COLD WAR あの歌、2つの心のレビュー・感想・評価

COLD WAR あの歌、2つの心

劇場公開日 2019年6月28日
4件を表示 映画レビューを書く

恋も歌も映像も、全てが美しい映画

これはとても切ない映画だった

冷戦時代のポーランドで出会ったピアニストのヴィクトルと、歌手志望のズーラの愛の物語

この話は、監督のご両親の話が元になっているそう

そのヴィクトルとズーラは恋に落ちるが、その後、彼らには様々な困難が待ち受ける

その2人の姿を通して、冷戦下のポーランドの社会事情が見えてくる

東側の事情は、西側の国からしたら、よく理解できない部分があるけれど、彼らの恋を通して見ることで、より現実的に感じることができた

恋愛は多くの人にとって経験のある感情だからだ

彼らに感情移入して観ていると、ピアニスト志望のヴィクトルが音楽を求めて西側へ行くことも、そのヴィクトルに誘われて戸惑うズーラの気持ちも、愛するズーラのために命をかけるヴィクトルの気持ちも、とても理解できるのだ

民主主義の国に生まれていれば、そのまま一緒にいられた2人の恋も、国が違うだけで、複雑になり、命をかけるまでになってしまうなんて

そして、そんな2人の恋を演出する音楽がとても素晴らしい

その歌声は、過酷な時代に翻弄された恋を見事に表現して、心に突き刺さる

そして、映画を見終わった後も、しばらく耳に残り続けた

冷戦のことがよくわからないという人でも、彼らの恋を観ているだけで、当時のソ連がポーランドにかけていた圧力や、自由に恋愛することすら難しかった時代を感じとることができる

画面はモノクロだけど、色がないことを感じさせないぐらい、イキイキと輝いている

映像も、音楽も、彼らの恋も、その全てが美しい映画だった

とえ
とえさん / 2019年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

美しい歌声・曲が
今でも耳に残っています
.
冷戦下のポーランドで恋に落ちた二人
揺れ動く心は音楽を通して語られ
モノクロの映像が
美しく哀しさを表現していました
.
多くを語らないストーリーは .
観ているものの感覚を刺激
五感をフル活用しなければ
.
民族音楽・舞踊が新鮮
観賞後にはつい口ずさんでしまう
オヨヨ。。。🤭

lilyrose
lilyroseさん / 2019年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

俺はバカか?

音楽、音楽、音楽......そして音楽。

ポーランドと言えば、ソルボンヌ大学を首席で卒業し、女性で初めてノーベル賞を受賞した女性、マリー・キュリーを思い出す。彼女の自伝的映画「Madame Curie」は、マーヴィン・ルロイ監督、主演グリア・ガースンのゴールデンコンビの映画。日本ではキュリー夫人として知られているが、彼女の娘もノーベル賞を獲得している。世界初か....?日本の女性は、まだ誰も...。それも人をいじめることで忙しそうなのか?すみません、言い過ぎ!?
主人公のズーラ役のヨアンナ・クーリグは、画面からクラクフの学校で専門的にポピュラー音楽の声楽や演技パフォーマンスを習得したとなっているが、彼女の映画における15年間の移り変わりを監督は繊細に描き切っていて、評論家の方々からは、高い支持を受けているのだが、個人的に蒙昧なものにとっては、ヴィクトルとゾーイの関係が意味不明のものとなるほと、大人の世界を描いている。つまり、監督がシナリオの中で、余計なストーリーをそぎ落としているので、さらに分かりにくいものとなっている。同じポーランド映画では、ミステリアス・ファンタジー・ミュージカル映画「ゆれる人魚(2015)」のほうがわかりやすく、親しみを覚える。ややこしい恋愛映画が好きな方 向きかも知れない。
余談ではあるが、ポーランドではまだユダヤ人のゲットーが存在しているようで、映画産業がお盛んなのがわかるかも......。
amazon.comではプライムビデオで見ることが出来る。amazon studiosの作品は、すぐに観ることが出来るのが、このサイトのメリットと言える。

Naaki
Naakiさん / 2019年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古びて色褪せた『ラ・ラ・ランド』 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 大戦後のポーランド。歌手志望のズーラは音楽学校のオーディションに参加、講師でピアニストのヴィクトルにその才能を気に入られて入学、やがて2人は愛し合うようになる。数年後公演先のベルリンでフランスに亡命しようと持ちかけたヴィクトルの提案にズーラは戸惑いながらも承諾する。一足先に待ち合わせ場所に向かったヴィクトルだったが待てど暮らせどズーラは現れず独りベルリンを去る。さらに数年後ジャズバーでピアノを弾くヴィクトルの前にズーラが現れる。なぜあの時待ち合わせ場所に来なかったのかとヴィクトルは詰め寄るが・・・。

 全編モノクロかつ画面アスペクト比4:3とクラシカルな50's仕様。美しい歌と踊りを背景に冷戦下の政治情勢で終始憂いを纏った歌姫ゾーラと彼女に振り回されるヴィクトルの姿は、下卑た例えを承知で言うと色褪せた『ラ・ラ・ランド』。90分に満たない短い尺ながら、激しく燃え上がったかと思えば陰鬱な影を落としながら凍りつく感情の機微をエモーショナルに活写、聴いたこともない民謡からオールディーズまでバラエティに富んだサントラの選曲が映像に反して煌びやかでカラフル、いかにも欧州産な荘厳な風格を持った何処までももどかしい恋物語は鑑賞後の客席に豊かな余韻を残していました。

よね
よねさん / 2019年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報