劇場公開日 2018年5月25日

  • 予告編を見る

犬ヶ島のレビュー・感想・評価

3.7164
25%
51%
21%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全164件中、1~20件目を表示

4.0美しい構図の連続

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

むちゃくちゃ面白い映画だ。皮肉が効きまくっていて日本映画への愛あるオマージュにあふれていて、それでいて圧倒的な独創性がある。

この作品に対して日本の侮辱だと言う人が一部にはいるらしいが、とんでもない。日本文化が好きでよく調べていないとこういうカリカチュアはできない。

ウェス・アンダーソン監督のストップモーション作品は、「ファンタスティック Mr. Fox」があるが日本ではあまり評判にならなかった。アメリカでは多くのフォロワーを生んだ作品だったので日本でも再評価されてほしい。

本作は、ストップモーションの強みである立体感や奥行きの表現を効果的に用いている。奇想天外な世界がただの絵空事でなく、本当に存在しているかのような実在感を見事に作り出している。
構図も見事に決まっていて、監督の美学が随所に感じられるし、キャラクターもかわいい。アンダーソン作品の中でもトップクラスの作品ではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
杉本穂高

4.0ウェス・アンダーソン館長の手作り博物館。

村山章さん
2018年6月30日
PCから投稿

楽しい

正直、予告編を観た時は不安しかなかったのだが、本編を観たらほとんどすべてが杞憂に終わった。本当に細部まで丁寧に作り込まれた極上の箱庭に、エキゾチックな「日本」がこれでもかと詰め込まれている。カクカクとした動きも、名優たちによるローテンションなセリフ回しもすべてが味わいであり、これほど精巧で良質な趣味の世界を見せられると、個人所有の博物館で館長直々にもてなされ、案内してもらっているような気持になる。

ただ、ウェス・アンダーソンが日本に愛着をもってくれていることは疑うべくもないが、そのアンダーソンをもってしてもなんでもないところにキノコ雲を出してしまうのか。悪意はないだろうが軽率だなあとは思う。『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』の原爆実験のシーンでも似た歯がゆさを感じたが、いつかこの溝が埋まればいいなと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
村山章

3.0わかったようでわかんない

津次郎さん
2021年5月31日
PCから投稿

いっぱんじんならば、映画を好きだといっても、べつに誰かと映画について語り合うわけじゃないし、好きな映画がどれか公表することもないわけです。(リアル世界で)
学生のころは、そんな機会もありましたが、それにしたってまれなことでした。

そうすると、自分はこれ/あれが好きだということを、自分のなかに保管しておくのですが、たんに、自分のなかに保管してある主観なのに、好きが素直ではないことがあります。

これは、なんといいますか「これを好きじゃないと映画通ではない(ような)監督」に向けられた主観です。

よのなかには「これを好きじゃないと映画通ではない(ような)監督」がいまして、わたし的にその筆頭はウェスアンダーソン監督です。

でも、ウェスアンダーソン監督は、いいです。
ぜんぜんいい。
とうてい嫌いな監督ではありません。

しかし、低所得者層のわたしは、ウェスアンダーソン監督を、こころから楽しむ事ができません。
ウェスアンダーソン監督の作品世界と趣味が、すごく上質だということは、低所得かつ無教養かつお百姓のわたしにもわかるものの、じゃあ、こころから面白いって言えるか──となると「ええまあ」というかんじです。

だけどウェスアンダーソンは好きだって事にしておきたい。

というのも、ウェスアンダーソンがわかんないとなりますと、小津安二郎がわかんないことになりますし、ウェスアンダーソンと小津安二郎のあいだにあるものにも不寛容ということになります。
また、ウェスアンダーソン監督は、同業者からも敬愛され、その豪勢な出演陣からして、俳優からも敬愛されている、かなり「抑えとかなきゃマズい」存在なのは、まちがいありません。

だから、主観が、いささかずれるとは言え、ある種の違和をおぼえながらも「ウェスアンダーソンが好きです」のポージングをしなきゃならない──ような気がするわけです。

もっとダイレクトに言えば「これを好きじゃないと映画通ではない(ような)監督」ってよりは「これを好きじゃないと映画をわかってない」ことになってしまう監督とも言えるそんざい──なわけです。

わだいのThe French Dispatchが、Completedしていながらなんらかの理由で停まっていますが、それについても「ああたのしみだなあ」とか、主観のなかに居る、二面性の自分の片割れが、つぶやいたりしてみてるわけですが、じっさいには、公開で見るよりは、どこかに降りてきたら見る感じになるのは間違いありません。

あのThe French Dispatchのトレーラーのおもわせぶり。
2021に見る構図のある映画。
嗜む(たしなむ)──ということに対するお百姓として憧れをかんじる一方で、面白そうな気配値振りまくのやめてくれませんかねえ。とも思います。

でも、ウェスアンダーソン監督は、いいです。
ぜんぜんいい。
とうてい嫌いな監督ではありません。

だけど、なんといいますか、ごちそうよりもお茶漬けのほうが好きな、底辺の哀しさ──とでもいいましょうか。その幾何学を愛するには、いかんせんわたしには教養が足りないんじゃなかろうか──という、不安がもたげてきて、しかたありません。

犬ヶ島はいい映画でした。緻密でした。大量で濃厚な、情報と技術がありました。労作でもありました。
だけど、この寓話はどうでしょう。キャラクターやストーリーが、なんらかのシンボル(象徴)であるかのような気配が、常にありますが、出展元がわかる観衆がいるのかな──という感じです。
まさに他人のアタマのなか。
むろんそれが、良くないわけじゃない。映画はすさまじく精巧な模型のようです。

が、これを見ながら、小林アタリやメガ崎やロボドッグや交換留学生や俳句やヨーコオノやパチンコ(武器)や相撲レスラーや刺身などなどの、魅惑的な素材に、わかったような頷きをするのも、空虚なことだなと思います。
だって、どのみち寓意なんて解んないんだから。

でも映画は面白くないわけじゃない。構図至上だと思います。ぜんぶが小津の赤ケトルみたいな絵です。几帳面。に加えてレイヤーの層も深い感じ。ゲームデザインやっても、才能発揮できると思います。

余談ですが「なぜゆえに/じんるいのとも/春に散る花」という俳句が原爆をあらわしているような気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0いつの時代設定??

Sheetaさん
2021年5月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

20年前となっていたけどパソコンあるのにテレビはブラウン管、靴下に下駄履、服装や髪型がなんかズレていて、テーマそのものはまあ面白いと言えば面白いけど、こっちの違和感ばかりが気になってしまって今ひとつ楽しめなかったかなあ。いかにも日本人じゃない人が作りましたの映画だけど、このズレ感はなんだろう?それとも敢えてそれを楽しむのだろうか???

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

1.0不快。

Yohiさん
2020年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

4.0近未来ニッポン、絵が素敵

2020年5月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

犬嫌いの小林
ちゃんと日本語
訳に問題あり
瓶の家
犬は12歳の少年が好き

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
消されるのでもう公開しない

4.0犬のビスケットうまそー

2020年3月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

犬インフルエンザが流行してペットの犬たちがゴミ島に隔離されているという設定の架空の日本が舞台
いやー、いいですね昭和感漂う現代なんだか何時なんだか解らない振り切れたジャパニズム、実際は未来の設定らしいですが、ブレードランナーみたいな感じかな、ニュース映像の群衆に日本髪の女性なんかいたりして逆に日本人にないセンスでオシャレ
交換留学生のトレイシーは陰謀論者で足が長ーい、何気にお国柄を誇張していて良い
普段は猫派だが飼い主とペットの絆を描くならやっぱり犬が一番しっくりくる、大切に飼われている犬って喋れたらこんな感じですね、この映画で誇張されていない部分があるならそこ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
バスト・ラー

4.0二度見

2020年1月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

正確には1.5回。
最初の方、目が泳いでしまって、ついていけず。
太鼓の音、ナレーションの声、ターラーラー🎶(BGM)が一晩経っても耳に残る。(というか、もう一度聴きたくなった)

犬がテリア系なのはなぜか?
立ち耳短毛の柴っぽいのも出して欲しかったな。

メガサーキ!コバヤーシ!楽しー!
面白い作品を作りましたね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

4.0情報量多いな!

nekoさん
2020年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

世界観に引き込まれ、全編圧倒される。
最初からトンデモ日本の描写ながら、作り込まれた細部に驚く。どこまでも情報量が多く、何度も見返したくなる魅力あり。この感じは日本を内側から見ていては絶対作れないのが悔しい。
意外と静かでストーリーも単純ながら、シニカルな笑いとシリアスのバランスがめちゃくちゃ良い。ウェスアンダーソンらしい展開は好き嫌いが大きく分かれるところだろうなぁ。
個人的にこの感じ、大好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
neko

4.0ウェス・アンダーソン監督の世界

medyさん
2019年12月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
medy

4.0【シンメトリーと日本が大好き、ウェス・アンダーソン監督のストップ・モーションアニメ】

NOBUさん
2019年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 今作の製作時間はどれ位だったのだろう、拘り男、ウェス・アンダーソン監督だから、相当だろうなあと思いながら鑑賞した作品。

<印象的だったこと、もしくは戯言>
 ・”ナツメグ”の声を担当したスカーレット・ヨハンソンのハスキーな声は矢張り魅力的だなあ。
 ・ウェス君、本当に日本好きならもう少し現代日本の風俗を勉強しなよ(意図的かな)。
 ・ウェス常連のビル・マーレイやエドワード・ノートンも声だけだと分からないなあ。
 ・村上虹朗はあの擦れた独特の声で分かったが、ティルダ・スウィントン、ヨーコ・小野、グレタ・ガーヴィグ、野田洋次郎、そして夏木マリは更に分からなかったなあ。

<面白かったけれど、矢張り、ウェス・アンダーソン監督には実写であの独特の世界観を魅せて欲しいと思った作品。>

<2018年5月25日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.0毒ワサビ

2019年8月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

皮肉が効いてる。観てたとき体調が悪かったので、不気味な映像が気持ち悪く感じた。
こういう勘違い日本ってわかって作ってるのかな?こういう世界観嫌いじゃないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Journeyman

4.5期待通り

2019年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

みんな大好き?Wアンダーソン作品。
期待通り、楽しかった。

「ファンタスティックMr.FOX」の印象が強くて、
「グランドブダペストホテル」は実写なのにほぼアニメに見える所から、アンダーソン監督のやりたいのはアニメでしか出来ないのだろう。

そして「犬ヶ島」。なんだか製作者が思う存分に楽しんでるのが分かる作品は、それが共有できるとこの上ない喜びになる。
アンダーソン作品にはそれが随所に感じられるのが嬉しい。

ただ楽しいだけじゃなく、犬側の視点を大事にしてる。

「取ってこい、と言うから行くんじゃない。お前がかわいそうだから取りに行くんだ」

選択する意思は犬にもある事を、他のセリフもあったがどのセリフよりも深く表している。

犬を排斥する(猫派に言いくるめられた?)市長と、自分の愛犬を探すアタリの動機は確かに少し弱い。
そもそもアンダーソン作品にストーリーを求めてない自分としては全く気にならず、オチがついていればOKです。

未見の人には是非、「Mr.FOX」とセットで見て欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
クリストフ

4.0引き込まれた

2019年8月15日
スマートフォンから投稿

楽しい

アート感覚が好きです。
ストーリーは単純だけど、
最後まで飽きさせない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けいちん

3.5すごく美しい出来だけど…

2019年8月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

寝られる

萌える

家で見るとダメだね、あんまり集中できなかった(笑)。

犬の毛流れとか、耳の立ち具合とか、色々リアルでキュンとしつつ、すっごくイケボな英語を話すギャップに萌えただけ。

作り物感が凄すぎて、あんまり入り込めなかったからかな?日本文化をここまで美しく描いてくれたのは嬉しいんだけど…。

辛口のレビューに同意します、ごめんなさい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆ~きち

4.0メガ盛りラーメン40円!

kossyさん
2019年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

知的

 ウェス・アンダーソン作品はたまについていけないことがあったけど、これなら大丈夫!というか、裏側の市長による陰謀と隠蔽工作の悪政を暴いたところが痛快だった。それにしても、犬がクシャミをするところとか、かなり犬の行動を研究してあって、犬好きにもたまらない作品だった。

 日本の歴史も犬や猫とともにあり、そこにはかならず変革が起きていた。犬の自主性や権力者風刺の辛辣さ。結局立ち上がったのはカーリーヘアの留学生だったところも面白い。若い力が未来を変えていくんだな~としみじみ思った。ま、基本的には監督は日本好きなんだと感じました。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

4.5どこまでも深い風刺映画

ymさん
2019年6月12日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ym

2.5単純に楽しめる

2019年4月8日
iPhoneアプリから投稿

Mr.FOXと同様、犬ヶ島のテーマも家畜と野生との葛藤だろう。
野生でありたいと望むチーフもDNAに組み込まれたペットの血には逆らえない。
「人間に飼われるなんてまっぴら」と言った尻からナツメグに「こんなとこにいちゃいけない。血統書付きなんだから。」と真顔で人間の価値観を諭すところも良くできている。
オープニングで画面に引き込まれたら最後まで目が離せないだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sadahiro Kitagawa

4.0ストーリーとしての映画

2019年4月7日
iPhoneアプリから投稿

だけで見ていたら、なんかそんなような。
この映画は今後の映画の在り方の一部を示している様な
僕の見立ては、権利のまとわりに惑わされない創作の世界の提示とマネジメント手法で画期的だなぁ。
と言う話だけど、これについては専門家に聴かなわからん話だから。聞いてみたいなぁ。
因みにストーリーとしての映画として僕は好きです。
既にappleで購入済みだし見れる時に何度も見ると思ふ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

これはヤバすぎる

2019年4月6日
iPhoneアプリから投稿

今まで観てきた映画の中で1番くそでした

もうこれしか言えない 以上!!終わり!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
わんわんお
「犬ヶ島」の作品トップへ