死んだ長男はアルゼンチンで勤務中? 木竜麻生「鈴木家の嘘」30秒予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月6日 > 死んだ長男はアルゼンチンで勤務中? 木竜麻生「鈴木家の嘘」30秒予告完成
メニュー

死んだ長男はアルゼンチンで勤務中? 木竜麻生「鈴木家の嘘」30秒予告完成

2018年7月6日 06:00

ティザービジュアルもお披露目!「鈴木家の嘘」

ティザービジュアルもお披露目!
(C)松竹ブロードキャスティング
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「作家主義」「俳優発掘」を掲げ、沖田修一監督作「滝を見にいく」、橋口亮輔監督作「恋人たち」などを世に放ってきた松竹ブロードキャスティングオリジナル映画製作プロジェクトの第6弾「鈴木家の嘘」のティザービジュアルと30秒予告が、このほどお披露目された。

引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混乱と再生を、笑いと涙でつづる感動作。「恋人たち」「舟を編む」「セトウツミ」など多くの作品で助監督を務めた野尻克己が、自身のオリジナル脚本で劇場映画監督デビューを果たす。岸部一徳が鈴木家の父・幸男役、原日出子が母・悠子役、加瀬亮が引きこもりの長男・浩一役、岸本加世子が幸男の妹・君子役を演じ、ワークショップを経て400人の候補者から選ばれ、瀬々敬久監督作「菊とギロチン」でもヒロインを務めた新星・木竜麻生が、長女・富美役に扮している。

公開されたティザービジュアルは、テーブルを囲む鈴木家を活写。悠子が笑顔を見せる一方で、幸男と富美は何かを決意したかのような引き締まった表情、浩一にいたっては全く別の方向を向いてしまっている。「母の笑顔を守るため、私たちは嘘をつく。」というキャッチコピーに加え、それぞれの差異に引きつけられる仕上がりだ。

予告編は、富美が浩一の死にショックを受けて記憶を失った悠子に「お兄ちゃん、引きこもりやめたの。アルゼンチンで働いてる!」と衝撃的な嘘をつくシーンからスタート。その後も“母のために”嘘を重ねていく幸男と富美だが、浩一が亡くなってしまったという事実は変わらない。「俺は浩一から逃げたんだ…」と幸男が胸中を吐露し、富美は「私はお兄ちゃんのこと許さない!」と涙を流すシーンなどが確認できる。

鈴木家の嘘」は、11月16日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開。

(映画.com速報)
滝を見にいく[Blu-ray/ブルーレイ] 滝を見にいく[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,462 沖田修一が監督・脚本を手がけ、山の中で迷子になってしまった7人のおばちゃんたちが繰り広げるサバイバルをユーモラスに描いたヒューマンコメディ。
セトウツミ[DVD] セトウツミ[DVD] 最安価格: ¥3,881 池松壮亮と菅田将暉のダブル主演で、此元和津也の人気漫画「セトウツミ」を実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi