舟を編む

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
舟を編む
26%
53%
18%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。第86回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出。第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか6冠。

2013年製作/133分/G/日本
配給:松竹、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

受賞

優秀作品賞  
優秀監督賞 石井裕也
優秀脚本賞 渡辺謙作
優秀主演男優賞 松田龍平

ノミネート

優秀主演女優賞 宮﨑あおい
優秀助演男優賞 オダギリジョー
優秀音楽賞 渡邊崇
新人俳優賞 黒木華
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2013「舟を編む」製作委員会

映画レビュー

4.5仕事に向き合う人々の姿に心が打たれました

りこさん
2020年1月1日
iPhoneアプリから投稿

辞書を作る人々とその周りの人々の熱さや暖かさに胸が打たれました。言葉で伝えられること、言葉以外で伝えられること、伝え方には様々な手段がありますが、大切な人々に想いを伝えたくなる愛溢れる映画でした。仕事に対する姿勢もすごく素敵だなと思いました。原作の三浦しをんさんも石井監督もすごい。本でも読んでみようと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りこ

0.5なにか違和感がする

2019年11月26日
PCから投稿

それらしく見せているが、それらしいということでしかない。
松田龍平が、なぜ、よく使われているのか理解に苦しむ、いつも棒読みで無表情棒立ちの俳優です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5辞書というもの

いつこさん
2019年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

テーマがいい。辞書の大切さが分かった。どうやって作ってるかなんて考えもしなかった。用例採集とか、校閲とか、紙質とか、表紙とか、当たり前だけど作ってるひとがいるわけで。でもよく読むと面白かったりするんだよな。右、の解説はなるほどと思わず唸ってしまった。適材適所ってこういうことだな、と。黒木華にはもう少し辞書作りに向いてる感を出して欲しかったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

4.5辞書の埃を払う。

shotamalさん
2019年9月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 6 件)
shotamal
すべての映画レビューを見る(全174件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「舟を編む」以外にこんな作品をCheck-inしています。