
 ”イーダは幼かったから、神父に預けた・・。ヴァンダの子は、肌の色が褐色だったし、割礼もされていたから・・”

・二人は元の生活に戻るが、ヴァンダは自宅の窓から音楽を掛けながら身を投げる・・。
ー 元、検察官であり、”赤いヴァンダ”と呼ばれた自分の現在の境遇及び息子の最後を知った彼女には生きるという選択肢はなかったのであろう・・。ー

・イーダは、ドレスを身に着け、煙草を吸い、酒を飲み、ヴァンダとの両親の埋められた土地を探す旅の途中で知り合った青年リスと再会し、結ばれるが・・。

<「COLD WAR あの歌、2つの心」で知ったパヴェウ・パヴコフスキ監督は、彼の作品の前に、こんなにも残酷で、静謐な映画を製作していたのである。
 そして、ポーランド人は、第二次世界大戦中のナチスが犯した蛮行を決して忘れてはいない事を再確認した作品でもある。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0イーダの人生

2021年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

親を知らずに修道院で育った主人公は、18歳になり院長から叔母がいることを知らされる。
叔母を訪ね、自分の名前がイーダでユダヤ人と知る。
イーダは両親が自分を捨てた理由を、叔母は預けた自分の子供について調べるため、旅に出る。
アカデミー賞外国語映画賞を受賞したポーランド映画で、白黒ながら映像に見入ってしまう。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.0知らなかった過去を受けとめて。

だいずさん
2019年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
だいず
すべての映画レビューを見る(全16件)