男と女(1966)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
男と女(1966)
30%
53%
12%
2%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

当時無名だったフランスのクロード・ルルーシュ監督が自ら資金を調達して製作した恋愛ドラマ。主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。スタントマンの夫と死別した脚本家アンヌと、妻に自殺されたカーレーサーのジャン・ルイによる大人の恋愛がフランシス・レイの音楽と美しい映像にのせてつづられる。1966年の第19回カンヌ国際映画祭ではパルムドールを、同年度のアカデミー賞では外国語映画賞を受賞した。2016年、製作50周年を記念してデジタルリマスター版でリバイバル公開。

1966年製作/104分/G/フランス
原題:Un homme et une femme
配給:ドマ、ハピネット
日本初公開:1966年

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 ゴールデングローブ賞(1967年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) アヌーク・エーメ

ノミネート

最優秀監督賞 クロード・ルルーシュ
最優秀作曲賞 フランシス・レイ
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1966 Les Films 13

映画レビュー

4.5ルルーシュが残した完璧な"構図"の数々。

2016年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

萌える

映画史に於いて"構図"の完璧さで本作は他に類を見ない。海辺のボードウォークをゆっくりとカメラが前進する冒頭のタイトルロールから、愛し合う男女が車のシートに隣り合わせて座り、前方、つまりカメラ側を見ながら語り合うシーン、ベッドの両サイドに少し離れて座るスリリングなシーン、うっすらとぼやけたパリの町並みを背景に佇む女、等々、監督のクロード・ルルーシュはフレーム内で表現し得るすべての基本構図を作品に投入している。それは、当時、否、今も斬新な映像手法。以来、遂にこれを超える作品を発表することはなかったルルーシュだが、彼が映画史に刻んだ足跡は永遠に色褪せない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
清藤秀人

3.5後半がすてき。

雨音さん
2020年9月13日
Androidアプリから投稿

幸せ

寝られる

萌える

随分前に一度観てる。
古い映画なのに、今観ても何かと洗練されているのはすごい。

残念なのは個人的にはアンヌの仕草がちょっと気持ち悪い。髪をかき上げるのはセクシーなのかもしれないけど「邪魔なら切ったら?」と言いたくなるし、すぐ口に手をやったり…。そんなことしなくても充分美人でセクシーなのに。

後半はかなり好き。
アンヌは肝心なところで前の夫との思い出から抜け出せない。女とはそんなもの。体だけでできているわけではない。ジャンの方とて過去があるから自信があるけではない。
そこでジャンも一旦は躊躇するけれど、思い直して押しの攻勢をかける。
男の押していく力強さ。やっぱり最後に女を動かすのはこれよね〜。
過去の失敗がどうであれ、大人になってもやはり未来に向かって生き、幸せになることを望む方がいいに決まっている。
ここで理窟は必要ない。だから台詞も必要ない。そんなシーンを小粋にまとめてくれている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
雨音

4.0誠実な大人の男と女の向かい合う愛

Gustavさん
2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

重い過去を抱えた男と女が向かい合う愛を、上品に美しくモンタージュしたフォトジェニーの秀作。余計な台詞を排したフラッシュバックの過去が、大人の男と女の愛に向き合う違いを描写するシンプルな表現。愛の交歓を大胆なカメラアングルで捉えた、女の恍惚の美しさ。アヌーク・エーメの透明感と無垢な優美さを湛える表情に魅せられるフランス映画。フランシス・レイのテーマ曲が美しい映像と溶け合い、誠実な男と女を浄化する。ラストの物語の結末まで、男と女の愛に正直でありたいフランス映画の粋を象徴する語りの巧さ。ムード音楽ならぬムード映画の唯一の成功作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

5.0この映画を観たときからサンバ、ボサノバが好きになった。

kossyさん
2020年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 フランシス・レイの音楽が甘美な香りを伴って耳に心地よく響くのですが、音楽賞を何も取ってないのが意外といえば意外。そして音楽だけではなく映像がモノトーンからカラーに変化する様子など、斬新で目にも優しい。

 アンヌの夫のスタントシーンなどはアクション映画としても通用するくらい派手なのですが、この回想シーンがカラー映像だとは彼女の心の中にいつまでも残っているからなのだろう。一方のジャン=ルイは白黒映像が多い。ル・マン、モンテカルロ・ラリーなどに出場する有名なレーサーだったのだ。

 そのモンテカルロ・ラりーが終わったら彼女に逢いに行こうと心に決めたジャン=ルイ。アンヌとはベッドインするものの、彼女は夫との記憶が甦り、セックスどころではなかった。ずっと悲しい表情なので、彼女を駅まで送りに行くことに・・・ ジャン=ルイは車、アンヌは電車。2人のカットが交互に切り替わり、感情は最高潮に。

 結局、このモノクロとカラーの変化が常に緊張感を与えてくれて、心情豊かな映画となった。エンディングもgood。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男と女」シリーズ関連作品