PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」

劇場公開日:

解説

Production I.Gのオリジナル作品で、人間の心理状態を数値化し管理する近未来を舞台に、罪を犯す前の「潜在犯」を追う刑事たちの戦いを描いた人気テレビアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版3部作の第1弾。2117年冬、公安局ビルに暴走車両が突入する事件が起きる。運転手は青森にある潜在犯隔離施設「サンクチュアリ」で心理カウンセラーを務める夜坂泉だったが、取り調べ直前に即時送還が決定する。監視官の霜月美佳は夜坂を送還するため、執行官の宜野座伸元らと共に青森へ向かうが……。テレビ版と15年公開の劇場版も手がけた塩谷直義が監督を務め、Production I.Gがアニメーション制作を担当。ノベライズ版「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」の著者・吉上亮が脚本を手がけた。

2019年製作/59分/PG12/日本
配給:東宝映像事業部

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)サイコパス製作委員会

映画レビュー

3.0敵役にもっと魅力があれば

2019年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

人気シリーズのサイドストーリーだが、世界観は本編と同じで、雰囲気も引き継いでいる。このcase1に関しては、物語の展開がやや強引で、敵役に魅力が足りないのがやや残念なのだが、こういうハードSFは最近少ないので、新鮮だ。

潜在犯の危険な現場での利用、というのはいかにもこの世界ではありそうな話であって、本編ではあまり語られなかった部分でもあるので、サイドストーリーでのこの補完で、この作品世界のディストピア感と現実感を向上させるのに一役買ったといえる。

霜月が監視官として成長している様が描かれていて嬉しいし、彼女の正義感も垣間見れる。そして、案外「大人の手打ち」もできるということも描かれている。PSYCHO-PASSはこういう清濁併せ呑んだ物語がやはりよく似合う。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
杉本穂高

3.0鑑賞動機:今更テレビシリーズを観てハマった10割。

2022年12月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

霜月も少しずつ成長してるということで。ただこの規模でやるエピソードかは疑問。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

3.0悪い意味でわかりやすい

2021年8月1日
iPhoneアプリから投稿

サイコパスらしからぬ、わかりやすストーリーです。
もちろん悪い意味で。

アンパンマンのような勧善懲悪です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
こんにょ

3.0世界を舞台にするよりもこういう問題に立ち向かうのがいい

2020年12月19日
スマートフォンから投稿

個人的に映画1作目やアニメシリーズのシーズン3のように世界の問題に発展するよりも、国内で起きるこういったシビュラシステムによって生まれる陰の部分にフォーカスを当てた作品が好きです。

1時間で上手くまとまっており、施設に収容された潜在犯たちが捨て駒のように汚れ仕事をするという部分は今まで題材になかったのでこういう1面もあるよなぁと考えせられました。
他の方の仰るようにキャラクターがイマイチは否めませんが宜野座さんがかっこいいので良しとします。。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
21世紀

他のユーザーは「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」」以外にこんな作品をCheck-inしています。