マイク・リー

マイク・リー
英語表記
Mike Leigh
誕生日
1943年2月20日
出身
イギリス/マンチェスター

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

イギリスを代表する映画監督のひとり。英マンチェスターに生まれ育ち、ロンドンの王立演劇学校とロンドン・フィルム・スクールで学ぶ。長編監督デビュー作「Bleak Moments(原題)」(71)でロカルノ国際映画祭金豹賞などを受賞。その後、演劇界、TV界で活躍し、1980年代後半から映画製作をメインに活動する。93年の「ネイキッド」でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞し、「秘密と噓」(96)で同映画祭の最高賞パルムドールに輝いた。その後、「ヴェラ・ドレイク」(04)ではベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。「ネイキッド」と「ヴェラ・ドレイク」は、両作ともアカデミー監督賞、脚本賞にノミネートされ、「トプシー・ターヴィー」(99)、「ハッピー・ゴー・ラッキー」(08)、「家族の庭」(10)も同脚本賞の候補となった。近年の監督・脚本作に「ターナー、光に愛を求めて」(14)、「ピータールー マンチェスターの悲劇」(18)など。あらかじめ決まった台本を用意せず、現場で俳優たちと即興でせりふをつくる独自のスタイルで知られる。

関連作品(映画)

マイク・リーの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

マイク・リーの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

マイク・リーの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

マイク・リーの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「マイク・リー」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る