ブラック・クランズマン

ALLTIME BEST

劇場公開日

ブラック・クランズマン
18%
59%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化。1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。主人公ロンを名優デンゼル・ワシントンの実子ジョン・デビッド・ワシントン、相棒フリップを「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバーが演じる。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。第91回アカデミー賞では作品、監督など6部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。

2018年製作/135分/G/アメリカ
原題:BlacKkKlansman
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジョン・デビッド・ワシントン
最優秀助演男優賞 アダム・ドライバー
最優秀監督賞 スパイク・リー

第71回 カンヌ国際映画祭(2018年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ スパイク・リー

出品

コンペティション部門
出品作品 スパイク・リー
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0映画の罪

2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

冒頭『風と共に去りぬ』のフッテージで始まるこの映画は、映画が黒人差別に加担した歴史を俯瞰する。
『國民の創生』がKKKを復活させ、ブラックスプロイテーションが黒人に現実逃避を促し、黒人は正しいアクセントができないという先入観を植え付けた。本作はそれをすべてを皮肉って見せる。白人と黒人の友情を描いた『グリーン・ブック』のオスカー受賞に噛み付いたスパイク・リーが、黒人と白人のバディ・ムービーを作ったことも重要だ。この映画で白人と黒人の和解は描かれない、ユダヤ人である白人刑事も差別の苦しみは知っているが、お互いの気も土地がわかるなどと、安易な歩み寄りはしない。この2人はプロとして職務は真っ当するが必要以上に馴れ合わない。それぞれが、一人の人間として、同僚としてリスペクトするのみだ。
スパイク・リーは白人を助ける不思議な黒人キャラ「マジカルニグロ」の存在をずっと批判し続けてきた。そうした映画と本作の描写がどう違うのが考えてみるのも面白い

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 62 件)
杉本穂高

4.5とことん楽しませつつ、現実を突きつける。高度なエンタテインメント快作が胸に突き刺さる

2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

これまでも歯に衣着せぬ発言で人種問題をぶった切ってきたスパイク・リー監督。そんな彼が、人々の憎悪が渦巻き、分断の溝がますます深まる社会に向けて何を語るのか。その生じうる破格のインパクトに身構えていた映画ファンも多かろう。

だがリー監督のイマジネーションは、そんな我々の想像の遥か上空をいく。これほどのエンタテイメントの豪速球の中で、いわゆる「ヘイト」の素顔を暴き出し、糾弾し、木っ端微塵に粉砕する怪作が出現するとは。

最初から最後まで観客をとことん楽しませ、興奮させ、それでいて目を背けてはいけない現実や人間の姿とも向き合わせるこの手腕。さらに脚本、演出、撮影、美術、音楽、そしてクソッタレのKKKを演じた連中も含めた素晴らしき俳優陣による怒涛の全員野球。活動家の演説に耳を傾ける聴衆の顔を一つ一つ浮かび上がらせる編集の腕も冴える。我々観客の頬に強力ビンタを張り、世の中を正気に戻す骨太な一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 28 件)
牛津厚信

4.0宣伝文句に少々偽りありだが、話は痛快で演出も軽妙

2019年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

「黒人刑事がKKKに潜入捜査」と言うから、あの悪名高い白の三角の覆面と白装束の中に黒人が入り白人のふりしてハラハラドキドキ…という話かと思ったが、違った。主人公ロンは電話越しに白人を装って会員になる端緒を作っただけで(もちろん相手を信用させる話術と機転は見事とはいえ)、実際に組織に乗り込むのは白人刑事フリップ。ロンは電話でやり取りするだけなのに、「黒人が潜入」は煽りすぎ。

でもまあ十分に驚くべき実話で、展開は痛快だし、ロンが身バレしそうになるのと爆破計画を同時進行で見せたりするなど、ストーリーテリングも鮮やか。ラストに現代のニュース映像やネット動画で見せる黒人へのリアルな暴力から、スパイク・リー監督の怒りが伝わってくる。差別撤廃、権利平等、多様性尊重ときれいごとを並べても、現実は40年前から大して変わっていないじゃないか、と。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 21 件)
高森 郁哉

3.5面白かっただけでは済まさない痛烈なラスト

オレさん
2022年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

1970年代のアメリカを舞台に黒人刑事のロンと白人刑事のフリップが1人の白人至上主義の人物を演じ、KKKへの潜入捜査へと挑む姿を描いた痛烈な社会風刺を持ったノンフィクション作品。

またも無知状態で見た為、KKKを始めとする各団体や当時の世情などが全く分からず、見ながら(さらに言えばこれを書きながら)色々と調べていた為、やたら鑑賞に時間のかかった作品。

人種差別に真っ向から向き合った痛烈な作品で知られるスパイクリー監督の久々の復帰作として注目されていた今作はデンゼルワシントンの実の息子であるジョンデヴィッドワシントン演じるロンと大人気アダムドライバー演じるフィリップの凸凹コンビが活躍するバディモノであったが、自身を白人主義者の白人と偽って電話越しに黒人をこき下ろす様や白人らしい言葉遣いをフィリップから教わるロンなどコミカルとシリアスのバランスが絶妙でバディモノとしての魅力は薄いかもしれないが、独特の緊張感が魅力的な作品だった。

しかし今作で最も独創的で痛烈だったのがラストに流れた2017年のバージニア州での白人至上主義集会騒動のダイジェストである。
今も何一つ変わらないアメリカの闇を引き合いに出し、今作の物語はフィクションではないし、今この瞬間も起きていることだということを叩きつけられるラストは他に類を見ないと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オレ
すべての映画レビューを見る(全274件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ブラック・クランズマン」以外にこんな作品をCheck-inしています。