COLD WAR あの歌、2つの心

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
COLD WAR あの歌、2つの心
25%
55%
15%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ポーランド映画で初のアカデミー外国語映画賞に輝いた「イーダ」のパベウ・パブリコフスキ監督が、冷戦下の1950年代、東側と西側の間で揺れ動き、時代に翻弄される恋人たちの姿を、美しいモノクロ映像と名歌で描き出したラブストーリー。2018年・第71回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。ポーランドの音楽舞踏学校で出会ったピアニストのヴィクトルと歌手志望のズーラは愛し合うようになるが、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、パリへと亡命する。夢をかなえて歌手になったズーラは、公演活動で訪れたパリやユーゴスラビアでヴィクトルと再会。パリで一緒に暮らすが、やがてポーランドに戻ることに。ヴィクトルは彼女の後を追ってポーランドも戻るのだが……。

2018年製作/88分/G/ポーランド・イギリス・フランス合作
原題:Zimna wojna
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第71回 カンヌ国際映画祭(2018年)

受賞

コンペティション部門
監督賞 パベウ・パブリコフスキ

出品

コンペティション部門
出品作品 パベウ・パブリコフスキ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions / ARTE France Cinema / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Lodz / Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Świat / Wojewodzki Dom Kultury w Rzeszowie

映画レビュー

4.0激動の現代史を意にも介さぬ男女の愛

村山章さん
2019年7月30日
Androidアプリから投稿

国策によって結成された歌舞団の指導者と新人として出会った男と女が、時代の流れに翻弄される。と、こう説明してもウソではないはずなのに、まったくそんな印象は残らない。この男女の痴話話は、もはや全体主義とか芸術の在り方とかそういうレベルを超越しているのだ。

あまりにも美しいモノクロ映像と音楽で綴られる男と女の遍歴は、確かに外的要因によって波瀾を増しているのだが、くっついたり離れたりを続ける主人公カップルにとって、そんなものは自分たちのややこしい恋愛を盛り上げるスパイスとしか感じてないようにも見える。

ミュージシャン同士のどうしようもない痴話話という意味でスコセッシの『ニューヨーク、ニューヨーク』を思い出したりもしたし、なんなら『天気の子』にも通じる部分があるように思う。とにかく「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」を地で行く唯我独尊カップルの姿を、面白いと思えるか否かが観客側の分かれ道だろうし、自分はこのワガママな恋愛を非常に楽しんで観た。楽しむ、というには暗い部分も多いが、それもまたアッパレな暗さだったように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.5それは分裂の時代への鎮魂歌

2019年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

冷戦時代のポーランドで出会い、恋に落ちたピアニストと歌手の運命は、やがて、東側と西側に引き裂かれ、引き裂かれても尚、会う場所を変えながら続いていく。しかし、2人に永遠の住処はない。時代の波が渦巻き、一旦それに飲み込まれたら、木の葉のようにたゆたうしかないのだ。今年のオスカーのダークホースとして注目された本作は、過ぎ去った出来事のようでいて、実は今も確実に存在している民族分裂の悲劇を、ラブストーリーに落とし込んで秀逸な出来映え。劇中に何度も歌われるポーランド民謡の多くが、添い遂げられない恋人たちの悲しみを訴えかけるもの。それはまるで、分裂の時代への鎮魂歌のようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
清藤秀人

4.0オヨヨ!

kossyさん
2020年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 想像していたほどの衝撃作ではなかったかな。男女の愛、音楽愛、冷戦という監視社会の中であっても屈せず、くっついたり離れたりするけど永遠の愛をつかんだ・・・という物語。マズレク舞踏団結成前にピアニストのヴィクトルが田舎のあちこちを回って地元の音楽を録音する姿。最初は録音スタッフだと思っていたら、後の有名ピアニストになるだなんて。

 最初のズーラはとても魅力的。清楚というよりビッチな雰囲気で、多分男なら誰でも惚れてまうがなタイプの女性。うん、歌手なんてほとんどが自信過剰気味だから気にならない。そして、上手いだけじゃなくて「心」があるんだよ、きっと。マズレク舞踏団の公演もことごとく成功するが、ソ連から来たカチマレク管理官によってスターリンを称える歌なんかも歌わされる合唱団。嫌気がさしてパリへと亡命するヴィクトルだったが、約束したズーラはついてこなかった・・・

 パリではジャズバンドに参加したり、作曲・編曲で食っていたヴィクトル。ズーラも公演のためにやってきたりするが、二人とも恋人がいるのにやっちゃう。他の男ともやっちゃうズーラ・・・6回が強烈なほど。そんなことを繰り返してるうちに、ヴィクトルはスパイ容疑で逮捕されちまったのだ。

 ポーランド民俗芸能、ロシア民謡、ジャズ、そして「ロック・アラウンド・ザ・クロック」と様々な国の違ったタイプの音楽が堪能できることと、モノクローム映像がずしりと重みを増していた。これも音楽映画の一つ。ただ、やっぱり二人の心は音楽だけではなかった。

 冷戦の重苦しさは映像のみだった気もするし、逃亡したり逮捕されたりするシーンがないのは残念。カチマレクにしても、情報収集はするもののそれほどの悪ではなかった(スターリンが死んだからか?)。大国にはさまれたポーランド。いつの時代にも翻弄されてたんだな・・・

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

4.0冷戦

2020年5月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1949年のポーランド、国立舞踊団を設立、生徒のズーラはピアニストのヴィクトルと恋に落ちる。
ヴィクトルは西側への亡命を誘うが、ズーラは現れなかった。
数年後、パリ公演で二人は再会、愛を確かめ合い、しばらくして同棲を始める。
喧嘩別れしてズーラは故国へ帰ってしまい、ヴィクトルは危険を承知でポーランドに行き、案の定捕まり、服役刑を科せられる。
ズーラはヴィクトルを釈放させるためあらゆる手を使う。
冷戦に翻弄される二人の恋が切ない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全59件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る