最高の人生の見つけ方(2007)

劇場公開日

最高の人生の見つけ方(2007)

解説

2大オスカー俳優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たした人間ドラマ。実直な自動車整備工のカーター(フリーマン)と豪放な実業家エドワード(ニコルソン)はガンで入院した病室で出会い、ともに余命半年を宣告される。“棺おけに入るまでにやっておきたいこと”を書き出した“バケット(棺おけ)リスト”を作った2人は、リストを実現させるため人生最後の旅に出る……。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。

2007年製作/97分/アメリカ
原題:The Bucket List
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2007 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5人生を彩るものは1つじゃ足りない

ミルズさん
2022年7月27日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

余命宣告を受けた2人の老人が死ぬまでにやりたい夢を実現する旅に出る話。

まずキャラクターのバランスがとても良い。
短慮で享楽的だが行動力に溢れる無神論者の富豪と、信心深く理知的だが保守的な自動車工という
対極的な2人が、互いに影響を与え合いながらの
旅行きはシンプルに見ていて楽しかった。

また、富豪の秘書がとても良いキャラをしている。
有能だが慇懃無礼な皮肉屋でエネルギッシュな若者でもある。
唯一とも言える富豪の理解者の立場にあって、
対極な2人の間で上手く緩衝材となっている。
終盤にはとても大きな役割を果たすこともあり、
この映画で最も好きなキャラクターだった。

ストーリー的には荒唐無稽になりかねない設定を、余命わずかな者同士という大きな共通点が
自然な形で繋いでおり、無理なくストーリーを
成立させていて肩肘はらずに楽しめた。

また死を前にした人間が考える宗教観が
大きなテーマとなっている様に思われる。
富と引き換えに家族も友人も得られずに
無神論者となった富豪に、
自動車工が旅の中で様々な宗教における死生観を
教授しながら、互いに人生の終えかたを考えていくそのプロセスは見ているものにも
考えさせるものが多かった。

その本質も知らずに高級なコーヒーを好んでいた
富豪の最後の選択と、絶景を背景にした
エンディングはとても爽やかで
見終えたあとはとても清々しい気持ちになった。

総じて、笑って、感動して、考えさせられる
素晴らしい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミルズ

3.5友達が大事、今からでも遅くない

A.Camelotさん
2022年7月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

大富豪の友達は現実的ではないけれども、いくつになっても友達は作れるのかもしれない、今からでも遅くないと思いました。本当に余命宣告されたら、部屋の中にいるより旅に出る方が限られた時間を豊かにできるのも真実かもしれません。人は非日常の時間の方が充実し長く感じるということをこれまでの経験で実感しているので、きっとそうに違いない。ただ、そのためにはお金と気力が必要ということも忘れちゃいけないですが・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A.Camelot

4.0余命少ない二人が出会い、リストを実行していく。 死を前にして、何を...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

余命少ない二人が出会い、リストを実行していく。
死を前にして、何を思えるか、思えたかなんだろうか。
そんな人生の形のひとつなんだと思うと、最後にお互い想い合える人がいるって最高の気分だなと思う。
ラストでジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンがおもいきり笑い合うシーンは泣けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

4.5部下を育てるのも人生

2022年5月31日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

幸せ

棺桶リストが色んな意味を持って完成されるのが、ウマい。
先の見えるストーリーだけど、この2人の存在感と世界を旅する映像が映画を支える
最後にあんまり良い人には見えない秘書が、ボスの背中を見て「立派なら大人になった!」という演出で終わるのが好き、ここ私の涙ポイント

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さぁ行けAK
すべての映画レビューを見る(全182件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る