タクシー運転手 約束は海を越えて(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

タクシー運転手 約束は海を越えて

劇場公開日 2018年4月21日
65件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

勇敢なタクシー運転手

勇敢なタクシー運転手の行動は素晴らしいが感情移入は出来ず。途中の展開も退屈でzzz…時間も長く感じた。残念ながらこの作品の良さを感じることが出来なかった。
2018-193

隣組
隣組さん / 2018年10月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真実を追求しよう

とする究極のドキュメンタリー。講釈は必要ないんじゃないかな?
韓国映画では珍しく、脇役の方の印象が強いです。
明日、1987も観に行きます!

Miyan
Miyanさん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何が変わる?

嬉しい涙も感動の涙もあったけれど、鑑賞後のもやっとした違和感は悔しすぎて止まらなかった涙のせいだと思う。

ゆき
ゆきさん / 2018年9月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごかった!

それほど期待もせずに見たのですが、中盤からずっと、涙が止まらなくなるような、何度も叫びたくなるような、本当に感情を揺さぶられる、すごい映画でした。

s-i-n-g
s-i-n-gさん / 2018年9月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

知らなかった隣国の史実

1980年5月に起こった「光州事件」を描いた韓国映画。
どこまでが史実かは分からないけど、韓国映画らしい迫力とアツさに溢れていて、胸がいっぱいになった。

だらしなくてしょーもなくて憎めない、ソン・ガンホの「小市民のオッサン」感が本当に素晴らしく、それがあるから観客はこの重いテーマをエンターテイメントとして受け入れられるし、事件の凄惨さや後半の彼の葛藤や苦悩もより引き立つように思う。

私はこの事件についてほとんど知識がなかったので、映画を見てからネット記事などで背景を少し読んだ。
今やアジア有数の民主主義国で、日本以上に開かれているようにすら思える隣国が、ほんの40年前まで民主化運動でこんなに苦しんでいたとは…今となっては信じがたい。

そして、この事件が世界中で報道されるようになっても、国内では長年正しい情報が伝えられず、今でも真実について不確実な点が多いらしい。

自国の民衆にためらいなく銃口を向け、丸腰の市民を棍棒で殴る軍人たちに葛藤はなかったんだろうか。
市民側には自分の家族や友達や知り合いがいるとは思わなかったんだろうか。

それにしても、彼のいいかげん英語でのいいがげんなコミュニケーション、「うまく話さなきゃ」とおどおどして口ごもってしまう私には羨ましい限り…。

hhelibe
hhelibeさん / 2018年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

悲劇だけ描いていないけど。

一般韓国映画の特徴かもしれないけど、悲劇を悲劇だけ描かず家族愛やユニークな脇役キャラたちを実話に再構成させて、思った以上のエンタメ作品に仕上がってたかな。

おぎゃん
おぎゃんさん / 2018年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ソンガンホに脱帽

笑いあり、涙ありで飽きさせないストーリー展開、そしてソンガンホの演技には脱帽しました。往年の渥美清みたいでしたねえ。

コモドドラゴン
コモドドラゴンさん / 2018年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

緑色は自由の色

主役はちょっと昔の緑色のタクシーだ。
スピードもあんまり出なそうだし、馬力も大きくなくて、わりとすぐ具合が悪くなる。
だけど、何でも手動で、メカニカルな楽しさと自由度は今の車よりずっと高い。車に乗せられてる感より、乗ってる感を存分に味わえることでしょう。

緑色は自由の象徴だ。仲間のために疾走するちっちゃな緑色のタクシーは、そのままあの頃の市井の人々だと思った。

20年後、ソン ガンホの運転するタクシーは小綺麗だけどなんだか均一化されたような印象の車だった。

私は自分と照らし合わせ、はたと思った。心の中はいつまでも緑色のタクシーでありたい。

Raspberry
Raspberryさん / 2018年8月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

胸熱

地元のタクシー運転手たちが一丸となる場面にはとにかく胸が熱くなった。
グッと来て気づいたら涙が流れてた。
久しぶりに良い涙流してスッキリ。

R。
R。さん / 2018年8月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

世界の眼

「韓国ほど住みやすい国はない。親に金を出してもらって勉強するために大学に入ったのに、デモなんかするなんてバカバカしい。」みたいなことを言ってるソウルのタクシー運転手の眼から見た世界の光景が、ものすごいテンションとスピードで変わってゆく。軍事政権が市民を凄惨な暴力で弾圧し、マスメディアを統制し、嘘の情報で世論をコントロールする腐りきった世界が、彼のナイーヴな世界の幻想を塗り替えてゆく。その丁寧な描写が素晴らしかった。
タクシー運転手達の、生活感とプライドと愛をあぶり出すような会話とアクションにも胸を打たれた。
過去の政治の酷い過ちを描くことで、世界の今を鋭く批判する。今の日本の映画界にこのような作品を産み出す知性と力があるだろうか?

manambo
manamboさん / 2018年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

盛り過ぎはマイナス。

久し振りの韓国作品(DVDの「フェイク」以来、嗚呼「新感染」も封開けてないや)、
しかも久し振りのガンホ兄貴、ハズレの訳はな買った期待通りの一本。
十二分に映画として良作なのだが、「事実を基にした」という点では終盤30分辺りからの演出が過剰でクドく感じてしまったのが残念。
兄貴が聖人君子ではない小市民を見事に演じているだけに、余計に。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2018年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歪んだ国家vs人の温かさ

大雑把な描きでも、脚色していても、この作品に込められた思いはストレートに伝わってくる。この映画、素直に受け入れる。今ある自由は、あまりにも大きな犠牲を払ってのこと。ほんの38年前に悲惨な出来事が、隣の国で起きていたことを改めて知ることができた。日本が経済的に浮かれていた頃、広州では軍が市民に銃を向けていた。映画では、広州市民の人間的なあったかさが随所に描かれているのが救われる。それと主演のソン・ガンホの表情に好感。

にっしん
にっしんさん / 2018年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

#タクシー運転手_約束は海を越えて 悪いけど史実は凄いがこの #映...

#タクシー運転手_約束は海を越えて
悪いけど史実は凄いがこの #映画 は凄くない。既視感連打ゆえか長く感じた2時間強に付き合ったのは #ソンガンホ を見続けたかったからだ。同種 #デトロイト より格段に良いのはソンガンホのお陰だ。映画を一人で輝かせる稀有な俳優。年テン下位。
@taxidriver0421

きねまっきー
きねまっきーさん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすが!

我が韓流スター、ソン・ガンホにハズレなし!序盤は軽快に物語が進んでいき、中盤、終盤と進むにつれ、重く深い人間ドラマになっていく。映画的演出がかなり加えられているとは思うが、この展開はグッと胸に迫ってくる。

Shige12
Shige12さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

近い将来朝鮮半島は赤化統一される!

今韓国では北朝鮮宥和派のムン・ジェインが大統領を務めているため、保守派の大統領であったイ・ミョンバクとパク・クネを逮捕して裁判を行っている。
ムンの師匠に当たる左派大統領だったノ・ムヒョンは検察の手が及びそうになり自殺したが、2人の公判開始日をわざわざ1年違いでノの自殺した5/23にしているので、復讐の意味合いまでこめている。

さらに本作の主題となった光州事件で住民を虐殺した罪で、ムンはチョン・ドファンとノ・テウの2人の軍事政権大統領をも時代を遡って裁いた。

本作では、善良で無抵抗な市民が一方的に軍に殺されているように描かれているが、実態は違う。
たしかに市民の死者は150人を超えるが、市民の一部が暴徒化して武器庫を襲って武器を奪い軍人や警察官にも少なからず死者が出るなど、なかば内戦状態に拡大している。
映画の演出も扇情的なので、本作だけを見れば軍はなんとひどいのか?当時の大統領のチョンはなんとひどい大統領なのか?とすりこまれそうである。
光州事件の市民運動は民主主義の名を借りた暴力革命に近い動きなので、当時から今まで北朝鮮の関与が疑われている。

『みずきの女子知韓宣言』という人気ブログがあり、韓国の記事とそれに付いたコメントを日本語に翻訳、掲載している。
このブログでは、現在の韓国の現状を憂えるバンダービルドというハンドルネームの韓国人の投稿をよく掲載しているのだが、それによると韓国で観客動員数1000万人以上の映画16本のうち、7本が反日か左翼傾向の映画だという。
もちろん本作は左翼映画として分類されていた。
なおバンダービルドの投稿は韓国は右派左派問わず全員が反日なので自由主義陣営の国家として恥ずかしいし、反日ではない韓国人の自分は韓国で生きるのがつらいといった内容である。

光州がある全羅道は韓国でも左翼傾向が強い地域として保守的な韓国人から嫌われていることをこのブログを通して学んだ。
実際に現在70%以上の支持をほこるムンでさえ、保守的な政策を掲げると全羅道でだけ15%ほど支持率が下がるらしい。

ムン政権のもと本作のような左派映画が大手を振って制作されているところを見ると、朝鮮半島は北朝鮮主導で統一されていく過程にあると見てまず間違いない。
また在韓米軍の動きもそれを裏付ける。
先日63年ぶりに司令部を竜山基地から50キロ南の平沢基地に移動させ、徐々に他の部隊も移し2020年までに100%移転させるようだ。
平沢は三方を川に囲まれている上、不自然なほど水泳施設や野球場・バスケ場・ゴルフ場が数多く設置されただだっ広い敷地のようで守りやすいとの話があるし、移転にともない人員の削減は大きく考えられる。
おそらくアメリカは韓国に自由主義の防波堤としての役割をもはや期待していないのだろう。
北朝鮮に対して主戦派といわれるボルトンはかねてから在韓米軍の撤退を主張している。
なぜなら在韓米軍があると北朝鮮を攻撃しても米軍基地に報復されるおそれがあり、人質みたいなものだからである。

どれほど先になるかは判然としないがいずれは共産主義の防衛ラインは38度線から対馬まで後退するだろう。
現在の日本国民にその意識があるかははなはだ疑わしいが、時計の針は回り始めた。
北朝鮮と韓国という2つの反日国家が1つの強力な反日国家になるから、我が国も今以上に強気で対応していく必要は出てくるだろう。
トランプ政権の間は北の核兵器は日本向けというよりもチャイナ牽制の意味合いが強いのでそこまで心配する必要はなさそうだが、わが国としては北朝鮮を口実に核武装する(「核武装する」と宣言して牽制する)チャンスではある。

現在ほとんどの韓国人は韓国主導の朝鮮半島統一を夢見ているし、日本人の一部も平和統一がされるかもしれないと淡い期待を抱いているが、アメリカが韓国を見捨てて北朝鮮を有効利用し始めただけである。

なお本作を観た日はたまたま『オンリー・ザ・ブレイブ』『ゲティ家の身代金』と史実を基にした作品を3本続けざまに観た。
最近はこの手の史実系作品では映画の始まる前に必ず「史実に基づく」とことわりが入るようになったし、エンドロールを見ていると一番最後に「事実から触発されて一部はフィクションである」といった内容が書かれていたりする。

「事実と違う」という批判をあらかじめ排除するための口実だが、逆を言うならどこが史実と改変されているかに作者の意図が読めるということである。

本作であれば市民が武器庫を襲って武装して軍人や警察官を殺したことだろう。
また市民だけが血の通った人間で、軍人には血も涙もないこともそうだろう。

映画はあくまで映画であり、本作のように国粋主義とは真逆のプロパガンダも世の中には存在する。

曽羅密
曽羅密さん / 2018年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

韓国映画がならではの現実味

こんな作品に軍は協力したのかな邦画でこう言った作品を作ろうにもそう言った事実は起こり得ないので不可能 フィクションなら劇画風になりしらける 彼は結局その後も名乗り出る事はなく今だ行方不明なのでしょうか?なぜ偽名を使って記者から避けようとしたのか当局の報復を恐れこれ以上関わりを避けただけ?でもどうして簡単に出国出来たのか?

ゆたぼー
ゆたぼーさん / 2018年6月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ソン・ガンホの顔面演技

 光州事件。韓国の現代史における一大トピックとして名前だけは知っていた。だがしかし、当時の政府による一般市民への弾圧がこのようなものだとは思いもしなかった。丸腰の人々に向かって、自国の軍隊が発砲するなどという、想像するだけでも恐ろしい事態を、映画は映像化している。衝撃的だ。
 このようなそら恐ろしい状況下で、理性を失わず、ユーモアも失うことのない地元の人々の姿に圧倒される。本当に強い者とは、ここにいる人々なのだと。
 理性的な議論、信頼を生み出すユーモアが失われて久しい我が国のマスコミ文化とは対極にある。
 歴史の悲劇であり、民主化の記念碑とも言える光州事件を題材にとることは、ともすると映画を堅苦しいものにするか、それとも一つの政治思想に肩入れするだけのプロパガンダに堕ちてしまうかの、どちらかになりそうである。
 これらのリスクを無化しているのが、名優ソン・ガンホである。彼の大きな顔が芝居をするとき、韓国のみならず、この隣国においても、「いるいるこういう韓国のおっさん」という気分にさせてくれる。
 ドイツ人記者が韓国を再訪したときに、このタクシー運転手との再会が果たせなかった。このことの本当の事情は誰にも分からない。
 だが、きっとどこかでタクシーを運転しながら、記者の健在を喜ぶというエピローグで終わる。この終わり方を納得させるのもまた、ソン・ガンホの存在あってのことであろう。
 弱さ、ユーモア、悲しさ、喜び、全てが炸裂する。正直で率直な快演だ。

よしただ
よしたださん / 2018年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

韓国映画。

テンポいいしキャラクターがいいし…
みんな自分の精神の元に生きてるって感じがよいです。
国民に武器を向ける異常感がすごい。
でも非道な武力行使や、記者の働き、タクシー運転手の活躍など知っとかなきゃいけない内容だと思う。

スベスベマンジュウガニ
スベスベマンジュウガニさん / 2018年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても面白かった。いいバランス

観てよかった。
カタルシスのある映画だった。
出だしは少しうとうとしてしまったが、それでちょうどよいくらいの密度があった。
光州での軍による民衆弾圧(殺戮という悲劇)を舞台の中心に据えながら、その深刻さや恐怖だけに押し込めず、庶民の生活をベースにしたストーリーがよかった。
封鎖された光州から逃げられるかという脱出劇のスリルとサスペンス、社会派映画としての体制糾弾、庶民の暮らし その中でも父娘の愛情を描くハートウォーミング、それら3つのバランスがちょうどよいのだろう。
そしてその中でいちばん根底にあるのが、家族の為に必死に生きる庶民 だってところがこの映画の人気の秘密だと思う。
だからこそ、ストーリーのテンポやアクションの派手さ、ギャグのはまり度合いなどそれぞれの点では劣っていても、この映画が自分の中では最上位のひとつにランクされるのだ。

CB
CBさん / 2018年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この7年で・・

先日の南北首脳の握手の後に、この映画を見ると、なんともいえない気持ちになる。時の軍事独裁政権下で、民主化を目指した一般の市民は、アカと謗られ「虐殺」されていく・・。

銃を手にした者たちが正当性を隠れ蓑に、その邪気をそれとは異なる者たちに向け、彼らを「敵」とみなした時、いつの時代も悲劇は始まる。

『光州5・18』では市民蜂起として、銃を持つ市民が描かれていた。
しかし、この映画では、市民は完全に丸腰だ。この7年でこの国の光州に対する見方も変わってきたのだろう。
この映画は、一回のタクシードライバーという側面から見たもので、「ソウルの春」も「三金」も描かれてはいなかった。いやそもそも、全斗煥の粛軍クーデターさえ登場していない。このあたりは、「光州事件(虐殺)」が、これから色々に「脚色」されていくことになることを仄めかしているのかもしれない。

そして、かの国では、すべてにわたって捏造と改竄が当たり前のようになっている。その上で、根幹の最高法規も変えんと主張する。このような国に、彼の国を語れる資格はあるのだろうか。

critique_0102
critique_0102さん / 2018年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

65件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi