マローボーン家の掟

劇場公開日:

解説

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」でメガホンをとったスペインの気鋭J・A・バヨナ監督が製作総指揮を務め、不気味な何かがうごめく屋敷に隠された謎に翻弄される兄弟の姿を描いたサスペンススリラー。バヨナ監督の出世作「永遠のこどもたち」「インポッシブル」で脚本を手がけたセルヒオ・G・サンチェスが初監督を務め、「はじまりへの旅」のジョージ・マッケイ、「スプリット」のアニヤ・テイラー=ジョイら英米の若手俳優たちが主人公となる兄弟を演じた。森の中にたたずむ大きな屋敷で、不思議な5つの掟を守りながら暮らすマローボーン家の4人兄弟。忌まわしい過去を振り切り、この屋敷で再出発を図る彼らだったが、母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、明るい日々への希望はもろくも崩れ出す。父親の死体を隠した屋根裏部屋からは不気味な物音が響き、鏡の中には怪しい影がうごめき、やがて掟が次々と破られていく。心身ともに追いつめられた兄弟の長男ジャックは、妹や弟たちを守るため、ある決断を下す。

2017年製作/110分/G/スペイン・アメリカ合作
原題:Marrowbone
配給:キノフィルムズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

映画レビュー

4.0初監督作だが、映像に風格あり

2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

スペイン出身の映像作家によるホラー作品は、怖さの中にもどこか哀愁を感じさせるのが一つの傾向か。J・A・バヨナ監督作「永遠のこどもたち」の脚本を書いた、セルヒオ・G・サンチェスによる初メガホンだが、自然光を活用し時代を感じさせる味わい深い映像も相まって、人目を避け肩を寄せ合って生きる家族の健気さや、精神的に追い詰められていく描写に心を揺さぶられる。

幽霊屋敷モノのように語り始めながら、途中からの展開に「おや、このサブジャンルは何だろう?」と観客を翻弄する巧みなストーリーテリングに感じ入った。事前にあまり情報を入れないほうがいいタイプの作品だろう(映画.comの解説も書き過ぎだ)。

アリー役のアニヤ・テイラー=ジョイは魅力的でなかなかよかったが、「スプリット」のような怪演は見られず少々期待外れ。彼女の俳優としてのポテンシャルを引き出し切れていない気がした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
高森 郁哉

4.0切ない

2022年8月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
すーじー

3.0NOT HORROR! 陰鬱 退屈 眠くなる

2022年2月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

寝られる

ホラーではなく、サスペンスですね。

ほぼ、ずっと暗く、陰鬱で、退屈です。

眠くなってしょうがなかった…

いいところは、アニャ・テイラー=ジョイが出てるだけ。

好みじゃなかったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
RAIN DOG

4.0これはいいサスペンスホラーだ

2022年1月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.0
ジョージ・マッケイの長男っぷりがとても好きだ。はじまりへの旅でもそうだった様に、弟や妹思いの誠実さがにじみ出ている。またアニヤ・テイラーが相手役となり、とてもキャストがよい。
一家の掟と不気味な屋敷がとてもマッチし、物語を混沌へと導く。監督の脚本と映像にセンスを感じさせる。
これはいいサスペンスホラーだ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カメ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る