パシフィック・リム アップライジング

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
パシフィック・リム アップライジング
パシフィック・リム アップライジング
9%
38%
38%
9%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人が乗り込み操縦する巨大ロボットのイェーガーと「KAIJU」と呼ばれる巨大モンスターの戦いを描いて話題となったSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。前作を手がけたギレルモ・デル・トロは製作にまわり、テレビシリーズ「Marvel デアデビル」などで知られるスティーブン・S・デナイトが長編映画初監督を務めた。前作でイドリス・エルバが演じたスタッカーの息子ジェイクが新たな主人公となり、前作から10年後、平穏が訪れたと思われた地球に再びKAIJUが現れたことをきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちの戦いを描いた。ジェイク役は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で一躍世界的に知られる存在となったジョン・ボイエガ。共演にスコット・イーストウッド、ジン・ティエン、前作から続投のチャーリー・デイ、菊地凛子ら。日本からは菊地のほか、新田真剣佑がパイロット訓練生のひとりとして登場する。自らの命と引き換えに人類を救った英雄スタッカーを父に持つジェイクは、父とは別の道を歩んでいたが、KAIJUに復讐心を燃やす少女アマーラと出会ったことをきっかけに、義姉である森マコと再会。マコの説得により、一度は辞めたイェーガーのパイロットに復帰することになるが……。

2018年製作/111分/G/アメリカ
原題:Pacific Rim: Uprising
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

映画レビュー

3.5アップライジング

2020年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

前回とのつながりも少し。さらにこれからの展開も匂わせ。
イーストウッドがかっこいい。
演説シーン大好き。
まさかの富士山、東京決戦。
確かに展開は前回に比べ少なめか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

3.0前作も結構好きなので、楽しめた 設定は相変わらずぶっ飛んだSFだけ...

rianさん
2020年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

前作も結構好きなので、楽しめた
設定は相変わらずぶっ飛んだSFだけど、CGが派手だし、戦闘モーションもかっこいいからゲームしてるみたいに楽しめる
音楽もいい
スプラッターがちょこちょこ走るのが可愛すぎる!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rian

4.0テーマ曲もっと使って・・(涙)

2020年10月3日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画は生き甲斐

5.0何も考えずに楽しむだけ。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本の誇る怪獣や巨大ロボット映画へのオマージュ。
巨大な予算を投入し、力まかせで楽しませようという娯楽作品です。

単純に楽しむ以外、何も残らない、単なる2時間の映画ではありますが、充分に面白かったです。

実はこの映画、第一作とは配給会社が変更になっていたのですね。
ワーナーからユニバーサルへ。

ワーナー・ブラザーズへの謝辞がエンドロールに出てきたので、あれっ? と気がついたのですが。

だけど菊池凛子は前作の配役を引き継いでいますし、前作の監督が今作でも製作陣の一角には残っているし、そもそもロボットのデザインは同じわけですから、いったいどんな事件があって配給会社が変更になったのか、このあたりの「影の(大人の)エピソード」も知りたいと思った私はゲスですか。

そう言えば、今作は中国の力の増大をひしひしと感じさせる作りになっており、事実、CGなどの製作の多くも中国で行われており、ああ日本沈没という印象を強く感じたものでした。

本作の製作会社レジェンダリーも、2年前に中国の会社に買収されてしまったとのことで、東京をぶっ壊すシーンなのに風景看板には中国語の簡字体が使われているシーンもあり、映画の中ではすでに東京も中国領なのかも知れないな、とか思ったりしたものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全338件)