ランボー ラスト・ブラッド

劇場公開日

ランボー ラスト・ブラッド
ランボー ラスト・ブラッド

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シルベスター・スタローンの「ロッキー」に並ぶ代表作で、1982年に1作目が製作された人気アクション「ランボー」のシリーズ第5弾。グリーンベレーの戦闘エリートとして活躍していたジョン・ランボーは、いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれていた。ランボーは祖国アメリカへと戻り、故郷のアリゾナの牧場で古い友人のマリア、その孫娘ガブリエラとともに平穏な日々を送っていた。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで、ランボーの穏やかだった日常が急転する。娘のように愛していたガブリエラ救出のため、ランボーはグリーンベレーで会得したさまざまなスキルを総動員し、戦闘準備をスタートさせる。監督はメル・ギブソン主演作「キック・オーバー」を手がけたエイドリアン・グランバーグ。

2019年製作/101分/R15+/アメリカ
原題:Rambo: Last Blood
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

映画レビュー

3.0スタローンのスタローンによるチャールズ・ブロンソン映画

村山章さん
2020年7月31日
PCから投稿

『ランボー』シリーズとは何か?ということを人がどこまで真剣に考えるものかはわからないが、少なくともジョン・ランボーというキャラクターに一貫していたのは、国から見捨てられて暴力の世界に起き捨てられた絶望と、それでも国(大義と言い換えてもいい)を愛することをやめられない希望とのせめぎ合いだと思っていた。

なので本作がランボーの最終作(スタローンの最後宣言はあまり信憑性がないけども)と言われても、本当にこれがランボー映画なのだろうかという疑念がずっと頭の中に貼り付いた。実際、スタトーンはこのプロットを前作『最後の戦場』完成直後に閃いたらしく、同作の宣伝キャンペーンで「続きを思いついた!」と話し出し、『最後の戦場』を最終作として売り出すつもりだった宣伝マンを戸惑わせていた。

ただ、その際は国境の人身売買問題をより主軸に置いていて、ランボーの義憤に直結していたように思う。ところが完成した映画はよりストレートな復讐劇になり、ランボーというよりブロンソンの映画のようだ。ランボーという看板は一旦忘れて、ゴア描写満載のB級バイオレンスとして楽しむのが正解のように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
村山章

3.5有終の美。きっと「ラストを映画館で見た」という思い出は消えない。

2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

長きにわたって凄惨を極めた「ベトナム戦争」の終結が1975年。
その「ベトナム戦争」の帰還兵という設定でシルヴェスター・スタローンを、(「ロッキー」に続き)アクションスターへと導いた「ランボー」シリーズ。
1982年から始まった「ランボー」は第1弾の出来が良く、1985年に第2弾が作られます。ただ1988年の第3弾が批評家と一般層から酷評され、封印状態に…。そして20年後の2008年に第4弾が登場し、約40年の時を経てようやく第5弾の本作で「完結」します。
本作は「出来が良い」とまでは言えません。ただ、キチンと「ランボー」の人生の総括として終わらせている点は評価に値します。
見どころは何と言ってもラスト30分あたりからでしょうか。そもそも「ランボー」シリーズの特徴として、上映時間のコンパクトさがあります。しかも、前半の何気ないやり取りなども伏線としてキチンと使われているのです。
全てが終わり、走馬灯のように駆け抜けて行きます。この先、「ランボーの完結編を映画館で見た」という記憶はきっと残り続けると思います。
「ランボー」に興味のある方には是非見てみてほしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 40 件)
細野真宏

4.0映画における“暴力へのオブセッション”を極めたスタローン

2020年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

興奮

時には脚本家や監督も兼ねながら、スクリーンで暴力を見せることに徹底してこだわったアクションスター、シルベスター・スタローン。ボクシングを観戦して感銘を受け自ら脚本を書いた「ロッキー」に対し、「ランボー」1作目は小説の映画化だったが、前者は拳と拳での殴り合い、後者は元軍人としての戦闘能力を活かした敵の殺戮と、キャリアを代表する両シリーズが共に“暴力を見せる娯楽映画”であることも、単なる巡り合わせではない、ある種のオブセッションを感じさせる。

「ランボー」シリーズに関しては、初めて監督も兼ねた前作「ランボー 最後の戦場」で人体損壊の描写が過激さを増したが、その点は今作も負けていない。自宅の牧場にゲリラ戦よろしく多様な罠を仕込んで敵を一人また一人と殺す後半は、偏執狂的な凄みさえ感じさせる。ベトナム戦争という米国の負の歴史が投影されたランボーは、映画における暴力への執着をも象徴しているのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

4.0改めて観てみたいです。

刺繍屋さん
2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿

実はランボーの一作目“First Blood”レビューしていませんが、かなり好きな作品なんです。

原作である"一人だけの軍隊“も読みましたし、崖から飛び降りる有名なシーンではスタローンさんが肋骨を折ったり、用意していた銃器類が盗難にあったりと、そんな話も覚えているくらい好きなんですが、それはジョン・ランボーという強靭な肉体と類稀なる戦闘スキルを持ちながら、誰よりも繊細で不器用で、深い哀しみを背負ったキャラクターが好きだからに他ならないと思います。

そんなわけで2作目はまだしも、3作目の“怒りのアフガン”はたんなるアクション映画になってしまってように感じ、個人的には少し落胆した覚えがあるのですが、前作の“最後の戦場”はジョン・ランボーらしさが戻っていたように思える作品だったので、今作も期待していたのですが…

…期待を裏切らない作品でした。

ストーリーとしてはツッコミたくなる箇所もありますし、ご都合主義的な展開だったりもしたのですが、ジョン・ランボーのキャラクターが活かされた作品に仕上がっていたと思います。

少ないながらもアクションシーンも良かったですし、終盤のトンネルを使ってのゲリラ戦は秀逸でした。
米陸軍特殊部隊グリーンベレー出身らしい戦い方でしたね。
これはメディアになったら改めてゆっくり観てみたいです。

ストーリーには直接関係ないのですが、スタローンさん、ジーンズ にネルシャツやジージャン姿、めちゃくちゃ似合ってましたね。
そして、OD色のM65フィールドジャケットにジーンズ にブーツ。
勿論、ジーンズ はブーツインという一作目と同じ格好も披露してくれたのはファンとしては嬉しい限りでした。

いつまでもダラダラと続ければいいわけではないですが、これで終わってしまうかと思うと淋しいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
刺繍屋
すべての映画レビューを見る(全198件)