アイアン・ジャイアント

劇場公開日

34%
50%
13%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1957年秋。メイン州の小さな町に住む9歳の少年ホーガースは「金属で被われた大男が空から降ってきた」という話を耳にする。時はまさにソ連が世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げた直後。宇宙人の存在を信じるホーガースは、夜中に家を抜け出し、空から来たロボットを探しに行く。そしてホーガースが森でみつけたのは、金属を食べ子供のように好奇心旺盛な鋼鉄の巨人、“アイアン・ジャイアント”だった。

1999年製作/86分/アメリカ
原題:The Iron Giant
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1999 Warner Bros. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0名言が大人の心に響く 巨大ロボットと少年の友情物語

2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

 メイン州の小さな港町に暮らす9歳の少年ホーガースは、森の中で人懐こい鋼鉄の巨人アイアン・ジャイアントを発見する。友情を育む2人だったが、巨大ロボットの目撃情報は瞬く間に広まり、ほどなくして政府のエージェントが派遣されてくる。

 批評家や映画ファンから絶賛を浴びたものの、スタジオ側が宣伝しなかったために興行収入的にはいまいちだったそうです。初の長編となったブラッド・バード監督は、本作で認められた結果ピクサーに招へいされ、「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレディ・プレイヤー1レストラン」を手がけることになりました。

 「レディ・プレイヤー1」でも活躍していたアイアン・ジャイアント。目の動きで感情を表現し、大きい体で子どもみたいに手をぶんぶん振るかわいらしさが光っていました。字幕版では「ワイルド・スピード」のビン・ディーゼル、ドラマ「フレンズ」シリーズのジェニファー・アニストンが参加しています。

 昔から好きな作品でしたが、大人になって見直すと、今の自分に深く響くセリフがありました。

 「他人がどう思おうと関係ない。自分を決めるのは自分自身だ。自分のなりたい自分になればいい」

 物語の終盤、ホーガースからこの言葉を聞いたアイアン・ジャイアントの決断が泣かせます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
美味しいお肉食べたい

5.0リスペクトというニュアンスを感じました

SHさん
2022年4月19日
Androidアプリから投稿

公開当時から、ろくに見もしないで、鉄人の・・・だのラピュタの・・・だの、個人的身勝手な偏見から決して見ようともしなかったけれど、スピルバーグのリスペクト的映画から思い直してようやく観賞するに至ったが、果たして─、素晴らしい作品でした。
これは、スピルバーグがしたように、そして手塚治虫がディズニーに抱いていたように、まさにオリジナルアニメやカトゥーンなどへのリスペクトだったのだなぁと(これもまた勝手な解釈ですが)思い直すと、その意味合いが作品の内容と共鳴して異様な感動に包まれてしまいました。
アニメーションそのものの質も高かったし、設定のアイデアもかなり秀逸でした。誰もが楽しむことができる見事な作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.0東西冷戦下が舞台の反戦アニメ

tktkさん
2021年8月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

核の驚異を教える主人公の通う学校や、のどかだけど噂好きなおっさん達が住む閉鎖的な環境など、そこはかとなく不穏感が漂う世界観。そんな環境で9歳児が周りの大人達に内緒で未知の巨大ロボットを飼おうとしたらパニックになるのは当たり前だと思うが。
「ロボットは危険じゃないよ!」と言ってるけど、既に発電所や森林破壊、列車事故起きてるよね。ミサイルの盾になって危険じゃない事を証明するラストで「なりたい自分を目指してる輩の為に犠牲になるのは嫌だな」と思いました。
苦労症のママが自称芸術家のオジサンとイイ仲になっても、あまり幸せな家庭は築けなさそう。
それとアトムや鉄人28号を悪者キャラにしてたけど、スタッフに日本アニメや漫画嫌いがいるの?と不愉快でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tktk

4.0日本のアニメ由来だと思うのに、日本を凌駕

2021年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これは日本のアニメーション、特に巨大ロボットが出てくるものに強く影響されていると思う。中でも、「巨神ゴーグ」は、ビジュアルから、少年との関係性、軍隊との軋轢、最終兵器の描写まで、モデルになったように見える。

そして、映画が素晴らしいのは、男の子とのエモーショナルな結びつきをていねいに描いていること。「ヒックとドラゴン」「ベイマックス」などに受け継がれた設定で、強くて頼りになる友達と、孤独な男の子というメタファーは、無敵と言っていいほど感動が保証される。

シンプルで、それでいてごつごつと冷たくて大きいジャイアントを、見事に描き出しているビジュアルも見事のひと言。

日本由来のものに違いないと思うのに、なぜこれを日本で作れないのだろう。お金とか、規模を言い訳にしているのだろうか。

2018.8.30

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アイアン・ジャイアント」シリーズ関連作品