【全米映画ランキング】「パシフィック・リム」続編がV 「ブラックパンサー」は北米歴代5位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月27日 > 【全米映画ランキング】「パシフィック・リム」続編がV 「ブラックパンサー」は北米歴代5位に
メニュー

【全米映画ランキング】「パシフィック・リム」続編がV 「ブラックパンサー」は北米歴代5位に

2018年3月27日 19:00

「パシフィック・リム アップライジング」が首位デビュー「パシフィック・リム アップライジング」

「パシフィック・リム アップライジング」が首位デビュー
(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]先週末の全米ボックスオフィスは、大ヒットSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編「パシフィック・リム アップライジング」が約2800万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

13年夏に公開された前作のOP興収約3700万ドルには及ばなかったが、春公開作としては及第点のスタートとなった。出演はジョン・ボイエガスコット・イーストウッド新田真剣佑ジン・ティエンに、前作も出演した菊地凛子チャーリー・デイほか。ギレルモ・デル・トロ監督の代わりにメガホンをとったのはTVシリーズの「デアデビル」や「スパルタカス」で知られるスティーブン・S・デナイト

5週連続の首位からついに陥落した「ブラックパンサー」は約1700万ドルの興収で2位に。累計は約6億3100万ドルを記録し、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」「アベンジャーズ」を抜き、全米歴代5位に浮上。歴代2位の「アバター」(09、10年/約7億6000万ドル)超えは無理だとしても、4位「ジュラシック・ワールド」(15年/約6億5200万ドル)、3位「タイタニック」(97、12、17年/約6億5900万ドル)を上回り3位になるのはほぼ確実となった。

約1000万ドルのOP興収で4位デビューとなったのは、人間の恋愛模様を妖精ノームに置き換えて描いたCGアニメ「Gnomeo & Juliet(ノミオとジュリエット)」(2011年)の続編「Sherlock Gnomes」。今回は、消えた庭の装飾品の謎をめぐり、ノミオとジュリエットが名探偵シャーロック・ノームズを雇うストーリー。声の出演にジョニー・デップジェームズ・マカボイエミリー・ブラントキウェテル・イジョフォーメアリー・J・ブライジなどビッグネームを揃えたが、大ヒットスタートとはならなかった。

その他8位には、イースター合わせで公開された、ジム・カビーゼル主演の聖書題材の歴史ドラマ「Paul, Apostle of Christ」、10位には06年公開の日本映画「タイヨウのうた」をハリウッドリメイクした「ミッドナイト・サン タイヨウのうた」がランクインした。

今週末は、スティーブン・スピルバーグ監督が全米ベストセラー小説「ゲームウォーズ」を映画化したSFアドベンチャー大作「レディ・プレイヤー1」などが公開となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi