男と女(1966)
ホーム > 作品情報 > 映画「男と女(1966)」
メニュー

男と女(1966)

劇場公開日

解説

当時無名だったフランスのクロード・ルルーシュ監督が自ら資金を調達して製作した恋愛ドラマ。主演はアヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャン。スタントマンの夫と死別した脚本家アンヌと、妻に自殺されたカーレーサーのジャン・ルイによる大人の恋愛がフランシス・レイの音楽と美しい映像にのせてつづられる。1966年の第19回カンヌ国際映画祭ではパルムドールを、同年度のアカデミー賞では外国語映画賞を受賞した。2016年、製作50周年を記念してデジタルリマスター版でリバイバル公開。

キャスト

作品データ

原題 Un homme et une femme
製作年 1966年
製作国 フランス
配給 ドマ、ハピネット
日本初公開 1966年
上映時間 104分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第39回 アカデミー賞(1967年)

第24回 ゴールデングローブ賞(1967年)

受賞
最優秀主演女優賞(ドラマ) アヌーク・エーメ
ノミネート
最優秀監督賞 クロード・ルルーシュ
最優秀作曲賞 フランシス・レイ
最優秀主題歌賞 "A Man and A Woman"

第19回 カンヌ国際映画祭(1966年)

受賞
20周年記念グランプリ クロード・ルルーシュ
出品
出品作品 クロード・ルルーシュ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全22件)
  • ルルーシュが残した完璧な"構図"の数々。 映画史に於いて"構図"の完璧さで本作は他に類を見ない。海辺のボードウォークをゆっくりとカメラが前進する冒頭のタイトルロールから、愛し合う男女が車のシートに隣り合わせて座り、前方、つまりカメラ側を... ...続きを読む

    MP MPさん  2016年10月13日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ルルーシュ監督との衝撃的出会い ~ 恋愛映画の金字塔 クロード・ルルーシュ監督の異色のデビュー作。 まず注目すべきは人物設定の妙。それぞれに配偶者をなくし子供を同じ寄宿学校に通わせるという共通点をもつアラサーの男女を冒頭から交互に映し出すことによっ... ...続きを読む

    細谷久行 細谷久行さん  2018年9月15日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 風化した感は否めない。 雰囲気に満ちた作品である。随分と大胆にセリフをカット。音楽と映像だけで見せるところがクールで惹かれる。30年前に見たときは、もっとクルクル回っていたように感じた。が、その後マネされまくったせいか... ...続きを読む

    気取ろう軒 気取ろう軒さん  2018年3月15日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

フリック・ストーリー[DVD] 女性上位時代[DVD] 危険な関係[DVD] 男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版[DVD]
フリック・ストーリー[DVD] 女性上位時代[DVD] 危険な関係[DVD] 男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版[DVD]
発売日:2018年11月2日 最安価格: ¥1,198 発売日:2010年12月3日 最安価格: ¥2,873 発売日:2018年2月24日 最安価格: ¥4,100 発売日:2017年5月2日 最安価格: ¥3,154
Powered by 価格.com

「男と女」シリーズ関連作品

  • 男と女(1966)(1966年)
  • 男と女II(1986年)

他のユーザーは「男と女(1966)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi