「レディ・プレイヤー1」ラストシーンにR2-D2が登場していた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月12日 > 「レディ・プレイヤー1」ラストシーンにR2-D2が登場していた!
メニュー

「レディ・プレイヤー1」ラストシーンにR2-D2が登場していた!

2018年5月12日 12:00

君は見つけられるか?「レディ・プレイヤー1」

君は見つけられるか?
(C) 2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠スティーブン・スピルバーグ監督がメガホンをとった超大作「レディ・プレイヤー1」(公開中)に、「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、R2-D2が登場していることが分かった。

貧富の差が拡大した2045年の近未来。人々の唯一の心のよりどころだったVR(バーチャル・リアリティ)ワールド「OASIS(オアシス)」の創始者ハリデー(マーク・ライランス)が急逝し、ハリデーの総資産約56兆円とオアシスの覇権をめぐる“宝”の争奪戦が始まる。世界中の映画、ゲーム、アニメなどのキャラクター、メカが登場し、日本からはメカゴジラやRX-78-2 ガンダムのほかに、ハローキティなどのサンリオキャラクターや、「AKIRA」の金田バイクなどが姿を見せる。

バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアン、「チャイルド・プレイ」のチャッキーなど映画ファンにはおなじみのアイコンが登場する本作だが、R2-D2は本編ラストシーンのどこかに映りこんでいる模様。スピルバーグ監督は過去に、「この映画のためにワーナー・ブラザースの法務部の人たちが3年もかけて権利を取得したんだけど、全部がかなったわけではないんだよ。『スター・ウォーズ』の権利だけはね……」と語っており、スピルバーグ監督の念願がかなった格好だ。

ちなみに、スピルバーグ監督と「スター・ウォーズ」の生みの親ジョージ・ルーカス監督は旧知の仲で、過去にスピルバーグ監督作「未知との遭遇」にR2-D2、「レイダース 失われたアーク《聖櫃》」にはR2-D2とC-3POが登場。反対に、ルーカス監督作「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」にはE.T.が映り込んでおり、本作のR2-D2の登場は、両者の変わらぬ絆を感じさせるものといえる。

スピルバーグ監督は、ハリデーの旧友だったオグデン・モロー(サイモン・ペッグ)について言及し、「僕はハリデーに対して愛情を持っているが、オグ(オグデン)も大好きなんだ。なぜなら、オグは僕が『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』を作ったときのジョージ・ルーカスのようだからね」と友情を明かす。「あのとき、ジョージは僕にこう言ったんだ。『君は僕の親友だ。でも、君と僕は今一緒に仕事をしている。君はここ数本の作品でスケジュールを超過したけど、今回はスケジュールや予算を超過させることはできないよ』ってね(笑)。ハリデーには自由なイマジネーションがあり、オグにはバランス感覚と識別能力がある。それはオアシスを生み出すには必要なことだったんだ。この映画を作っている間、ジョージと僕についてよく考えたよ」。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi