男と女 人生最良の日々

劇場公開日

男と女 人生最良の日々
男と女 人生最良の日々
18%
56%
20%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督が1966年に手がけ、第19回カンヌ国際映画祭パルムドールとアカデミー外国語映画賞、脚本賞を受賞した名作恋愛映画「男と女」のスタッフ&キャストが再結集した続編。前作の主演アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが同じ役柄を演じ、53年後の2人の物語を過去の映像を散りばめつつ描いた。元レーシングドライバーのジャン・ルイは、現在は老人ホームで暮らし、かつての記憶を失いかけている。ジャン・ルイの息子はそんな父のため、父がずっと追い求めている女性アンヌを捜し出すことを決意。その思いを知ったアンヌはジャン・ルイのもとを訪ね、別々の道を歩んできた2人はついに再会を果たす。

2019年製作/90分/G/フランス
原題:Les plus belles annees d'une vie
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2019 Les Films 13 - Davis Films - France 2 Cinema

映画レビュー

5.0これぞ、フランス映画!!

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いやぁ~素晴らしい。
50年経って同じ監督で、同じ俳優で、
続編(で良いのかな?)を撮るって、
それだけでもすごいことなのに、
それが、とても良くって、
とてもステキでカッコいいって、
なんなんだ!
音楽はもちろん、セリフひとつひとつ良いんだよな~。
これぞ、フランス映画!!

アンヌは歳を重ねても、登場シーンから
惚れ惚れするぐらい魅力満載だったんだけど、
施設で車椅子に座るジャン・ルイは、
ありゃ大丈夫?な年老いた感じだったのに、
アンヌが訪ねてきて話すようになったら生き生きし出して、
やっぱりこりゃモテる男だわなオーラが出だして、
俳優ってスゴっ!てなりました。
女の人と話すときの顔が、本当に女の人好きそうな顔になるのも、
上手いなぁ~って感動すら覚えましたもの。

50年の離れ離れの時間はあったけれども、
二人の愛の強さが再び巡り合わせ、
今度は離れることなく適度な距離感で、
一緒に過ごす静かな未来への希望が見えて、
ふんわりと心が温かくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hkr21

4.0素敵な仕草だ、もう一度

shimoさん
2020年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

4.0ぜひオリジナルの作品を見てから

basudooriさん
2020年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まずはスタッフが存命だったことに驚愕、ドービルの海岸の遊歩道が当時のままなのがうれしい。
アンヌの乗っているクルマも泣かせるし、ルルーシュ監督の一ひねりで「え~マジか、どうなっちゃうんだ!!」と言う一瞬の展開もあったり、娘の「エレナ」との会話シーンもすごくいい、ラストシーンはホントの最後まで見てしまった。 「男と女」「男と女Ⅱ」を見て良かったと思う人は、ぜひ見て下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
basudoori

4.0究極のラブロマンスの53年後の再会

クララさん
2020年3月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

1966年名作恋愛映画「男と女」の続編。
スタッフ&キャストが再結集し、なんと、前作の主演が同じ役柄を演じ、53年後の2人の物語を過去の映像を散りばめながら描いた。
前作のあと二人は別れ、別々の道を歩んできたが53年ぶりに再会した。
普通は53年という長い年月の再会で相手の容姿や現況に幻滅し後悔するのでは?ところが、この映画は違った。さすがフランス映画の傑作、究極のロマンティシズムの53年後の再会に、過去の若い二人、そしてまだ幼かった彼らの子供たちの姿の映像が散りばめられ、涙がこぼれる。あの音楽が一瞬にして時を引き戻した。
あ~50年後の再会を夢見てしまう。
夢見てももう遅い。過去にラブロマンスが無いのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クララ
すべての映画レビューを見る(全27件)