今日から俺は!!劇場版

劇場公開日:

今日から俺は!!劇場版

解説

西森博之の人気漫画を賀来賢人と伊藤健太郎の共演、福田雄一監督の演出・脚本で新たに実写化し、2018年に放送されて人気を博したテレビドラマの映画版。賀来、伊藤、清野菜名、橋本環奈らドラマ版キャストに加え、柳楽優弥、山本舞香らが出演し、原作でも人気の高いエピソード「北根壊(ほくねい)編」が描かれる。1980年代の軟葉高校。転校を機につっぱりデビューした2年生の三橋貴志と同じ日に転校してきたトゲトゲ頭の伊藤真司は、コンビを組んで次々とやってくる強敵を返り討ちにしていく毎日を送っていた。3年になったある日、かつて壮絶な戦いを繰り広げた不良の巣窟・開久高校の一角を隣町の北根壊高校が間借りすることになった。極悪高校で名の通った北根壊の番長・柳鋭次と大嶽重弘は、智司と相良という「頭」を失った開久の生徒たち相手に妙な商売を始める。一方その頃、怪しいスケバン・涼子が今井に近づこうとしていた。

2020年製作/114分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

映画レビュー

3.0チラシの漢字に全部読み仮名が振られていた

2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作のチラシを映画館で見かけて、興味深いと思ったのは、漢字全てに読み仮名が振られていたことだ。原作漫画は90年代の作品で、TVドラマは22時30分からのやや遅い時間帯の放送だったが、漢字の読めない世代にも人気があるということなんだろう。実際、小さい子ども連れのお客さんが映画館に本作を見に来ていた。そういう世代の子たちには、ヤンキーというのはどういう存在なのだろうか。もう侍や忍者みたいな歴史の中の1ページくらいの認識なんだろうか。
本作のヤンキー像は、原作の時点で相当に虚構性が強い。ビー・バップ・ハイスクールなどとはそこが異なるのだが、その非リアル志向は福田雄一監督のセンスとも合致しているだろう。芝居もアクション演出もリアルからどんどん遠ざけ、虚構性を原作以上に強めているように感じられる。実写映画でここまでリアリティを除けるのは逆にすごいのかも知れない。福田監督がこれだけヒット作を連発できることについて、もっとしっかり考えなくてはいけないと思った。主に現代の観客にとってのリアリティとは何かということを。もしかしたら、リアルだと感じるポイントそのものが大きく変化しているのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

3.5お祭り映画として正しい路線、賀来賢人主演な感じはやや薄め

2022年9月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

興奮

ドラマ視聴済。なのにまだ観てなかった今作。やっぱりお祭り映画はこうでなくっちゃ!このワイガヤ感が裏切らない。

なぜ劇場版を観てなかったのか、定かではないのだが、ようやく観る気になったので。あらすじも頭に入ってないくらいだったのが、今回は開久高校を中心とした抗争に巻き込まれていく話らしい。だから、三橋も大活躍…!ってまで行かない。物足りなくはないけど、シリーズ未見だと空気を掴みにくそう。退屈ではないし、見せ場をマメに入れてくるのは福田雄一監督の手腕が光っていると思う。

ヤンキーモノでありつつ、既にドラマで仕上がっている連帯感をコメディにアクションに落とし込む。久々だったから多少のことは忘れつつも、観やすさがリードするのでずっと楽しめた。2時間の中でも構成が上手く、最後まで面白い。

賀来賢人さんの活躍を感じつつ、高校生役なんだよな…と改めて驚く。伊藤健太郎さんとのバディ感、仲野太賀さんとのライバル感…そういうところもやっぱり楽しい。清野菜名さんも1人アクションが凄くて笑っちゃう。

福田雄一監督の新作、『新解釈 三國志』を最後に撮ってないのか…。そろそろ恋しくなってきたぞ。待ってます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たいよーさん。

5.0単純に

お~いさん
2022年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純に笑える作品でした。ドラマを見てなかったのですが、それでも面白いと思える作品。
伊藤くんはなぜあれだけ強いのに三橋くんについてるんだろ。
けど姑息ですよね。ただ気持ちいい姑息さでした

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
お~い

ヤンキーの喧嘩天国!!

琥珀糖さん
2022年7月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

いやあー、今の中学生、高校生から見たら、天国ですよね。
マスクしてボソボソ喋っても仲間とつるむ事も出来ない。
ヤンキーでも喧嘩でも、思いっきり発散したいよねー!!

ほとんどが対抗高校の暴れん坊の抗争の話し。
原作でも人気の高いエピソード[北根壊(ほくねい)編]が、
中心に描かれる。
メインテーマは[喧嘩]
喧嘩のアクションシーンが大変な事になっています。
ストップモーション、CGを駆使して、アクションシーンは見どころありです。
(漫画もドラマも見てないので、大きな事は言えませんが、凄かった)
でも漫画の方がギャグとか、あと三橋(賀来賢人)のキャラクターとか、
伊藤(伊藤健太郎)のキャラクターが、もっとぶっ飛んでそうだね!!

女の子が頑張ってて、清野菜名、若月佑美、橋本環奈が、見た目も演技も面白かった。
賀来賢人と伊藤健太郎が、ものすごく主役って訳でもなくて、
柳楽優弥のキレっぷりとか、中野大賀のお人好しキャラとか、
あと北根壊(ほくねい)高校のフランケンとか、ツッパリ連中が良い味出してました。

先生役のムロツヨシはまんま「金八先生」
佐藤二郎とか吉田鋼太郎も出番は少ないけれど、笑わせてもらいました。

漫画・ドラマを観ていたら頭の中でイメージを増殖して、もっともっと楽しめたかも・・・
ちょっと後悔してしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖
すべての映画レビューを見る(全234件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る