サウルの息子

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
サウルの息子
16%
47%
29%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いた。1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガリー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが……。ハンガリーの名匠タル・ベーラに師事したネメシュ・ラースロー監督の長編デビュー作。

2015年製作/107分/G/ハンガリー
原題:Saul fia
配給:ファインフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞

外国語映画賞  

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ ラズロ・ネメス

出品

コンペティション部門
出品作品 ラズロ・ネメス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像41
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ヘンリー
  • インサイダーズ/内部者たち
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 口
  • 静かなる瞳
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2015 Laokoon Filmgroup

映画レビュー

5.0いつまでも語り継がれるべき衝撃作

2016年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

あらゆる瞬間に息が詰まりそうになる。特に冒頭から延々と続く長回しで、人々がガス室へと送られていく様子、感情を枯らした人間がその手で無慈悲に扉を閉める無駄のない流れ作業は、本当にこの世の地獄と呼ぶにふさわしい。しかし本作の真の衝撃は、それらのアウシュヴィッツ=ビルケナウの生々しさよりも、すべてが干からびたはずのその地に僅かばかりの感情の雫が滴りおちるところにあろう。「あの遺体は息子ではないか?」というサウルの思いは半ば妄信、あるいは狂気に近いものがあるが、それでも絶望的な状況で生じた精神構造として、彼の最期の意志であり、尊厳であり、彼が突発的に織り成しすがろうとした物語性とも言えるのかもしれない。本作はかくも人類が体験した悲劇から一つの「個」を抽出し、限定的な視点を通してその全体像を捉えようとする。それを伝える技術力、チームワーク、意志の力もずば抜けている。決して万人向けとは言えないが、『シンドラーのリスト』と並んで語り継がれるであろう一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

4.0よく見えなくても悲惨な状況がわかる

2020年5月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

ナチスの強制収容所で死体処理として働かされるサウルが、ガス室で生き残ったがすぐに殺されてしまった男の子を埋葬するために翻弄する話。
.
この監督、撮影の仕方が主人公の後ろにぴったりくっついて周りの状況が主人公を通してしか把握できない。登場人物も急に話しかけたりしてきて状況が上手く理解できなかったりする。
.
それでも越しに見える大量の積み上げられた死体からどんな悲惨な状況に置かれているかは理解できる。それに収容所がどんなところかの知識は日本人でもあるから、監督2作目の『サンセット』よりかは分かりやすかった。
.
この主人公のような働かされてるユダヤ人をゾンダーコマンドって言うらしくて、働いてるからといっていずれは他の人と同じように殺される。
.
死体は処理しないといけないし、いずれは殺されるなんて精神状態がおかしくなるに決まってる。サウルはこの男の子を埋葬してあげることに必死になることで、もう現実から目を逸らしてたのかな。
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

3.0映画を観る前に

見聞さん
2019年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

この映画は見る前に、ナチスのある程度勉強をしてからが良いと思います。
私は逆だったので、後からあのシーンはこういう事だったのねとか思い返しました。本当に怖い歴史の一部です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
見聞

5.0震撼

きりんさん
2019年1月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

6年生の頃だったか、
新聞社のホールで催された「アウシュビッツ展」を見た。

一緒に行った両親が会場で分厚いパンフレットを買ったので、私はそれ以降 時々本棚に手を伸ばしてはその解説と、目を覆うばかりの白黒写真を見ながら育ったわけだ。

南米に潜んでいたルドルフ・ヘスやアイヒマンが捕まったという速報も、ヨーゼフ・メンゲレがブラジルで死んだというニュースも、紛れもなくそのパンフレットで目に焼き付いていた彼らの顔写真を新聞の小さな記事で私は見つけたのだった。

ヨーロッパで広く知られ、世界各地のホロコースト記念館でも展示されている【その写真】、【あの写真】が、この映画「サウルの息子」で動き出す。

全部見覚えあるシーンが動いている。
監督は記録写真にどれだけ忠実であったかよくわかる。

「縞模様のパジャマの少年」でもそう。

生存者の方にとっては正視出来ない映画だろう。否、こんなんではなかったと言われるのだろうか。

ハンドカメラがゾンダー・コマンドの肩ごしに"作業"を写し出す。
この手法、この肩ごしの景色を見るうちに、自分もいつしかサウルの背後に立ち、サウルと共に目の前の有り様を目撃し、やおら突然にその行列に押し込まれ、とうとう後ろから押され押されて、血と油と屍のガス室に私も片付けに入るのだ。

少年を弔おうとしたあのサウルの愚行は、ひとかけらの人類への希望と受け取るべきだろうか。
それともあの倒錯も含め 一切の希望無しと、異常行動と、断ずべきであろうか。

人間の良心まで死に至らしめようとする絶滅収容所。それを作ったのは人間。

震撼だ。打ちのめされた107分だった。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全105件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る