タクシー運転手 約束は海を越えて
ホーム > 作品情報 > 映画「タクシー運転手 約束は海を越えて」
メニュー

タクシー運転手 約束は海を越えて

劇場公開日

解説

1980年5月に韓国でおこり、多数の死傷者を出した光州事件を世界に伝えたドイツ人記者と、彼を事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話をベースに描き、韓国で1200万人を動員する大ヒットを記録したヒューマンドラマ。「義兄弟」「高地戦」のチャン・フン監督がメガホンをとり、主人公となるタクシー運転手マンソプ役を名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役を「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマンが演じた。1980年5月、民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」というドイツ人記者ピーターを乗せ、光州を目指すことになったソウルのタクシー運転手マンソプは、約束のタクシー代を受け取りたい一心で機転を利かせて検問を切り抜け、時間ギリギリにピーターを光州まで送り届けることに成功する。留守番をさせている11歳の娘が気になるため、危険な光州から早く立ち去りたいマンソプだったが、ピーターはデモに参加している大学生のジェシクや、現地のタクシー運転手ファンらの助けを借り、取材を続けていく。

キャスト

作品データ

原題 A Taxi Driver
製作年 2017年
製作国 韓国
配給 クロックワークス
上映時間 137分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

韓国現代史上最大の悲劇を題材に、笑いも交え感動作に仕立てた監督の離れ業
タクシー運転手 約束は海を越えての映画評論・批評

光州事件が起きたのは1980年5月。前年の朴正煕大統領暗殺から、非常戒厳令、粛軍クーデターなどが立て続けに起きた韓国の激動期、同国南西部の光州で民主化を求める20万人規模の市民デモに軍が発砲し、多数の死傷者を出した。さて、韓国現代史上...タクシー運転手 約束は海を越えての映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全93件)
  • 日本人記者は、知っていたはず。 日本にいるドイツ人記者が韓国の戒厳令について、 日本で知り、韓国の光州へ取材に向かいました。 この映画を鑑賞してドイツ人記者よりも、日本人記者の ほうが、この光州事件を世界に報道できる可能性は高... ...続きを読む

    ノリック007 ノリック007さん  2018年12月9日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 人情の厚さが胸を熱くさせる 映画としてとても面白かった。 ベースになる光州事件が僕が生まれる2年前、 約40年前にあったなんて信じられなかった。 日本で言う学生運動か、 と思っていたら軍は怪我人や無抵抗の住民を撃って行く ... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2018年12月3日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 面白かった 結構長めの映画だけど、あっという間に感じた。 コメディーチックな日常からハードな非日常へとグラデーションになっていて、その中でただ無関心だった小市民だったソン・ガンホが、ドイツ人記者や光州の仲間... ...続きを読む

    青空ぷらす 青空ぷらすさん  2018年11月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「タクシー運転手 約束は海を越えて」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi