犬ヶ島

劇場公開日:

犬ヶ島

解説

「グランド・ブダペスト・ホテル」のウェス・アンダーソン監督が日本を舞台に、「犬インフルエンザ」の蔓延によって離島に隔離された愛犬を探す少年と犬たちが繰り広げる冒険を描いたストップモーションアニメ。近未来の日本。メガ崎市で犬インフルエンザが大流行し、犬たちはゴミ処理場の島「犬ヶ島」に隔離されることに。12歳の少年・小林アタリは愛犬スポッツを捜し出すため、たった1人で小型機を盗んで犬ヶ島へと向かう。声優陣にはビル・マーレイ、エドワード・ノートンらアンダーソン監督作品の常連俳優のほか、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、オノ・ヨーコら多彩な豪華メンバーが集結。日本からも、「RADWIMPS」の野田洋次郎や夏木マリらが参加。第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映され、コンペティション部門で監督賞(銀熊賞)を受賞した。

2018年製作/101分/G/アメリカ
原題:Isle of Dogs
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:2018年5月25日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第91回 アカデミー賞(2019年)

ノミネート

作曲賞 アレクサンドル・デスプラ
長編アニメーション賞  

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作曲賞 アレクサンドル・デスプラ
最優秀長編アニメーション映画賞  

第68回 ベルリン国際映画祭(2018年)

受賞

最優秀監督賞(銀熊賞) ウェス・アンダーソン

出品

コンペティション部門 出品作品 ウェス・アンダーソン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0美しい構図の連続

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

むちゃくちゃ面白い映画だ。皮肉が効きまくっていて日本映画への愛あるオマージュにあふれていて、それでいて圧倒的な独創性がある。

この作品に対して日本の侮辱だと言う人が一部にはいるらしいが、とんでもない。日本文化が好きでよく調べていないとこういうカリカチュアはできない。

ウェス・アンダーソン監督のストップモーション作品は、「ファンタスティック Mr. Fox」があるが日本ではあまり評判にならなかった。アメリカでは多くのフォロワーを生んだ作品だったので日本でも再評価されてほしい。

本作は、ストップモーションの強みである立体感や奥行きの表現を効果的に用いている。奇想天外な世界がただの絵空事でなく、本当に存在しているかのような実在感を見事に作り出している。
構図も見事に決まっていて、監督の美学が随所に感じられるし、キャラクターもかわいい。アンダーソン作品の中でもトップクラスの作品ではないだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
杉本穂高

4.0ウェス・アンダーソン館長の手作り博物館。

2018年6月30日
PCから投稿

楽しい

正直、予告編を観た時は不安しかなかったのだが、本編を観たらほとんどすべてが杞憂に終わった。本当に細部まで丁寧に作り込まれた極上の箱庭に、エキゾチックな「日本」がこれでもかと詰め込まれている。カクカクとした動きも、名優たちによるローテンションなセリフ回しもすべてが味わいであり、これほど精巧で良質な趣味の世界を見せられると、個人所有の博物館で館長直々にもてなされ、案内してもらっているような気持になる。

ただ、ウェス・アンダーソンが日本に愛着をもってくれていることは疑うべくもないが、そのアンダーソンをもってしてもなんでもないところにキノコ雲を出してしまうのか。悪意はないだろうが軽率だなあとは思う。『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』の原爆実験のシーンでも似た歯がゆさを感じたが、いつかこの溝が埋まればいいなと思う。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
村山章

3.5ソフト鑑賞推奨

2023年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

先日観たアステロイドシティが消化不良だったので再鑑賞。

かつてのハリウッド日本よりはだいぶ歩み寄りを見せているが、それでも日本語部分の作り込みはいまひとつ。

(日本語の会話が微妙に違和感)
まぁこの作品においては、日本語は雑音扱い(犬目線)なので細かい演技は必要なく、むしろわざとたどたどしく聞こえるようにしてるのかも…

その雑音部分を日本側は聞きたいわけで…
日本を舞台にしているのに日本人にはやさしくない出来(笑)

(ハーフ子役、オノ・ヨーコの起用)
細かい演出等のニュアンスを伝えるのに英語力があると、進行がラク。
アタリ少年をカナダ日本のハーフ、ランキンが演じているのもそのせいか。
日本人の英語力がないのも原因と思う。

吹替版においても全編ではなく、所々字幕になっている(犬語変換のため)。劇場だと情報量が多すぎて理解が追いつかない。
なのでDVD等ソフトで字幕版吹替版を交互に繰り返し観るような作品だと思う。

トレーシ(グレタ→後のバービー監督)、留学生の割には日本語下手やな(笑)

コメントする 3件)
共感した! 10件)
YOU

4.0構図、色彩、その動きの全てが心地よい

2023年9月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何よりも所作が日本"的"が楽しい
犬たちのやりとりも味わい深い
なに、比喩でも寓話的でもない
この作品は物語なのだ

コメントする (0件)
共感した! 1件)
すぅ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る