劇場公開日 2020年6月26日

「有終の美。きっと「ラストを映画館で見た」という思い出は消えない。」ランボー ラスト・ブラッド 細野真宏さんの映画レビュー(感想・評価)

3.6165
20%
51%
24%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5有終の美。きっと「ラストを映画館で見た」という思い出は消えない。

2020年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

長きにわたって凄惨を極めた「ベトナム戦争」の終結が1975年。
その「ベトナム戦争」の帰還兵という設定でシルヴェスター・スタローンを、(「ロッキー」に続き)アクションスターへと導いた「ランボー」シリーズ。
1982年から始まった「ランボー」は第1弾の出来が良く、1985年に第2弾が作られます。ただ1988年の第3弾が批評家と一般層から酷評され、封印状態に…。そして20年後の2008年に第4弾が登場し、約40年の時を経てようやく第5弾の本作で「完結」します。
本作は「出来が良い」とまでは言えません。ただ、キチンと「ランボー」の人生の総括として終わらせている点は評価に値します。
見どころは何と言ってもラスト30分あたりからでしょうか。そもそも「ランボー」シリーズの特徴として、上映時間のコンパクトさがあります。しかも、前半の何気ないやり取りなども伏線としてキチンと使われているのです。
全てが終わり、走馬灯のように駆け抜けて行きます。この先、「ランボーの完結編を映画館で見た」という記憶はきっと残り続けると思います。
「ランボー」に興味のある方には是非見てみてほしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
細野真宏
「ランボー ラスト・ブラッド」のレビューを書く 「ランボー ラスト・ブラッド」のレビュー一覧へ(全165件)
「ランボー ラスト・ブラッド」の作品トップへ