13年ぶり来日スピルバーグ、「レディ・プレイヤー1」の“ボスキャラ”を明かす! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月19日 > 13年ぶり来日スピルバーグ、「レディ・プレイヤー1」の“ボスキャラ”を明かす!
メニュー

13年ぶり来日スピルバーグ、「レディ・プレイヤー1」の“ボスキャラ”を明かす!

2018年4月19日 13:00

巨匠を生で見たファンは歓喜!「レディ・プレイヤー1」

巨匠を生で見たファンは歓喜!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]VR(バーチャル・リアリティ)ワールドを舞台に、壮大なトレジャーハンティングを描く「レディ・プレイヤー1」を引っさげ、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が、出演者のタイ・シェリダンオリビア・クック森崎ウィンを伴い約13年ぶりに来日。4月18日に都内で行われたジャパンプレミアに参加した。

世界中の人々がアクセスするVRワールド「OASIS(オアシス)」で、約56兆円をかけた“宝”の争奪戦がぼっ発。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「アイアン・ジャイアント」「ジュラシック・パーク」などあらゆるゲームや映画、アニメのキャラクターが勢ぞろいし、日本からは、「機動戦士ガンダム」「AKIRA」「ストリートファイター」などのキャラクターやメカが多数登場する。

会場には約500人の観客、約150人の報道陣が詰めかけ、スピルバーグ監督が登場すると歓声と共にどよめきが起こる。ファンからのサインや写真撮影の求めに丁寧に応じたスピルバーグ監督は、「日本の方々は、互いに敬意を払い、シニシズム(冷笑主義)が見受けられない。『レディ・プレイヤー1』は僕の映画の中でシニシズムが最もない映画だから、日本に合っているんじゃないかな」とアピール。

「日本のポップカルチャーにはずっと魅了されている」(スピルバーグ監督)といい、「黒澤明監督作品に出合う前に、父に連れられて東宝映画の『ゴジラ』を見たんだ。『ジュラシック・パーク』はそれを基に作ったんだよ(笑)。『レディ・プレイヤー1』にはメカゴジラが登場するんだが、オリジナルのゴジラの曲を使わせてもらったよ!」と本作の“隠し玉”となるキャラクターを明かし、ファンを喜ばせていた。

主役に抜てきされたシェリダンは、「特別な映画。素晴らしく美しい。技術もすごいけど、人間ドラマを感じてほしい。今の時代にとても関連性のあるストーリーなんだ」と語り、主人公の仲間を演じた森崎は「夢のよう。覚めないでほしい」と感慨をにじませる。若手キャストに温かなまなざしを注いだスピルバーグ監督は、寿司を食べたというクックに「おいしい」という日本語を耳打ちし、会場を和ませていた。

レディ・プレイヤー1」は、4月20日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi