劇場公開日 2019年3月15日

  • 予告編を見る

ふたりの女王 メアリーとエリザベスのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全55件中、1~20件目を表示

4.0時代物だがとても現代的なジェンダー映画

2019年5月1日
PCから投稿

悲しい

怖い

知的

メアリー・スチュアートとエリザベス一世のスキャンダラスな権力闘争を三文記事的に描いているように見せかけて、気がつけば、男性優位社会の中で苦闘するふたりの女性の物語だった。もちろん時代は現代ではないから、彼女たちを取り巻く環境や条件は、21世紀の現実とは大きく異なる。しかし本作は、数百年経っても変わらない、女性を誹り軽んじる男たちの現実を暴き出していて、女王という立場にいるふたりの哀しい限界も赤裸々に描き出す。自分は男性側にいる人間だが、このやるせなさとモヤモヤはちゃんと受け止めたいし、受け止めなくてはならないと強く感じた。女性VS社会。社会に属している限り、性別に関わらず、われわれは加害者足りえるのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

4.0歴史モノ、政治劇としての重厚感と、人間ドラマとしての繊細さと儚さ

2019年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

歴史モノは苦手、特にイギリスのごちゃごちゃした時代の王室モノはちょっと、という人にも、シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビーという実力派が女王として主演する本作は、幾分フレッシュな気持ちで歴史を紐解く絶好の機会となるはずだ。

かつて『エリザベス/ゴールデン・エイジ』で描かれたエリザベスとメアリーの確執だが、本作では安易に「敵味方」の二分立で描くのではなく、ふたりの心に「国家の頂きに立つ女性ならではの共振」を芽生えさせているのが特徴的だ。この点にこそ、現代に本作が解き放たれる究極の意義が集約されるのだろう。

忘れてはならないのがボー・ウィリモンの脚本。かつてG.クルーニー監督作『スーパー・チューズデー』を手がけた彼らしく、本作もまた良質なポリティカル・ドラマとしての側面が強い。特に中盤の情報戦、相手の弱みを握って出し抜く際の描写はお見事。現代劇以上にドキドキする政治ドラマと言えよう。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ぐうたら

4.0会わないふたりを対話させる、映画ならではの話法

AuVisさん
2019年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

メアリーとエリザベス、史実では直接面会したとの記録はないそう。そんな予備知識から2時間も話がもつのかと心配したが、実際にあった手紙のやり取りに、家臣たちからの伝聞情報も加え、2人が心の中で互いに相手のことを思い語りかける形で「対話」させている。編集の巧みさもあり、スコットランドとイングランド、離れた場所にいる女王たちの距離を感じさせず、2人の対照的な点と共通点を効果的に示しつつ物語を構成した点に映画らしい趣を感じた。

シアーシャ・ローナンの強い目力と端正な顔立ちは、気高く意志の強いメアリーに適役。マーゴット・ロビーによるエリザベスは、白塗りの顔に赤毛のハート型ヘアスタイルが『アリス・イン・ワンダーランド』でヘレナ・ボナム=カーター演じた赤の女王みたい…というか、同作がキャラクター造形の際に16世紀英国の王族の髪形や衣装をモチーフにしたので、赤の女王の元ネタがエリザベス1世と言えるかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
AuVis

3.0豪華なオペラを観ている様

2019年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

数多くの舞台を手掛けてきたジョージー・ルークの映画監督デビュー作ということもあり、映画自体が舞台の様で、演出やセリフ回しも舞台を観ている様な感覚になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バフィー

3.5その女王たち、悲劇無くして王冠戴けず

近大さん
2019年9月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

3.5二人の女王の運命

yukaさん
2019年8月28日
Androidアプリから投稿

国を守るため継承していくため、あらゆる手段を使う子ともあるかとおもえば、女王といえどやはり女の弱い部分もあり、私と変わらず普通の女性なんだってことがよくわかった。

運命に翻弄されても女で有り続ける意志の強さ、素晴らしい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yuka

4.0一級品の歴史大河

2019年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

16世紀英国が舞台。スコットランド王メアリーとイングランド王エリザベスの二人の女王の間の王位継承権を巡る争いと交情を描く歴史物語。あいにく、作品の史実の部分とフィクションの部分を見極める程の眼力は持ち合わせていませんが、当時の時代・風俗を肌で感じることのできるような素晴らしい演出だったと思います。女性が時代を動かした歴史の一コマを堪能することが出来ました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ホワイトベア

4.0二人の女優の対決おもしろい

2019年5月4日
iPhoneアプリから投稿

最近、女王ものが流行りですね…なんて思いながら観に行った。当然だけど、全然、違うわね…。「女王陛下のお気に入り」は、女王陛下に支える二人の侍女の直接対決だったのに対し、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」は、女王同士の対決だけど、直接対決もなく、メアリーが主役の作品って感じでした。でも、どちらも好きな作品でした。今作品のメアリー役のシアーシャ・ローナンも、エリザベス役のマーゴット・ロビーも好きなんだよね。二人とも、すごい女優さんだよね。直接対決はなかったけど、出会うまでの二人の葛藤も、すごく上手く表現されてたと思う。世の中には、いつの時代でも、女性上位の世界もあるのね…、日本とは大違いですね…なんて思いながら観てました。男に利用されたりして、可哀想と思うこともありましたが、とても強くて、素敵な女王でした。最も、妊娠、出産すると、守るべき子供が出来たりすると、女は弱くなりますね。守るべきものが出来るとって話は、男にも言えることなんでしょうけど、母性は捨てられない人が多いからなぁ。最後のテロップで、息子ジェームズが王になったとあったから、育てることはできなかったけど、母の意を汲んでくれたのなら良かったのかな…なんて思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
らぶにゃん

4.0カクテル

taiyasanさん
2019年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

両雄並び立たず!

ブラディーメアリーの意味を改めて知りました。

乾杯!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taiyasan

3.5女優さんがいい

マリーさん
2019年5月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

女優さんがいい。
シアーシャ・ローナン。
彼女の出演作を見たのは今回が初めてだったけれど、馬に颯爽と乗って男に混じって戦闘に赴く姿に清々しさを感じた。声もかわいいし。アイルランド出身ということですが、なまりは強くなく普通に聞き取れます。
この時代の英国は権力闘争が激しくて残酷だし、未だに真実がはっきりしていない部分もあるので、映画を作るうえで何を大事にしてどの立場に立脚して描くかというのは、結構大事なことだったりする。
この映画では、誰よりも血統的な正当性を持ちながらも民衆から理解されず支持も得られず、結局は周りにいる陰謀を企てる者たちの言いなりにならざるを得ずに断頭台へと消えていく悲劇的な女王としてメアリー・スチュアートを描いた。才気闊達で情熱的で若く美しく魅力的に演じられていたので悲劇性は強まり、上手く描けていて、成功していると言える。
それにしてもこの作品で女性が権力を掌握するというのが内にも外にもどれだけ大変でえげつない争いを生じさせることかということが分かる…。男系の伝統を誇る日本に生まれてよかった。令和万歳。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マリー

2.5「平和の来たらんことを…」

2019年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いぱねま

3.0甘い映画❗

2019年4月21日
スマートフォンから投稿

星🌟🌟🌟映像が凄く綺麗で良かったのですが…メアリーがお兄様に騙されても何回も許すおかげで反対に窮地に陥れられる、史実ではもっと計算高い女性だったのでは…メアリーを好い人に描こうとしてちょっとつまらない作品になっていると思います❗あと戦闘のシーンでも兵隊少ないしラストのシーンもメアリーは40代なのに若いまま…メアリー役のシアーシャ・ローナンもエリザベス役のマーゴット・ロビーも良かったのにいろいろ詰めが甘い作品になっていると思います❗脚本しっかりしてれば良い作品になったのに残念です❗予算あんまりなかったのかな…⁉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミリン一番搾り

3.0女性の幸福も母性の幸せも無い王位

2019年4月19日
iPhoneアプリから投稿

イングランド王ヘンリー8世の庶子の長女として生まれたが故に、女性の幸福を捨て、結婚も子供を産み育てる幸せもなく、イングランドを守り、国民を守ったエリザベス1世。
一方、ヘンリー8世の姉の子供であるスコットランド王ジェームズ5世の長女であるが故にフランス王妃から2年でスコットランド女王として戻ったメアリー1世。彼女もその地位故に愛情なき結婚、出産、そして幼い息子との別れ、夫の暗殺、そして幽閉され、断頭台へと、女性として母としての幸せは全く無く、男達の政治家の中でスコットランドを守りイングランドと戦った悲劇。エリザベス女王がメアリーとの密会で言う言葉「私は男になったのよ」が彼女の本心であろう。女性監督だからこそ描けた今までにない視点。Virgin Queenなどというのは周囲の男達の政治家が勝手に称したものなのだ。二人の女王の悲劇は、メアリーの息子がジェームズ6世としてエリザベス女王の後継者としてイングランドとスコットランドの両王になることで終わる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
む〜ちゃん

3.0メアリー・スチュアートそういう人だったんだ

Scottさん
2019年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

メアリー・スチュアートは名前しか知らなかったから「そういう人だったんだあ」と勉強になるね。

シアーシャ・ローナン可愛いんだよね。ちょっと可愛すぎて、冷酷な決断をする王女って感じがしないの。

物語は展開は解るものの、今ひとつピンとこないの。英国史知らないからなんだよね。日本の歴史ドラマも海外の人が観たらピンと来ないかもな。

エリザベスは何にも持ってなくて、メアリーは美貌や才能や色んなものを持ってる。でも、その持っているもののせいで、皆が離れていってしまうっていうテーマは良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Scott

3.0人間はバカ

suiさん
2019年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

愚昧から人を遠ざけるものの一つに、誇りや矜持がある。
この映画は人間全般が絶望的に愚かであることを隠しもしない。メアリーの振る舞いはそこに差しかけられたほんの一条の光のようだ。(しかし暗さが勝る印象だ。)
"that's matter than love."という台詞が面白かった。
王国制国家と、王族の人間性。

衣装は目を引くものがある。史実このようだったのだろうか。
メアリーの2度目と3度目の結婚式の衣装の差や、黒衣で統一された会合シーンなど良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
sui

4.0男の宿命と女の宿命の両方を背負った女王たちの孤独

2019年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
天秤座ルネッサンス

4.0バッキバキの男社会で生きるとは。

だいずさん
2019年4月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だいず

3.0すごいマウンティング

Zitaさん
2019年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タイプの違う二人の女王。宗教戦争も絡んでるのに、登場人物の王族貴族と宗教指導者ほとんどが神を信じてるとは思えない言動で、駆り出される庶民が気の毒すぎる。景色や衣装が壮大で美しく、比較して一層メアリースチュアートと取り巻く男性たちの浅はかさと器の小ささが醜くみえてグッときました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Zita

3.0歴史上の人物を使ってまで、

everglazeさん
2019年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
everglaze

4.0王の血統を持つ人物を演じるという事

カメさん
2019年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

個人評価:4.0
映画「エリザベス」と対にして見ると、とても感慨深い。
最後は悲運の中でも高貴に斬首されるメアリー・スチュアート側の視点で描かれているので、この王位争いがより悲しい闘いであった事がわかる。2人の王女の争いというよりも、周りの男達に翻弄され、悲運な道に突き進む。エリザベス自身が自分を男と称し、生涯結婚せず男として強く生きたのも納得できる物語がここにある。
レディ・バードで未熟で純粋な少女を演じたシアーシャ・ローナンが、本作では王の血統を持つメアリーを力強く演じ、見所の1つだ。
ただの歴史上の人物ではなく、王族の人物を演じるには、その役者の演技力はもちろんだが、内から溢れる気品と血の強さが必要だ。他作品だがエリザベスを演じたケイト・ブランシェットのように。
本作のシアーシャも、その血の強さを感じ、他のハリウッド女優よりも頭1つでている女優だと感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ
「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の作品トップへ