マイク・リー : ウィキペディア(Wikipedia)

マイク・リーMike Leigh, OBE, 1943年2月20日 - )は、イギリスの映画監督・脚本家・舞台監督である。即興理論を取り入れた独特の作品で、パルム・ドール、金獅子賞をはじめ数多くの賞を受賞している。

略歴

ロンドン芸術大学のキャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ出身。

1970年代までは主に演劇界で活動し、1980年代後半から長編映画に軸足を移し始める。

カンヌ国際映画祭では1993年に『ネイキッド』で監督賞、1996年に『秘密と嘘』でパルム・ドールと2度受賞している。『ヴェラ・ドレイク』で金獅子賞を受賞し、ヴェネツィア国際映画祭でも最高賞に輝いた。アカデミー賞の受賞はないが監督賞・脚本賞などで計7回ノミネートされている。第62回ベルリン国際映画祭で審査委員長を務めた。

2015年にはイングリッシュ・ナショナル・オペラの依頼で、ギルバート&サリヴァンのオペレッタ「ペンザンスの海賊」(指揮:デイヴィッド・パリー)を演出し、その後ヨーロッパ3カ国(ルクセンブルク、仏カン、独ザールブリュッケン)でも上演された。

特徴

ほとんどの作品で脚本を使わず、俳優たちと一緒に数週間かけて各々のキャラクターを作り上げ、ほぼ即興かのように演じさせる。

ジャン・ルノワールサタジット・レイをお気に入りの監督として挙げる。小津安二郎の影響も指摘される。

特定の俳優と複数回にわたって仕事をし、数多くの演技賞をもたらすことで知られる。

  • デイヴィッド・シューリス(『ネイキッド』) - カンヌ国際映画祭 男優賞
  • ブレンダ・ブレッシン(『秘密と嘘』) - カンヌ国際映画祭 女優賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞
  • ジム・ブロードベント(『トプシー・ターヴィー』) - ヴェネツィア国際映画祭 男優賞
  • イメルダ・スタウントン(『ヴェラ・ドレイク』) - ヴェネツィア国際映画祭 女優賞、英国アカデミー賞 主演女優賞、ヨーロッパ映画賞 女優賞
  • サリー・ホーキンス(『ハッピー・ゴー・ラッキー』) - ベルリン国際映画祭女優賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞
  • ティモシー・スポール(『ターナー、光に愛を求めて』) - カンヌ国際映画祭 男優賞

監督作品 (劇映画のみ)

  • Bleak Moments(1971年)
  • Meantime(1984年)
  • Four Days in July(1985年)
  • ハイ・ホープス High Hopes(1988年)特別上映のみ
  • ライフ・イズ・スイート Life Is Sweet(1991年)
  • ネイキッド Naked(1993年)
  • 秘密と嘘 Secrets & Lies(1996年)
  • キャリア・ガールズ Career Girls(1997年)
  • トプシー・ターヴィー Topsy-Turvy(1999年)TV放映のみ
  • 人生は、時々晴れ All or Nothing(2002年)
  • ヴェラ・ドレイク Vera Drake(2004年)
  • ハッピー・ゴー・ラッキー Happy-Go-Lucky(2008年)
  • 家族の庭 Another Year(2010年)
  • ターナー、光に愛を求めて Mr. Turner(2014年)
  • ピータールー マンチェスターの悲劇 Peterloo(2018年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/09/19 14:34 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「マイク・リー」の人物情報へ