劇場公開日 2020年6月26日

「映画における“暴力へのオブセッション”を極めたスタローン」ランボー ラスト・ブラッド 高森 郁哉さんの映画レビュー(感想・評価)

3.6165
20%
51%
24%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0映画における“暴力へのオブセッション”を極めたスタローン

2020年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

興奮

時には脚本家や監督も兼ねながら、スクリーンで暴力を見せることに徹底してこだわったアクションスター、シルベスター・スタローン。ボクシングを観戦して感銘を受け自ら脚本を書いた「ロッキー」に対し、「ランボー」1作目は小説の映画化だったが、前者は拳と拳での殴り合い、後者は元軍人としての戦闘能力を活かした敵の殺戮と、キャリアを代表する両シリーズが共に“暴力を見せる娯楽映画”であることも、単なる巡り合わせではない、ある種のオブセッションを感じさせる。

「ランボー」シリーズに関しては、初めて監督も兼ねた前作「ランボー 最後の戦場」で人体損壊の描写が過激さを増したが、その点は今作も負けていない。自宅の牧場にゲリラ戦よろしく多様な罠を仕込んで敵を一人また一人と殺す後半は、偏執狂的な凄みさえ感じさせる。ベトナム戦争という米国の負の歴史が投影されたランボーは、映画における暴力への執着をも象徴しているのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
高森 郁哉
「ランボー ラスト・ブラッド」のレビューを書く 「ランボー ラスト・ブラッド」のレビュー一覧へ(全165件)
「ランボー ラスト・ブラッド」の作品トップへ