男と女II

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭グランプリなど数々の映画賞に輝き、66年に日本公開された「男と女(1966)」の続篇。20年前に愛し合っていたカップルが再会して、再び恋に悩む姿を描く。製作・監督・脚本・撮影は「愛と哀しみのボレロ」のクロード・ルルーシュ、音楽はフランシス・レイが担当。出演は前作の主演アヌーク・エーメ、ジャン・ルイ・トランティニャン、エヴリーヌ・ブイックスほか。

あらすじ

20年前、スプリクト・ガールだったアン(アヌーク・エーメ)は、今やフランスを代表する女性プロデューサーとなっていた。娘のフランソワーズ(エヴリーヌ・ブイックス)も大人になり、女優として活躍、母とコンビを組んで助け合って暮らしていた。アンが新作のことで悩んでいる時、フランソワーズは劇場でジャン=ルイ(ジャン・ルイ・トランティニャン)を見かけたと、彼女に話す。20年前にモンテ・カルロ・ラリーを制覇したジャン=ルイは、今ではレーシング・チームの総監督も務める現役のレーサーだった。20年前の彼との愛の思い出が脳裡に甦ったアンは、二人の愛の日々を映画化することを決意し、ジャン=ルイに電話をする。そして二人は、思い出のカフェで20年ぶりに再会した。かつての二人の姿を映画化したいという申し出に反対するジャン=ルイだったが、アンの真剣な説得に彼は渋々ながら承諾する。そして映画の撮影開始。スケジュールどおりに撮影が快調に進むように、アンとジャン=ルイの仲も深くなりつつある。だが彼には若いフィアンセがいた。嫉妬するアンに送り出されるかのように、ジャン=ルイは撮影現場からパリ・ダカール・ラリーの会場へと向かった。ダカールの砂漠を走るジャン=ルイの車の中で、若いフィアンセは泣きじゃくり、彼を困らせた。帰りたいという彼女を近くの町まで送り届けるため、ジャン=ルイは危険を承知で、夜の砂漠を走り続けた。パリの撮影現場では、クライマックス・シーンが撮られようとしていた。そこへ愛の言葉が綴られたジャン=ルイからの手紙が、アンに届く。彼女は胸をはずませながら、ジャン=ルイが帰ってくるのを待ち続けた。そんなある日、ジャン=ルイが砂漠で遭難したというニュースがテレビで報じられた。アンは、すぐにでも砂漠へ駆けつけていきたかったが、仕事を投げ出す訳にはいかなかった。数日後、ジャン=ルイの消息がつかめぬまま、捜索は打ち切られようとしていた。不安と焦燥の中で、アンは地元の警察に、あと一日だけでも捜索を延ばしてほしいと、必死に懇願するのだった……。ジャン=ルイのヴェテランぶりでやがて二人は無事にレースをのり切る。そのころ、映画も完成した。興行的には失敗に終り、アンはガックリと気を落とす。そんな彼女を励ましたのが、戻ってきたジャン=ルイだった。二人は寄り添い、また映画を撮ろうと約束を交わすのだった。

1986年製作/フランス
原題:A Man and A Woman 20 Years Later
配給:ワーナー・ブラザース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男と女」シリーズ関連作品