ふたりの女王 メアリーとエリザベス
ホーム > 作品情報 > 映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
メニュー

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

劇場公開日

解説

「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが16世紀の英国を生きた2人の女王を演じた歴史ドラマ。16歳でフランス王妃となりながら、フランス王フランソワ2世崩御により18歳で未亡人となったメアリーは、故郷のスコットランドに帰国。再び王位の座に就くが、当時のスコットランドではプロテスタント教徒の勢力が増しており、彼らは女性君主は神の意に反すると、女王メアリーの存在を快く思っていなかった。メアリーは家臣の陰謀や内乱などによって何度も王座を追われそうになり、厳しい運命に翻弄されていく。一方、イングランドを統治するエリザベスは、自分と違い美しく、結婚もして子どもを産んだメアリーに、複雑な思いを抱いていた。王位継承権をめぐりライバルもであるメアリーとエリザベスは、複雑な感情を抱きながらも互いに魅了されていき、男性社会の中で孤軍奮闘する女性として激動の時代を駆け抜けていく。ケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」を手がけたプロデューサー陣が、エリザベスと同時代に生きたメアリーに着目して製作。メアリー役をローナン、エリザベス役をロビーがそれぞれ演じる。監督は、ロンドンの演劇界で活躍する女性演出家で、映画監督はこれがデビュー作となるジョージー・ルーク。

キャスト

作品データ

原題 Mary Queen of Scots
製作年 2018年
製作国 イギリス
配給 ビターズ・エンド
上映時間 124分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート
衣装デザイン賞 アレクサンドラ・バーン
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  

特集

傑作映画の宝庫「宿命のライバル」──映画ファンの“次なる1本”は本作…

人気・実力を兼ね備えた“ふたり”が画面に並び立つとき、記憶に残る「化学変化」が生まれる――。「レディ・バード」のシアーシャ・ローナンと、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーという“次代のオスカー候補筆頭”がし...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ふたりの女王はコインの裏表。対照的な役作りで挑む女優対決の軍配は
ふたりの女王 メアリーとエリザベスの映画評論・批評

これまで度々映画化されているスコットランド女王、メアリー・スチュアートと、メアリーと王位継承権を巡って対立したイングランド女王、エリザベス1世の物語である。主な過去作を振り返ると、ヴァネッサ・レッドグレイブ演じるメアリーと、グレンダ・...ふたりの女王 メアリーとエリザベスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全52件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報