劇場公開日 2020年1月31日

  • 予告編を見る

男と女 人生最良の日々のレビュー・感想・評価

3.831
21%
57%
17%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全31件中、1~20件目を表示

3.5冥土の土産

ミカさん
2021年2月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

『男と女』を鑑賞したのは、確か高校生の時。どんな内容かもあまり覚えていなかったのですが、こんな話だったんですね。ロマンチックだなあ。人生のラストには、最高ではないですか。あの世には何も持っていけないので、冥土の土産は自身の美しい思い出が一番ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

5.0感動しました、酔いました

2020年10月3日
スマートフォンから投稿

幸せ

全然下調べや評判を知らずに昔のと続編の2本立てを観てきました。ダバダバダ、ダバダバダを聴いてこれかーと気付くほどの無知者です。
初めからのめり込む程の感動。素晴らしさ。自分が14歳の頃にこんなに大人のラブロマンスが日本で上映されていたなんて知らなかった。今観ても色褪せてない名作を、しかも続編も続けて観れて幸せでした。キャストも同じである事は後でこのサイトで知りました。53年の刻を経て更に更に感動する作品です。上映館の配慮なのか一本目のラストはエンドロールは無くパッと照明が付き続編に対する期待が盛り上がりました。神戸パルシネマしんこうえんさんありがとう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オリーブ

4.0歳をとっても気はハタチ💦なのです。

Birdさん
2020年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この映画の制作のニュースを知ってまず驚いたのは、
え、あの2人は結局一緒にはなってなかったの?ということと、
やっぱり監督、主演の2人が揃って存命だったことですね。
50年以上の年月を経て2人が顔を合わせるなんて、
いや〜、粋な演出でした。
美しいひと、と言われて、アンヌに「もう歳よ」なんて言わせない。
フランス映画です💦 流石。
それぞれの道を選択した理由がよくわかりました。
特に前作に思い入れのある世代ではなかったのですが、
本当に前作はオシャレな作品でした。
でも個人的にはジャン=ルイ・トランティニャンは
絶対「Z」の若き検事です‼️

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Bird

3.5人生最良の日々とは

Joさん
2020年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1966年公開!?の「男と女」を以前観たときに感じた靄っとした気分より、本作の方が分かりやすかったかも。
たぶんに歳のせいかもしれないけど、50年以上前と現在と主人公の世界とが交差しているのが切なさでもあり痛々しさでもありユーモアでもあるような気がする。
男と女の愛が描かれたフランス映画って、私に無いものを感じて入り込めないけど、本作はまもなく訪れるかもしれない世界でリアリティーを感じたから面白かった。
スタッフ、キャストが「男と女」と同じだから、前作へのオマージュやリスペクトを感じたせいか違和感がなかった。
本当に原題の「人生最良の日々」って、こんな感じかもしれないな。
主人公の二人とも、とても素敵だったわ~

でもフランス映画は今一つ苦手なので★-0.5.。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Jo

5.0これぞ、フランス映画!!

hkr21さん
2020年7月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

いやぁ~素晴らしい。
50年経って同じ監督で、同じ俳優で、
続編(で良いのかな?)を撮るって、
それだけでもすごいことなのに、
それが、とても良くって、
とてもステキでカッコいいって、
なんなんだ!
音楽はもちろん、セリフひとつひとつ良いんだよな~。
これぞ、フランス映画!!

アンヌは歳を重ねても、登場シーンから
惚れ惚れするぐらい魅力満載だったんだけど、
施設で車椅子に座るジャン・ルイは、
ありゃ大丈夫?な年老いた感じだったのに、
アンヌが訪ねてきて話すようになったら生き生きし出して、
やっぱりこりゃモテる男だわなオーラが出だして、
俳優ってスゴっ!てなりました。
女の人と話すときの顔が、本当に女の人好きそうな顔になるのも、
上手いなぁ~って感動すら覚えましたもの。

50年の離れ離れの時間はあったけれども、
二人の愛の強さが再び巡り合わせ、
今度は離れることなく適度な距離感で、
一緒に過ごす静かな未来への希望が見えて、
ふんわりと心が温かくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hkr21

4.0素敵な仕草だ、もう一度

shimoさん
2020年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

4.0ぜひオリジナルの作品を見てから

basudooriさん
2020年7月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まずはスタッフが存命だったことに驚愕、ドービルの海岸の遊歩道が当時のままなのがうれしい。
アンヌの乗っているクルマも泣かせるし、ルルーシュ監督の一ひねりで「え~マジか、どうなっちゃうんだ!!」と言う一瞬の展開もあったり、娘の「エレナ」との会話シーンもすごくいい、ラストシーンはホントの最後まで見てしまった。 「男と女」「男と女Ⅱ」を見て良かったと思う人は、ぜひ見て下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
basudoori

4.0究極のラブロマンスの53年後の再会

クララさん
2020年3月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

1966年名作恋愛映画「男と女」の続編。
スタッフ&キャストが再結集し、なんと、前作の主演が同じ役柄を演じ、53年後の2人の物語を過去の映像を散りばめながら描いた。
前作のあと二人は別れ、別々の道を歩んできたが53年ぶりに再会した。
普通は53年という長い年月の再会で相手の容姿や現況に幻滅し後悔するのでは?ところが、この映画は違った。さすがフランス映画の傑作、究極のロマンティシズムの53年後の再会に、過去の若い二人、そしてまだ幼かった彼らの子供たちの姿の映像が散りばめられ、涙がこぼれる。あの音楽が一瞬にして時を引き戻した。
あ~50年後の再会を夢見てしまう。
夢見てももう遅い。過去にラブロマンスが無いのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クララ

4.0死ぬのは税金を払うようなもんだ

kossyさん
2020年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 認知症を患い、過去を思い出したり、昨日のことは忘れたり、ジャン・ルイの症状はまだ初期段階なんだろうけど、冒頭に出てくる老人たちのボケ防止クイズが難しいのよ!あ、ド・ゴール政権?ミッテラン?フランス人ってそんなに年号まで覚えてるものなのですか?わかりません…というか、俺もやばいです(汗)

 53年の年月はどこまで風化してしまうのだろうか。アンヌはしっかりと記憶しているのですが、ジャン・ルイとは結局別々の道を歩んでしまった負い目もあるし、ジャン・ルイにしてもアンヌのことは覚えているのに会っても誰だかわからない状態。ここで「わたしがアンヌよ」と言わないところがニクい!

 何度も通って記憶を取り戻そうとするより、勝手に思い出話を語らせるアンヌ。そしてジャン・ルイの夢や二人の思い出映像が流れるところがすごくいい。『男と女』の音楽も何度も流れるし、つらい場面は流さないし、今生きてることが最良ならそれでいいと感じさせる脚本も良かった。

 タイトルに書いた「死ぬのは税金を払うようなもの」というのはジャン・ルイの言葉。一方のアンヌは「一人だと死が怖いけど、二人になったら相手が死ぬのが怖い」と死生観の違いを訴えてくるのも興味深いところでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
kossy

2.5美人に歳なし

Zitaさん
2020年2月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

美人は年齢を重ねてまた別の美しさを得るんですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Zita

4.5ダバダバダより歌詞の歌がいい❤

talismanさん
2020年2月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

なんて美しく素敵な、ザ・フランス🇫🇷映画。前作は見ていないのですが、十分に楽しめました。それにしても、二人の服、ストールや帽子、そして会話の素敵なこと!そして車!青春と恋の思い出に車は欠かせないと確信しました。彼が超スピードでパリの街を走る映像はそのまんま、彼と彼女と私たちみんなの人生…と思ったら、なんてはやすぎる…と少し悲しくなりました。

あと、自分一人だと死が怖い、でも二人で居ると相手が先に死ぬのが怖い。この台詞には心が痛くなる位、同じ気持ちになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
talisman

3.0良さは観終わってからジワジワ

marimamuさん
2020年2月20日
iPhoneアプリから投稿

残念ながら前作を知らない。映画館は年配の男女で埋め尽くされていて、多分前作に思い入れがあってこられていた方が多かったのではないだろうか。まっさらな知識で本作を観ての感想は、前作の若い2人の俳優と音楽の美しさに心を奪われました。ぜひ50年前の「男と女」を観たい。でも今回の映画に関しては老人の悲哀がリアルすぎて楽しめなかった…と思って帰宅しました。でも時間が経って考えてみると、人生の宝石のような瞬間を抱き続けることができることは素晴らしい事だなと気がつきました。監督がインタビューでこう言ってます。「すべての人は死にゆきます、いろんな道を通ってですが、最後はみな同じところに行くのです」人生の最後に、胸が熱くなるほど幸せな記憶を思い出せるようにしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
marimamu

3.5年老いて再会した二人の姿に感動

2020年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1966年の『男と女』の続編。53年が経ち、アンヌ(アヌーク・エーメ)とジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)が再会を果たした。

フランシス・レイの音楽にのせて映像が舞う恋愛映画の金字塔『男と女』。カンヌやアカデミー賞(外国語映画賞)を制し、恋愛映画ながら「傑作」という言葉が似合う稀有な作品だった。

前作のあと二人は別れ、それから二人は会っていなかったようだ。

まともに歩けなくなり、記憶の混濁が激しくなったジャン・ルイ。彼がいる老人ホームを訪れたアンヌは彼女への深い思いを知った。

これは究極のロマンティシズム。散りばめられた過去の映像、若い二人、そしてまだ幼かった彼らの子供たちの姿に落涙。あの音楽が一瞬にして時を引き戻した。

サプライズはジャン・ルイの娘として老人ホームを訪れた『イタリアの宝石』モニカ・ベルッチ!彼女の『美』が今作に花を添えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
エロくそチキン

3.5前作の雰囲気を損なうことなくそのまま引き継がれている。思い出が美し...

2020年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

前作の雰囲気を損なうことなくそのまま引き継がれている。思い出が美しいのはジャン・ルイの記憶が曖昧だからか、別々の道を歩んできたからだろうか、、。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
tsumu miki

4.0昔の映像を使い過ぎている感は否めないが、こういう長いスパンの恋愛を...

2020年2月15日
iPhoneアプリから投稿

昔の映像を使い過ぎている感は否めないが、こういう長いスパンの恋愛を描いた映画は好きだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
コーヒー

5.0

U-3153さん
2020年2月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
U-3153

4.0運命の人。

minbkさん
2020年2月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

運命の人とは何歳になっても、色んな形で再会する。

女も男も、頭の中でずーっと忘れられない相手がいる。
そこまで惹かれ合うのはやはり運命なのでしょう。

いくつになっても、恋をしてキラキラしたいと感じた作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
minbk

3.5自分がボケたり死んだりするちょっと前に思い出したい映画。

2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

とにかくこの映画を観た後に、ツイッタやブログで昔の恋愛語りをおっぱじめてキモがられる系おじさんにだけはなってはならぬ、と固く心に決めて観に行った(笑)。

でも昔の恋愛を懐かしくも切なく思い出して身悶えするような映画ではなくって、むしろ面白いというか、なんなら珍品かとも思うような作品だった。冒頭から長回しでアップになるジャン=ルイ・トランティニャン、むっちゃ鼻毛出てたりとかするし。

53年後のオリジナルキャストということで、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンはいくらなんでもさすがにヨロけていたし、撮ってる監督も同じく53年後のオリジナル監督、クロード・ルルーシュ。そのストーリーテリングも演出もそれなりにヨロけていて、「ああ、年老いた人が作った映画だな」ということが伝わってきた。

「若い作り手が今の感性で昔の名作の続編を作る」っていうような企画だったら、きっと「昔の恋愛を懐かしくも切なく思い出して身悶えするような映画」が出来上がっていたかもしれない。

でも僕は、この作品の監督がクロード・ルルーシュで良かったと思ってる。「ああ、年老いた人が作った映画だな」という手触りは、年老いた俳優2人を優しく包んでるみたいな観心地となって、結果良い映画だったなって思ってる自分がいる。

老人ホームでぼっちになりがちなボケはじめの男がいる。正気とボケの狭間は、現実と夢の狭間。そこに生涯でいちばん好きだった女の人が会いに来てくれましたよ。しかも彼女は未だ自分を愛してくれているみたい。というお話。「あぁ、男の人が作った映画だな」という、いかにも老いた男が「最期の理想」として憧れそうなお話だよね。でもそれを可愛らしいと思えるのはやっぱり「あぁ、年老いた人が作った映画だな」っていう手触りがあるからだと思う。

年老いた演者と年老いた監督が映画を作ることや、その映画の中で年老いた男と女が恋愛をすることを、バカにして笑うわけでもないし、年老いても尚の愛だから切なくも美しい!とありがたがるわけでもない。
ただこの映画の「観心地の良さ」に浸り続けるような気分で、良い思い出の中に意識が溶けていくなら、そういう「男と女の終わり」って最高なんだなって思う。それが全て意識が溶けていく途中に見た幻だったとしても。

多くの人にとって「今観なきゃいけない映画」ではないかもしれない。でも「今より後では作れない映画」ではあったから、今観ることにはなった。自分がボケたり死んだりするちょっと前に思い出したい映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ウシダトモユキ(無人島キネマ)

3.5奇跡の作品

かんさん
2020年2月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2人の会話が素敵でした。
ピストルはビックリしました。
パリの車が少ないのに戸惑いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
かん

4.0フランス映画の極み、恋と愛と男と女

2020年2月10日
iPhoneアプリから投稿

男と女、男と女Ⅱ、そして完結編ともいうべき3作目。ルルーシュ監督ははじめからこうした時間軸で撮ろうと思っていたのだろうか。3部作ですね、やっぱり。ため息が出るほどの美男美女の主役二人が、時を経て、男は枯れ果て、女は深くなっておりました...やはり絶世の美男美女も当然に自然に古びており、そこにリアリティがあります。むしろホッとしました。パソコンに恋をする映画もある今ですから、ある意味、何ら新しいところはない、退屈と言う人もいるかもしれません。が、映画は人生を教えてくれる先生みたいなところもありますね。年老いた時に、思い出したい思い出や人がいるというのが、人生最後に手にする実りであり、財産なのだと、ああやはりフランスの美学、でもとても共感できます。日本は老後2000万円必要とか、年金だけじゃ足りないよとか、70までは働かないと食べていけないよとか、せっせと拝金主義が刷り込まれ、「万引き家族」を観ては身につまされ...歳をとる恐怖、お金がない恐怖、頼る人がいない恐怖を植え付けられ、美しさを語り合う時間も場もない。アンヌだって、芸術系の映画ばっかり撮りすぎて、首が回らなくなっちゃった、とか問わず語りしますし、ジャンもいつも一人で施設でのボケ防止クイズになんかちっとも馴染めない...でもいいんです。若くても歳とっても、やりたいように生きたいように生きるんだなあの人達は、と思いつつ。別に日本人だってそうしていいんだよと一人自分にツッコミ入れました。生まれてから死ぬまでの時間を、何をしてどう過ごすか。失敗も成功も、ない。ただ、やってみるだけ。たまにそこに奇跡のような出会いもある。恋の成就は結婚とは限らない。誠実ではなかったモテ男も、80過ぎてみて、アンヌを思い出す自分をはじめて知る。そこまで生きてみないと、当の二人にすら、あれが愛だったとはわからない。本物かどうかは、時間に試され、最後に炙り出されていくのか...恐れ入りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
xmasrose3105
「男と女 人生最良の日々」の作品トップへ