Fukushima 50

劇場公開日:

Fukushima 50

解説

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波に飲み込まれた福島第一原発は全電源を喪失する。このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされることは明らかで、それを防ごうと、伊崎利夫をはじめとする現場作業員や所長の吉田昌郎らは奔走するが……。現場の最前線で指揮をとる伊崎に佐藤浩市、吉田所長に渡辺謙という日本映画界を代表する2人の俳優を筆頭に、吉岡秀隆、安田成美ら豪華俳優陣が結集。「沈まぬ太陽」「空母いぶき」などの大作を手がけてきた若松節朗監督がメガホンをとった。第44回日本アカデミー賞で最優秀監督賞や最優秀助演男優賞(渡辺謙)などを受賞した。

2020年製作/122分/G/日本
配給:松竹、KADOKAWA
劇場公開日:2020年3月6日

スタッフ・キャスト

監督
原作
門田隆将
脚本
前川洋一
製作代表
角川歴彦
エグゼクティブプロデューサー
井上伸一郎
製作
堀内大示
大角正
布施信夫
井戸義郎
丸山伸一
安部順一
五阿弥宏安
飯塚浩彦
柴田建哉
岡畠鉄也
五十嵐淳之
企画
水上繁雄
企画プロデュース
椿宜和
プロデューサー
二宮直彦
撮影
江原祥二
照明
杉本崇
録音
鶴巻仁
美術
瀬下幸治
衣装
加藤哲也
へアメイク
齋藤恵理子
サウンドデザイナー
柴崎憲治
編集
廣志良
音楽
岩代太郎
演奏
五嶋龍
長谷川陽子
東京フィルハーモニー交響楽団
特撮
三池敏夫
VFX監督
三池敏夫
スクリプター
幸縁栄子
キャスティング
椛澤節子
技術指導
平野勝昭
ラインプロデューサー
梶川信幸
音楽プロデューサー
小野寺重之
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 日本アカデミー賞(2021年)

受賞

最優秀監督賞 若松節朗
最優秀助演男優賞 渡辺謙

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀脚本賞 前川洋一
最優秀主演男優賞 佐藤浩市
最優秀助演女優賞 安田成美
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5現場の人間を見つめる作品

2020年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この作品を鑑賞する際には、まず作り手がどのポジションから原発事故を描いているのかを確認する必要があるだろう。本作は徹底的に東日本大震災が起きてからの福島原発の現場にフォーカスしている。原発事故が起きる以前にどんな対応や予算が組まれていたのかなど、原子力政策全体を俯瞰して語るポジションを採用していないし、事故当時の官邸側にも立っていない。一本の映画で全てを語ることは不可能だ。だから、この映画は徹底して現場を見つめるという選択をしている。あの現場がどのような混乱の中で、誰がどのような決断を迫られたのか、混沌した状況がよく描かれている。組織のあり方やリーダーの指導力などについても考えさせられる作品だ。
これを観て改めて思うのは、原発が一度制御不能になれば、人間にコントロールするのは難しいのだと言うこと。コントロールできない力を使い続けることを良しとするのか、そういうことを訴えかける作品ではないか。

コメントする (0件)
共感した! 30件)
杉本穂高

4.0日本人としてずっと対峙し続けなければならない映画

2020年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原発問題は何ら収束していない。私が本作と向き合う時、自身が一体どのような感情へいざなわれるのか、恐ろしくさえあった。いちばん避けたいのは、何か安易な感動に涙して、そこで示された着地点に満足してしまうこと。そうなったならばもうおしまいだと思った。自分も。この映画も。ただ本作はそのようなものではなかったと思う。

9年前、TV中継を目にする私は、あそこに命がけの人々がいることを知りながら、頭でその意味を理解するのを避けていたように思う。本作は等身大の人間の行動や感情を突きつけ、同じ血の通った人々が身を投じていたことを改めて伝えてくれる。見ていて怖かったし、結果が分かっているのに震えた。もちろんこれは状況のほんの欠片に過ぎない。他にも様々な立場の方々がいらっしゃるし、本作についても様々な感想や指摘があるはず。我々は今後もできる限り「知りたい」と求め続けねばならない。そう強く感じさせる一作だった。

コメントする (0件)
共感した! 37件)
牛津厚信

3.0思い出したくはないけど、決して忘れてはいけないあの日

2024年2月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

2011年(平成23年)3月11日14時46分
あの出来事が始まった。

仕事場から出ると、外の道路は大勢の人、まるでラッシュ時の駅前の様だった。
都内にいても大変な揺れではあったけど、まだあの時はその後の状況はわからない状態だった。
夜、何とか家に着きテレビを見ると想像を絶する映像に「これは映画か?」あまりにも理解できないほどの映像に頭は混乱していた。そして次から次へ続く余震の中、津波・火災・コンビナートでの爆発などの映像が次々と映され自分の中で全く処理できていなかった。そして福島原発事故のニュースもやっていたが序盤はそこまで緊迫してはいなかった、少なくとも「メルトダウン」という言葉は私が観たメディアでは伝えられてなかった、しかしその報道が間違いだったと知るのはだいぶ後だった。

たまたまガソリン満タンだった車で職場まで行った。その車中のラジオ放送で「もうすでにメルトダウンが起きていてもおかしくありません、このラジオを聴いてる方はなるべく遠くへ避難してください」その信じられない様な内容は関西の大学教授が発していた話だった。テレビ報道では伝えていないメルトダウンという言葉に、昔観た映画「チャイナシンドローム」のことを思い出した。もし本当にメルトダウンしたら福島どころではなく東京も壊滅じゃないか・・・言葉を失った。
真剣に関東から離れる事も考えたが、心の何処かで大丈夫だろうという根拠のない気持ちと共に、何か自分にもできることがあるんではないか?逃げる事より対決する気持ちが湧きわがったのはいわゆるハネムーン期というやつだろうか、職場でも「俺が原発まで行ってくる」という奴まで出てきた。何の手助けにもならないだろうがみんなどこかおかしくなっていたのは間違いない。

そして、地震から数年後
NHKスペシャル 原発メルトダウン 危機の88時間という、福島原発であの当時何が起きていたかを検証したドキュメンタリ、事態が最も深刻化した“88時間”を徹底再現したドラマは衝撃だった、吉田所長役は大杉漣さん。
あのドキュメンタリータッチのドラマよりは若干ドラマ的な作りではあるが、当時の現場のリアルな雰囲気を伝えている貴重な作品。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
菊千代

4.0首相誰だっけ?

2024年2月10日
iPhoneアプリから投稿

福島の住人を含めた事故全体を描くには足りない部分も感じるけれど
あの時、あの現場でどういう状況だったのかだけに焦点をあてて
語り継ぐために必要な映画だと思います

あの時の私は夜中であっても原発に何かあったら
おしまいと思ってテレビの生中継を一晩中つけながら
リビングに布団を敷いて家族でねていました。

映画をみて、佐野史郎さん演じる
この国の首相があまりにもダメな人で実際には誰だっけーー?って考えたけどしばらく思い出せなかったよ。

#枝野寝ろ がトレンド入りしてたよね、、、

社員だから当たり前とは思わない。全ての作業員さんに感謝です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
猫柴
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る