ピータールー マンチェスターの悲劇

劇場公開日

  • 予告編を見る
ピータールー マンチェスターの悲劇
10%
40%
27%
21%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「秘密と嘘」「ヴェラ・ドレイク」などで知られるイギリスの名匠マイク・リーが、19世紀初頭のイギリスで起きた事件「ピータールーの虐殺」を映画化。1819年、ナポレオン戦争後で困窮のさなかにあるマンチェスター。深刻化する貧困問題の改善を訴え、政治的改革を求める民衆6万人がセント・ピーターズ・フィールド広場に集まった。鎮圧のため派遣された政府の騎馬隊は、非武装の群衆の中へ突入していく。多くの死傷者を出し、イギリスの民主主義において大きな転機となったこの事件の全貌を、リー監督が自ら執筆した脚本をもとにリアルに描き出す。出演は「007 スペクター」のロリー・キニア、「博士と彼女のセオリー」のマキシン・ピーク。

2018年製作/155分/G/イギリス
原題:Peterloo
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ベネチア国際映画祭(2018年)

出品

コンペティション部門 出品作品 マイク・リー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Amazon Content Services LLC, Film4 a division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2018.

映画レビュー

3.5まさかマイク・リーがこれほど巨大なスケールに挑むとは

2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

巨匠マイク・リーはいつも、人と人との交流や摩擦の中でほとばしる一瞬のリアルな空気を逃さない。そんな彼が時代劇を撮るようになったこと自体びっくりなのだが、さらにこの映画のクライマックスとなるピーターズ広場での虐殺シーンはあまりにスケールが大きく、かつ壮絶さと無慈悲さと無念さが相まって、全く言葉が出なくなってしまうほどだ。

事件に至るまでの道筋を、リーは独特なペース配分の人間ドラマとして丹念に描いていく。それは一見すると朴訥で、地味にさえ思えるかもしれないが、しかしシーンを重ねるうちに登場人物の素の表情が窺い知れて、少しずつ愛着がわいていく。そうやって点描されてきた人々が、いつしか運命のピーターズ広場にて一堂に会し、それぞれの立場で虐殺を目の当たりにする。あの朴訥とした表情が悲鳴と苦しみに変わる恐怖。本作を目撃した我々が痛感する無念な気持ちこそ、民主主義の根幹をなすものであることは明らかだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

4.0女の子たちもピクニック気分で集会に参加してるのが印象的

kossyさん
2019年11月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 冒頭ではジョセフという青年がナポレオンとの戦争で生き残った姿を描いていた。進軍ラッパを吹き鳴らし、重傷を負い、倒れそうにながらも自宅へと帰路につく。ジョセフがボロボロになった赤い軍服を最後まで着ているのだ。そして、雄弁な改革派の論壇ヘンリー・ハントが演説を始めようとしていた。

 大集会が始まるまではかなり退屈だったし、登場人物がやたらと多いし、全く覚えきれない前半から中盤。目立っているのがヘンリー・ハント(ロリー・キニア)とジョセフだけなので、ご覧になる方はこの二人だけでも覚えておいた方がよさそうだ。ジョセフという名の人物ももう一人いるからややこしい・・・

 集会にいたる原因も、疲弊しきった庶民の生活。食料不足、高い失業率、そしてマンチェスターを中心とするランカシャー地区選出の庶民院議員が2人しかいないという1819年の状況。大工場が立ち並ぶ光景はいかにも産業革命後のイギリス!といった雰囲気なので、タイムスリップした感覚に陥ってしまいます。時代が時代だけに成年男子の選挙権を認めさせようという運動がメインだ。今の日本だったら一票の格差がかけ離れているとして、即憲法違反の判断がなされるのだろう。

 何といっても行進をかねた集会参加の様子が素晴らしい。みんな楽しそう。ラッパ楽隊の楽器も当時を再現したのか、見たこともない形をしている。そして広場には6万人。背景には巨大煙突が立ち並ぶ工場群。そしてモブシーン。拡声器もない時代ではどんな演説を見せてくれるのかとわくわくしてしまうのですが、あ、案外しょぼい。でも、群衆の心が一つになるかのような、そんな瞬間があったのだ。そしてメインのハントの演説も数分で遮られ、自然発生的とも言えるくらいの義勇団の鎮圧行動。サーベルを振り回し、何人もの一般人が斬り付けられる。さらに政府直属の騎馬隊もそれに続く。

 負傷者400~700人。18人が死亡するというイギリスの黒歴史が刻まれた。現在の香港のデモにおいてもそうだが、無血革命を試みても武器を持った軍隊・警察が押し寄せてくる。軍隊とは国民を守るために存在しているのではない!国体を維持し、戦争をするだけなのだ!こうした歴史が証明してくれるはずであり、現代に置き換えても同じことを繰り返しているのだとわかる。それを描いた映画も凄いが、予算の関係やエキストラの都合にも苦労が見られるし、退屈な場面はカットしないと観客も疲れるよ・・・

 ちょっとわからなかったのがジョセフの生死。ナポレオンとの戦争で生き残ったのに、こんな虐殺事件であっという間に殺されたという皮肉も描きたかったのだろうから、“死”の方に15シリングだけベットします。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.0イングランドの悲しい民衆の歴史

kubonbichさん
2019年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

ヒーローのいないイングランドの悲しい歴史劇

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kubonbich

3.0身内殺し

mikyoさん
2019年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画は200年たって、この事件をそれなりに知ってる人、主に自国民に向けられているのではないかと思う。ヘンリー・ハントとかジョゼフ・ジョンソンとかの名前を聞いて、あの俳優さんがあの人演じるのか、と思えるような人に向けられていると。

英国というと、アイルランドとかスコットランドとか、今United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandといわれている国内でも紛争には題材には事欠かないが、これはマンチェスターというイングランドの北部で起きていて、より身内感が強い。

wikiを見ると、ピータールーの虐殺の犯人はマンチェスター・アンド・サルフォード義勇騎兵団とある。地元のボランティアパトロールというところか。彼らは警察ではない。正規な軍でもない。(映画の中ではそれも出てくる。)

自分たち地元のボランティアのパトロール部隊に自分たち一般市民が殺されるという事件。200年という年月が過ぎて、「で、どうよ」、と自国民に問いかけているんじゃないだろうか。

ただ、多分事件をあまり知らない層には「これは誰だろう?」となりいろんな人が出てきても「わー」とならないので多分あまり面白くない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る