ふたりの女王 メアリーとエリザベス : 映画評論・批評

ふたりの女王 メアリーとエリザベス

劇場公開日 2019年3月15日
2019年3月12日更新 2019年3月15日よりTOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほかにてロードショー

ふたりの女王はコインの裏表。対照的な役作りで挑む女優対決の軍配は…!?

これまで度々映画化されているスコットランド女王、メアリー・スチュアートと、メアリーと王位継承権を巡って対立したイングランド女王、エリザベス1世の物語である。主な過去作を振り返ると、ヴァネッサ・レッドグレイブ演じるメアリーと、グレンダ・ジャクソン扮するエリザベスのライバル関係を描いた「クイン・メリー 愛と悲しみの生涯」(72)があり、一方、エリザベス1世が主役の「エリザベス」(99)は、ケイト・ブランシェット扮するイングランド女王が絶対的地位を確保するに至る経緯を綴っていた。メアリーvsエリザベス、またはその後のエリザベスによる完全統治は語り尽くされた史実なのである。そこをまず押さえておいた方がいい。

画像1

さて、これが長編デビュー作になるジョージー・ルーク監督はここに新たな視点を書き加えている。本来は従姉妹同士でありながら、スコットランドvsイングランドの覇権闘争に、カトリックvsプロテスタントの宗教対立が重なり、さらに、世継ぎを産むか産まないかの選択が、即、国家の存亡を左右する女性ならではの問題に直面する両女王に、強い同情と共感の目を向けているのだ。美貌に恵まれ、恋愛、結婚、出産とすべて経験した上で、イングランドの王位継承権をも主張するメアリーと、争いを避けるために女性としての喜びは捨て、自ら男になる決意を固めるエリザベス。2人は一見対照的だが、どちらも女性が国を統治することの困難さを誰よりも知っている者同士。つまり、コインの表裏の関係にあったというのが本作の提案だ。表向きは女王たちに仕えながら、影で陰謀を張り巡らし、己の野望を実現することしか眼中にない男たちの情けない実態が、現代の社会構造を暗示していることは言うまでもない。

常に毅然として美しいメアリーを、シアーシャ・ローナンがいつも通り、相手を射抜くような眼力を以て好演している。一方、マーゴット・ロビーは本来の美貌をかぎ鼻と極端な白塗りで覆い隠し、コンプレックスと猜疑心の塊だったエリザベス1世に扮して、女優としての新境地に挑んでいる。シアーシャに比べると、言ってみれば役得。その造形力は大先輩のグレンダ・ジャクソンケイト・ブランシェットにも引けを取らない。この女優対決、今回はマーゴット“ヴァージン・クイーン”に軍配を上げよう。

清藤秀人

関連コンテンツ

特集

傑作映画の宝庫「宿命のライバル」──映画ファンの“次なる1本”は本作…
特集

人気・実力を兼ね備えた“ふたり”が画面に並び立つとき、記憶に残る「化学変化」が生まれる――。「レディ・バード」のシアーシャ・ローナンと、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーという“次代のオスカー候補筆頭”がし...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ゴッホ 最期の手紙[Blu-ray/ブルーレイ] レディ・バード ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ビザンチウム[Blu-ray/ブルーレイ] ハンナ[Blu-ray/ブルーレイ]
ゴッホ 最期の手紙[Blu-ray/ブルーレイ] レディ・バード ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] ビザンチウム[Blu-ray/ブルーレイ] ハンナ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2018年8月2日 最安価格: ¥4,690 発売日:2018年11月21日 最安価格: ¥3,227 発売日:2014年3月4日 最安価格: ¥3,874 発売日:2011年12月14日 最安価格: ¥3,283
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全22件)
  • 女性であるがゆえに 強かにできる部分と、弱くなる部分が混在して、特に女王の地位ではそれが強調されますね。2人がもっと早く出会って、協同していればイングランドの行く末も大きく変わっていたかもしれないですね。 ...続きを読む

    ごっとん ごっとんさん  2019年3月20日 23:52  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 二人に魅了される 16世紀のイングランドとスコットランドの女王の物語。メアリーとエリザベス、時代背景と陰謀に翻弄されながらも力強く生き抜く姿をダイナミックに描いた秀作でした。 二人の演技力に感嘆し引き込まれました... ...続きを読む

    タイガー力石 タイガー力石さん  2019年3月20日 21:40  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 現在のイギリスや王室の礎 この二人の女王は現在のイギリスや、英国王室の礎だ。 だが、この物語は、イギリスの歴史上、最大の悲劇かもしれないと改めて思った。 この頃、大陸欧州は、大航海時代やルネサンスで、経済的にも文化的にも... ...続きを読む

    ワンコ ワンコさん  2019年3月20日 02:16  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報