ランボー3 怒りのアフガン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
5%
40%
47%
7%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アフガニスタンのソビエト軍最強師団に捕えられた友人を助けるために戦う男ランボーを描く、シリーズ第3作。製作総指揮はマリオ・カサールとアンドリュー・ヴァイナ、製作はバズ・フェイシャンズ。監督はピーター・マクドナルド。原案・脚本・主演は「オーバー・ザ・トップ」のシルヴェスター・スタローン。原作はデイヴィッド・マレル、共同脚本はシェルドン・レティック、撮影は「フェーム」のジョン・スタニアー、プロダクション・デザイナーはビル・ケニー、音楽は「インナー・スペース」のジェリー・ゴールドスミス、衣装はリチャード・ラモット、SFXはトーマス・フィッシャー、スタント・コーディネイターはヴィク・アームストロングが担当。出演はほかに「ランボー 怒りの脱出」のリチャード・クレンナ、「太陽の帝国」のマーク・ド・ジョング、「ロボコップ」のカートウッド・スミスなど。

1988年製作/101分/アメリカ
原題:Rambo III
配給:東宝東和

ストーリー

バンコックのとある小さな仏教寺院に、ランボー(シルヴェスター・スタローン)はかつての戦いを通して受けた心の傷をいやすために隠遁していた。そこへ、彼の元上官であり唯一の理解者トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)が米国務省情報局チーフ、グリッグス(カートウッド・スミス)とともにやって来て、極秘任務のためにアフガニスタンに潜入するのを手伝うよう要請したが、自分の戦争は終わったと言ってランボーはそれをいったんは拒絶した。だが、トラウトマンがソ連軍の奇襲に合い拉致されたという知らせを受け、また公式に彼の解放要求ができないことを知ると、ランボーは友を救うために再び戦場へ向かうことを決意した。パキスタンのペシャワールで案内役のゲリラ兵士ムサ(サッソン・ガベイ)とおち合い、凄まじい悪路をアフガンへと向かった彼は、途中の村でソ連軍の攻撃から村人たちを守り、アフガンの少年ハミド(ダウディ・ショウア)の尊敬を得る。ランボーはそこで、サディスティックなソ連将校ザイセン大佐(マーク・ド・ジョング)が守る難攻不落の要塞にトラウトマンが捕えられていることを知り救出に向かうが失敗する。傷ついた彼はいったん退却し、再度攻撃をかけ、九死に一生を得る激しい戦闘のすえトラウトマンを遂に助け出すがザイセンの追及の手はゆるまず、何もない平原にランボーとトラウトマンのたった2人の前にソ連軍最強師団が立ちふさがった。絶体絶命かと思われた時、ムサらゲリラ兵士たちが騎馬隊を組織してソ連軍師団の後方から大挙現われ、その混乱につけこまれてソ連軍は壊滅した。ザイセンもランボーの乗る戦車と一騎うちとなりヘリコプターもろとも爆発し、こうして勝利はランボーとゲリラ兵士たちのものとなった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0滅茶苦茶な映画だな。 一人で乗り込んで、ここまで生き延びれるとは、...

もとさん
2021年5月8日
iPhoneアプリから投稿

滅茶苦茶な映画だな。
一人で乗り込んで、ここまで生き延びれるとは、ありえない。
もう少し格闘シーンを見たかったし、脱出計画を綿密に練って欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もと

2.0バディ感

2020年12月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

単純

興奮

小学生の頃に劇場で鑑賞、グッズの缶ペンケース買って次の日は自慢げに学校に持って行った思い出。

トラウトマン大佐とのバディ感が垣間見れたり、少し軽いテンションの二人にシリーズの世界観が台無しに思われる軽薄さ加減。

先住民を迫害した過去からベトナムへの参入など、どのツラ下げた正義感か、ソ連を絶対悪に自分らの責任は取らない感が丸出し!?

戦争アクションとしての完成系、やはり一作目は時間が経つ毎に名作に近付いているような様が窺える。

確か、仙台ピカデリーにて鑑賞。か、日の出会館内の劇場だったのか、憶えてない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0ランボー、アフガンの為に闘ったら…

近大さん
2020年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

興奮

シリーズ3作目。1988年の作品。

ランボーが今居るのは、タイの僧院。時折僧侶たちの為にファイト・マネーで稼ぎながら、穏やかに暮らしていた。
もはや定番。そこへ訪ねて来たのがトラウトマン大佐。再び仕事の話を持ち掛ける。
確かにランボーは生粋の軍人。闘う漢だ。なのに、もう闘いたくないと言っているランボーを呼び戻そうとする大佐もねぇ…。
一度は断るランボーだったが、そうも言ってられない事態が起こる。

ソ連軍によるアフガニスタン侵攻。所謂“アフガン紛争”。
アフガンを支援する任務中、大佐がソ連軍に捕まってしまったという。
元上官で盟友を救出する為、ランボーは再び、戦地へ…。

前作のベトナム軍も強敵だったが、今回はさらに強大なソ連軍。
突然アフガンの村を急襲し、一瞬にして壊滅させる。
そんなソ連軍に、単身立ち向かう我らがランボー!
銃撃戦、敵基地に侵入は勿論、
初となる荒野を馬に乗っての闘い、ヘリでの戦闘、前作では車や橋だったが今回は爆薬を込めた弓矢でヘリを墜落させる!
クライマックスは、大部隊の中に殴り込み!
アクションのド派手さやスケールや死者数の多さと共に、ランボーもシリーズを重ねる事にスーパーソルジャー化!
ランボーよ、何処へ行く…!?

よく本作の説明で、ランボーがたった一人でソ連大軍と闘うとあるが、改めて見ると、アフガンの案内人や邪魔な少年が同行。
そして途中から、救出したトラウトマン大佐と共闘というのがワクワク。
この時ばかりは上官部下ではなく、バディ。多くの戦地でもこうだったんだろうなぁ…。

今回はランボーが闘う理由は明確。大佐の救出。
前作もそうだったが、話も単純。アクションの見せ場も沢山。
ならば、前作よりいいかもと思ったのだが…、
大佐の救出一本に絞れば良かったのに、そこにアフガンの現状を描いた社会派風を突然入れてきて、何だかアンバランス。
ランボーの超人的アクションを見せられて、最後に突然“アフガンの戦士たちに捧げる”と言われても…。
一番何を見せたかったのか…?
個人的にやっぱランボーは密林で、荒野で馬に乗るランボーはちょいと違和感。それとも、スタローンによる西部劇オマージュかな…?
ランボーが闘う動機や単純な話の入り方はこちら、ランボーらしさは前作。結局、どっちもどっち。

まあでも、エンタメな超人的な活躍をし、大佐を救出&共闘し、アフガンの為に闘ったランボー。
しかしその後のアフガンを思うと…。
彼らの中のほんの一部から過激なしっぺ返しを食らうとは、さすがのランボーもあの衝撃の映像を見て何を思っただろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
近大

3.0最高!至高!堪らない!

2020年8月15日
PCから投稿

最高!至高!堪らない!
スタローンの筋肉が凄い!どんなトレーニングメニューをしてどんな食事をしてたのか気になる!スゴすぎる!
そしてランボーが強すぎる!馬に乗って火炎瓶ひとつで突進したときは笑った!
最高!けど話がない!1には勝てん!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヴぇヴぇヴぇ
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ランボー」シリーズ関連作品