エリザベス

ALLTIME BEST

劇場公開日

13%
43%
39%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イングランドの女王エリザベス1世の数奇な半生を、ケイト・ブランシェット主演で描いた歴史ドラマ。16世紀イングランド。カトリック派の女王メアリーはプロテスタントを激しく弾圧し、王位継承者であるプロテスタント派の異母妹エリザベスをロンドン塔に幽閉する。しかしメアリーが病で崩御すると、エリザベスは新女王として即位。陰謀と裏切り渦巻く宮廷内で、重臣からは他国との政略結婚を勧められながらも、恋人ロバート・ダドリーとの愛を育んでいくエリザベスだったが……。共演に「恋におちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズ、「シャイン」のジェフリー・ラッシュ、「ジュラシック・パーク」のリチャード・アッテンボロー。第71回アカデミー賞で作品賞など7部門にノミネートされ、メイクアップ賞を受賞した。

1998年製作/124分/イギリス
原題:Elizabeth
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

ノミネート

外国作品賞  

第71回 アカデミー賞(1999年)

受賞

メイクアップ賞  

ノミネート

作品賞  
主演女優賞 ケイト・ブランシェット
撮影賞 レミー・アデファラシン
作曲賞(ドラマ) デビッド・ハーシュフェルダー
衣装デザイン賞 アレクサンドラ・ビルヌ
美術賞  

第56回 ゴールデングローブ賞(1999年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) ケイト・ブランシェット

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 シェカール・カプール
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

3.5ブーリンの娘

2021年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

コスチューム・プレイは和洋構わず好き。その時代の生活が想像できて楽しい。お姫様といえばこういう足先が出るか出ないか、というスカート丈と、ギュギュっと締めたウエスト、レース、ジュエリー、の鉄板コーディネート。子どもの頃、こんなプリンセスの絵をいっぱい描いたなぁ。

過去に「ブーリン家の姉妹」を見たけど、記憶がうっすらしかなく、時代背景がおぼろげで、登場人物の名前と顔が覚えられない。エリザベスは王位継承したけど、立場は弱く、とにかく結婚しろと家来達に言われるのが切ない。うっせぇ、うっせぇ、うっせぇわ!

しかしこの意思の強さ、現エリザベス女王に確実に受け継がれてますな。女性のトップはけっこういいと思うよ。日本ももっと柔軟になればいいのにね。

ケイト・ブランシェットは品がいいので、高貴な役が似合う。スンとした感じがいい。女王といえばケイト、ケイトといえば女王。

BS12のかなり前の録画で。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ぷにゃぷにゃ

3.0ダニエル・クレイグがー!

ケイトさん
2021年6月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

難しい

当時は映画館でみだけど、ダニエル・クレイグ無名だったなー(笑)。歴史を知っていたらー!もっと面白いかも。ケイト・ブランシェットが徐々に女王の威厳を付けていく演技がスゴイ!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ケイト

4.0国家の為ー孤高の女王エリザベス1世

こころさん
2021年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
こころ

3.5当代随一の演技派女優ケイト・ブランシェット主演のイギリス演劇の見応え

Gustavさん
2021年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「恋におちたシェイクスピア」でジュディ・デンチ演じたエリザベス1世の前半生の歴史映画。女王同士の確執で有名なメアリー・スチュアートとの映画は多いが、ほぼ単独の映画は珍しいのではないか。過去のエリザベス役の女優を調べると、サラ・ベルナール、ベティ・デイヴィス、ジーン・シモンズ、グレンダ・ジャクソン、と実力ある名女優が名を連ねる。一方のメアリー役は、キャサリン・ヘプバーン、ヴァネッサ・レッドグレイブ、とこちらも凄い。その中で、キャサリン・ヘプバーンの「メアリー・オブ・スコットランド」は観たことがあるが、それは監督がジョン・フォードだったからで、フォード監督にとって最も似つかわしくない題材であった。日本の戦国時代にあたるイングランド王国の政治と宗教の板挟みにあいながら女王の座を全うする激務は、イギリス演劇の得意とする題材に違いない。
今作のケイト・ブランシェットは、若き女優連の中でトップの演技力を持つ。彼女の演技力を認めた上で成立した格調高きイギリス演劇の味、力作。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「エリザベス」シリーズ関連作品