劇場公開日 2019年8月9日

「まさかマイク・リーがこれほど巨大なスケールに挑むとは」ピータールー マンチェスターの悲劇 ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5まさかマイク・リーがこれほど巨大なスケールに挑むとは

2019年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

巨匠マイク・リーはいつも、人と人との交流や摩擦の中でほとばしる一瞬のリアルな空気を逃さない。そんな彼が時代劇を撮るようになったこと自体びっくりなのだが、さらにこの映画のクライマックスとなるピーターズ広場での虐殺シーンはあまりにスケールが大きく、かつ壮絶さと無慈悲さと無念さが相まって、全く言葉が出なくなってしまうほどだ。

事件に至るまでの道筋を、リーは独特なペース配分の人間ドラマとして丹念に描いていく。それは一見すると朴訥で、地味にさえ思えるかもしれないが、しかしシーンを重ねるうちに登場人物の素の表情が窺い知れて、少しずつ愛着がわいていく。そうやって点描されてきた人々が、いつしか運命のピーターズ広場にて一堂に会し、それぞれの立場で虐殺を目の当たりにする。あの朴訥とした表情が悲鳴と苦しみに変わる恐怖。本作を目撃した我々が痛感する無念な気持ちこそ、民主主義の根幹をなすものであることは明らかだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら
「ピータールー マンチェスターの悲劇」のレビューを書く 「ピータールー マンチェスターの悲劇」のレビュー一覧へ(全21件)
「ピータールー マンチェスターの悲劇」の作品トップへ